プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

ついに11部リ-グから10部へ昇格

170515 089
街のサッカーチームから「俺らの夢を叶えるのを手伝ってくれ」と村の青年団に1年近く口説かれ続け、万年最下位リーグから抜け出せないしょうもなく弱小の村のサッカーチームへ長男が帰ってきてから約1年 ― ついに村のチ-ムはその目標通り、10部リーグへの昇格の夢を果たすこととなりました。
170515 040
今期30試合中、28試合(1試合同点、1試合負け)の勝利をおさめた我がチームは、1ヶ月前には来季昇格は決定となり、その日は村人もたくさん集まり、既にもはやお祭り騒ぎでした。
170515 063
見に来てくれた村人達にお礼のあいさつ
170515 060
その後はビールや水のかけあいっこ
170515 047
みんなで芋虫(? 名前は知りませんが、なんだかそんな感じ)ダンス
170515 077
そして一人ずつひざまづいてのビールの洗礼
170515 073

でも今季なんといっても大活躍だったのは村の応援団でした。
170515 030
村の青年団の応援団たちは、試合のたびに太鼓やラッパ、拡声器を持って応援に駆けつけ、選手の闘志を鼓舞し、健闘を称えました。彼らもまた25,6歳の若者で、選手の友人、幼馴染、あるいは兄弟だったりするのですが、この木のベンチを手作りで作ったのが、3月くらいのことで、ホ-ム試合ではここに陣取り、遠征試合では取りあえずおそろいの服を来て、旗を持って駈け付ける、なんとも頼もしい応援団なんです。

サッカ-場はみすぼらしく、更衣室は超古くてボロボロ、夜の試合でもライトもないような、人口770人の村の本当にしょうもない超弱小サッカ-クラブですが、こんな応援団がいる素晴らしいチ-ムです。

「夢はかなう」と体現できた彼らは本当に幸せだと私は思います。
例えそれが11部リーグでの夢でも、それでもそこに仲間がいて、それが皆小さい頃からいつも一緒だった幼馴染や親友、当時子供時代にかわいがってくれたティ-ンエイジャ-だった憧れのお兄ちゃん軍団なんですから、他に望むものなんてないでしょう。
そしてその彼らの夢に、みんなの予想通り貢献できた、これまた幸せ者の長男でした。
一番年少(本来であればU19のチ-ムにいたはず)で一番小柄な長男は、チ-ム内3本の指に入るベストプレーヤーで、贔屓目でもなんでもなく、彼無しにこの夢は叶うことはなかったことでしょう。

こんな村のサッカ-チ-ムに帰ってきて、今つくづく幸せをかみしめている長男でした。

プ-ルとサウナ

それでこの長い休みを利用して、久しぶりに三男を遊びに連れていくことにしました。
長男と次男は3歳違いで2人で遊べたのですが、三男のプ-ル遊びには18歳の長男も、15歳の次男も来てくれるはずもなく、そんなわけで三男の幼馴染の2人を連れて計3人の男の子達とプ-ルでした。
161127 027
正直、長男が小さい頃から、今まで多分15年近くこんなことをしているわけで、小さな子供達(しかもいつも男の子軍団ばかり変わり映えしない、女の子は全くいない私の周辺)と遊びに行かなければならない、その年月の長さに時々うんざりもしてくるのですが、三男が私と行きたいのも、あと数年でしょうから、潔く我慢して私の楽しみも見つけました。
161127 011
このプ-ルにはなんとサウナも併設されていて、追加料金(500円くらい)を1回払えば、サウナに好きなだけ何度でも入ることができます。
私が大好きなのはハープの香りただよう、ミストサウナなんですが、
161127 002
こんなミストシャワ-も素敵
一番のお気に入りはこの暖かい石でできた長椅子で、ここに横になるとあまりの気持ちよさにいつもぐっすり寝てしまいます。
161127 009
この椅子からの眺めはこんな感じでとても開放感もあり、疲れた日々から一気に回復できます。
161127 007
他にも普通のサウナや、塩サウナ、ジャクジ-バスなんかもあり、またもっとお金を払えば本格的サウナも併設されているんですが、ここの一番の良い点は、水着のまま入ることが許されていることなんです。

ドイツでは、サウナは通常は全裸で、その上、男女混浴です。
そんなわけで私はわざわざ行ったことはないのですが、高級ホテルなんかの上についているサウナもそうで、一度プールと間違って行ったら、真っ裸のおじさんに「ここは洋服は全て脱いで入るよう」と言われ、きれいな若いお姉さんが美しいヌ-ド姿でその横を歩いていったのには、度肝を抜かれたものです。

