プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

灯篭が静かに流れていくブログパーツ
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

アジアンパーティー

ところでもう1ヶ月くらい前のことになりますが、久しぶりに我が家でアジアンパーティーをしてました。
アジアンパーティーと言っても、ただ招待客がアジア人だけだった、ということなんですが、17年前にドイツに来たときは、ここにあまり日本人の知り合いもいなかったため、アジア人だけで集まってのパーティーというのを開催していたこともありますが、最近ではアジア人限定というのは久しぶりでした。

集まったお客さんは、日本にも住んでいたことがあり、日本語がペラペラのインドネシア人とフィリピン人の友人、長年の中国人のママ友2人、日本語1級検定に合格した一度も日本へ行ったことがないのに日本が大好きな中国人の学生君、そして中国に住んでいたことがあり、中国語堪能の日本人の友人、でした。

それほど多い人数でもなかったうえ、一人は先に帰り、2人は遅く来て、というように、人数的には常に話しやすい人数でした。
その際、介護福祉士の中国人の友人が、女医さんの中国人の友人にこんなことを聞いたんです。

「実は最近本で読んだんだけれど、生粋の漢民族の血筋の人は足の小指の爪が2つに割れているようにみえる爪の形をしているそうんあんだけれど、あなたはどう?」と。

聞いた介護福祉士のCさんは、自分はそういう爪の形でびっくりした、と思っていたそうで、聞かれた女医さんのAさんも
「あら、そうなの、私もそういえばそういう爪だわ」と言ったのでみんなで
「へぇー、面白い!」とびっくりしていました。

もう一人の、日本語ペラペラ学生君は、爪に気をつけたことがないからわからないと言っていたので、彼の爪はどうか知らないのですが、今度違う中国人に会ったら是非聞いてみようと思いました。

色々な国の人に会えるうちの小さな町、私は結構気に入っています。
今まで知らなかった色々な国の小さな雑学が増えていき、単純に楽しいです

イタリアって…

それでそのイタリア人の女医さんは、もともとはなんとナポリの出身だそうで、イタリアの犯罪の多さに着いて説明してくれました。
私も若かりし頃、一度日本からのツア-で行ったときには、
「この街は美しいけれど危険です。外は歩かずにバスの車窓からだけの見学とさせていただきます。」と添乗員さんに言われて、窓にへばりついて景色を眺めた記憶があります。
道行く人々はなんとなく、浅黒く、精悍な様子だったのは覚えています。
本当に本当に美しい街でしたけれど。。

中でも彼女のイタリアのマフィアについての話は興味深かったです。
イタリアには4大マフィアというのが存在するらしく、カモッラ、コーサ・ノストラ、サクラ・コローナ・ウニータ、ンドランゲタの名前を何度も教えてくれました。イタリア語で発音するこの名前は彼女が言ったせいもあり、おどろおどろしい、というよりは、なんだか可愛らしく聞こえてしまったのですが、実際は卑劣な犯罪集団で、例えばお店を開店する際には必ず、みかじめ料を払わされるのがイタリアと言っていました。

私も実は4月に日本へ一時帰国した際に、今回激安だったアリタリアに乗って往復しました。
安いため、行きは1泊ローマ、帰りは1泊ミラノということで、少し心配になり色々調べてみたら、2013年か何かにローマ・ミラノ・ナポリの空港職員が80人くらい一斉にお縄になったという事件が出てきました。
アリタリアの空港職員達がお客さんが預けたトランクを開けて、中からものを盗んだということなんですが、一般人でさえ、もはや犯罪集団のようなイタリアなのかしら、とその時は思ってしまいました。

30年前、母が成田空港で10万円が入った財布と、貴金属を入れたバックをそのまま落としてしまい、空港内の交番に聞きに行ったら2件目でバックがそのまま全て入った状態で出てきて、当時はまあ、そんなものかな、と思っていましたが、実は海外では落としたりなくしたりしたものはほぼ100%戻ってこないと考えたほうが普通でしょう。
世界でも類のない道徳大国日本なんですが、一方イタリアは随分前からこのように治安の悪い国のようです。
カトリック総本山のローマのお膝元だというのに、そう考えると本当に少し笑ってしまいますが…。

ということで海外旅行をされる際は、どうか皆さん日本とは違う常識と心して、貴重品にはくれぐれも気をつけましょう。
イタリアの空港は今はもう大丈夫のようですけれどね。
今回私も特に問題なく、2泊イタリアを通過しましたよ。


グリルパーティー

この時期の定番ドイツ行事といえば、グリルパーティー。
170716 107
学校の学年最後のパーティーはじめ、サッカ-クラブでも、テコンドクラブでも、この18年近くのドイツ滞在の間に参加したグリルパーティーは、うちは子供が3人いるせいもあって相当な回数なんですが、今年は子供達の関係ではなく、またもや主人の友人達とのパーティーでした。
170716 108
20人くらい集まって、会場を借りて、お肉や飲み物は集めた1年間の会費から捻出、というわけなんですが、ドイツ人が大好きな理由は、やはり会場を借りても人数が多ければレストランへ行くよりはリーズナブルで、気軽に誰もが楽しめるからでしょう。
170716 110
そんなわけで私も今回は腕をふるって得意のケーキを持って行きました。
上の2つなんですが、私が特に好きなのは右の黄色いケ-キ。
三段階になっていて、一番下がスポンジ、真ん中がちょっとあっさりしたヨーグルト味クリームとフルーツ、そして一番上がピーチ味のジュースをゼラチンで固めて、ラズベリーなんかをのせるんですが、暑い夏には口当たりもよく、どこへ持って行っても皆さん喜んで下さいます。

それでその中の参加者だったイタリア人の女医さんとたまたま話す機会があり、ベロ-ナで開催される夏のオペラの話になりました。
イタリア・ヴェローナにある古代ローマ時代の屋外闘技場跡地のアレーナ・ディ・ヴェローナ(Arena di Verona)で毎夏開催されるオペラなんですが、彼女が子供のとき、そこで「ナブッコ」を見た際、なんと本物の動物たちが出てきたそうなんです。
象とかそんな大きなものまで出てきたそうで、それは感動したとのこと。
実はうちの長男と三男も6年前に主人の両親に連れられて、まさにそのアレーナ・ディ・ヴェローナで同じ演目「ナブッコ」を見たので、どうだったか聞いてみたところ、その際は本物の動物達は出てこなかったそうで、残念ですね。
でもその際の義父が撮った写真を見ると、警察はすごくきれいなユニフォームで馬に乗って警備していて、さすが歴史とファッションの国イタリアだな、とつくづく思わされます。
第2次世界大戦でも、「きれいな羽根つきの軍服を着ただけで、何もせずすぐに降参した役立たずのイタリア」とドイツ人には思われているようで、また欧米では「きれいな軍服が汚れるのがいやで、降参したのも早かったのでは」とまで言われるイタリアです。
170716 103
今回の会場は、上に葡萄の葉が絡まっていて、なんともロマンチックなところだったんですが、その会場にぴったりの緑の上下でエレガントにお手伝いしていたこの方はイタリア人で、さすが素敵な服のセンスと感心していました。

オペラ「魔笛」- Zauberflöte-2

先週末は忙しく、オペラにも行っていたんですが、毎度のことながら今回もまた「魔笛」でした。
子供が幼い頃は「ヘンゼルとグレ-テル」か「魔笛」。
今は主人の関係でいつも「魔笛」というわけで、今回4度目の「魔笛」でしたが、今回はデュッセルドルフのオペラ劇場でしたが、非常にかわった演出で、なんだかびっくりしました。
以前見たものも、舞台設定が現代の図書館という、これまた変な演出だったんですが、今回のは舞台セットは全て映像で、しかも結構グロテスクだったり、子供は12歳以上であればお勧め、というような実に斬新な演出でした。

ミュ-ジカルのような、お芝居のような、あるいは映画のような、そんな不思議な演出。
言葉で説明するのは難しいので、こちらの映像を是非ご覧ください。


いかがでしたか?
人生で一度くらいは見ても良いかな、というような感じです。
見ていて退屈もをする暇もなく、また鑑賞後心にとても残り、今でもこのオペラの残影が心の中、頭の片隅に残っています。


30年くらい前、ピンク・フロイド『ザ・ウォール』を見たときと似た、なんともザワザワする感じを思い起こさせてくれた、本当に前衛オペラといった感じです。
こんな風に書いているうちに自分でも気づきましたが、私としては結構お勧めです!
ドイツのデュッセルドルフ近郊に住んでいていらっしゃる方は是非一度行ってみて下さい。

https://www.operamrhein.de/de_DE/repertoire/die-zauberfloete.1087650
↑ 詳しいことはこちらのホームページでどうぞ!!

170619 133
この上の方の席だとこんなに素敵なのに安く買えるようです。一番安い席ならなんと、12Euroくらいでも、ということで、サッカー観戦より安くオペラを鑑賞することもできる素敵な国ドイツなんです。
170619 127


舞踏会という名のダンスパーティー(Tanzball)参加

170619 063
なんで私が着物を着ていつになくめかしこんでいるかと言えば、Tanzballと呼ばれる、ダンスパーティーになんと15年ぶりに参加したからです。
このテーブルの上は4種類のオ-ドブル。
170619 066
大学近郊のお城で催された、主人の大学時代の後輩、先輩達が一同に会す、5年に一度のダンスパ-ティでした。
主人は大学時代フェンシングクラブに入っていました。
170619 075
紳士は黒の礼服姿で、乾杯の際には紳士全員が「レディの皆さんのために」と立って乾杯するという、なんとも古きよき時代の慣習を受け継いでいる、結構気取ったパ-ティです。

15年前このパーティーで、おじい様に挨拶の際に手にキスをされそうになった私は、その方が著名な方でお年も取っていられることから反射的にお辞儀をしてしまい、手の甲にキスしようとした彼と私のおでこがゴ-ンとあたりそうになったことなんかもありましたっけ…。
170619 073
若いお嬢さん方のなんと美しいこと!!
あぁ、誰かうちの子のお嫁さんに!! っとタメ息の私でした。
で長男もこちらの大学生なんで、このクラブに入るように誘ってみましたが、こういう気取ったクラブは彼の趣味ではないということで、彼は村でサッカーしているほうが好きらしいです。なんかそんな長男で、ある意味安心します。
根っから村育ちの、洗練されていない不器用な(?)男なんです。
170619 078
私達のテ-ブルは私達くらいの年長者のOB夫婦でした。
170619 087
夜はワルツからだんだんとディスコダンスのように。
私は社交ダンスも(他のダンスも)かなりきちんと勉強して、主人よりは上手に踊れるというのに、着物なのでさすがにその腕前を披露できず残念でした。グスン
170619 095
ディナ-も出て、最後はデザ-トもきれいに並べられていました。
そして最後は庭での大花火打ち上げ大会を最後に、私達は帰路に着きました。
170619 051
それでこちらは、このパーティーに参加する主人の大学時代の友人が我が家に寄ってくれて、その際持ってきてくれたワインなんですが、彼ははるばるトルコより遠い国からこの日のために戻ってきたんです。これはその国の珍しいワインなんですが、彼なんとその国のドイツ大使館大使様という大出世ぶりでした。
私達も年と共に知り合いがどんどん出世していて、たまに会うとびっくりします。

変わり映えしないのは、私くらいですが。。。
…というか太ってドレスを着れなくなったことなんか考えると、変わっていないというより、