三男もその友人達もやっと10歳前後ということで、放っておける年齢になってきたのもヤレヤレです。
そしてあと5年後には誰も一緒に来てくれなくなり、その時には一人寂しく行かなければならないのかと思うと、やはり今のうちに子供との時間も一応は大事にしておかなければいけないですよね。

休暇のように、リラックスできた良い一日でした。

ペンテコステ-聖霊降臨(せいれいこうりん)祭


170604 061
今日はドイツではとても大切な、Pfingsten という祭日で、うちの村では例によって、パレードが催されていました。
この聖霊降臨祭というのは、その名の通り、イエズス様の復活後、そしてその40日後に昇天された際、集まって祈っていた120人の信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったという事を記念するキリスト教の祝祭日なのですが、そういうわけでイースターの50日後に祝うお祭りです。
そもそもペンテコステという名前は、ギリシア語で「50番目」を意味するペンテーコステー から来ているそうで、キリスト教ではけっこう大事な祝日にあたり、日曜日から月曜日までの長い祭日となります。
それでこの際の村祭りでは、上記のように着飾った若者たちが、夜村の集会場で舞踏会を繰り広げるわけです。
ディスコパ-ティではなくて本当にワルツなどを踊る、非常にロマンチックな舞踏会なんです。

でも今日私たちは、台湾からの3人のお客様が来ていて、主人と私と計5名で村の散歩へ行っていました。
主人の研究関係のお仕事のお客様でしたが、皆でケーキを食べて楽しく過ごしました。
170604 075
台湾からのおみやげだというのに、何故か日本語で書いてあったり(説明は中国語)、台湾でも日本のものが人気だということがわかりますね、実際彼らはいつでも親日家が多いですよね。
私は中国の月餅がだいすきなので、嬉しかったです

トランプ氏とロ-マ法王



皆様、大変ご無沙汰しておりました。
この5ヶ月、なんだか忙しい日々を送っていました。

今回久しぶりの更新では、またまたトランプ氏の面白い動画で復帰させていただきます。

これ実はフェイクビデオ(メラニア夫人がトランプの手を払いのけるパロディ?)だそうですが、最初見たとき気がつかなかったので結構笑ってしましまいた。
でも実際トランプ氏が手をつなごうとしたら、法王様このようにしそうな気がしませんか?




それでこちらはフェイクではなくて本当の画像。
トランプ氏がメラニア夫人を連れてイスラエルを訪問した際ですが、トランプ氏、これは本当にピシャッとメラニア夫人に拒絶されていて、なんか笑えます。奥さんにもあまり愛されてなさそうな、トランプ氏なんでしょうか???
動画中旬に出てくるトランプ氏が彼女から視線をそらした際の、メラニア夫人の表情の激変ぶりは、まぁ、すごいです!

面白いです。

ドイツ人、トランプをおちょくる

めちゃくちゃ面白い動画を見つけました。

今ドイツは折りしもカ-ニバルへ向けて、カ-ニバルム-ドまっ盛り。
ラインラント=プファルツのある芸人さんがトランプに扮して歌って受けたのが、この動画ではトランプ自身の映像にのせられて歌われていて、まるで彼自身が歌っているかのように思えます。

タイトルは「俺様はプファルツ出身のトランプ」



歌詞はこちらです。

「俺様はとても汗をかいてる
みんなが扇動するからさ
大部分の連中はサポ-トしてくれるだけだけどさ。
木の実のクリントン、でもあいつも終わりさ、
俺様があいつをこてんぱにしてやったからな。
俺様は選ばれたんだ、みんなは苦渋に満ちてる、
世界の半分はとってもナーバスになってやがる。
でもそれは俺様が最高に素敵な髪型だからってことだけじゃないんだ、
俺様はすぐに、いやそれはできない、と駄々をこねたり、
悪い奴になったりするせいなんだ。
俺様はトランプ、トランプ、ファルツ出身のトランプ様だ。
俺様を知らないのはどいつだ、俺様は今じゃ大統領なんだぜ。
それから俺様はなにも、そうなにも、聞きたくないぞ、喝采以外は。
拍手をしない奴は、ここから叩き出せ、
それから嘘つきなジャ-ナリスト共には…(最後までを言わずに、にごして終わる「ひっぱたいてやる」とでも言いたかった?)。
アメリカ万歳!」

自己流訳なんで、こなれた訳ではないのはお許しください。

こんな面白い動画を作ってくれた
ドイツ人万歳!! ですが、これからカーニバルに向けてもっともっと面白さに拍車がかかっていくことでしょう。

God bless Germany  で今日は締めくくりましょうか。


FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック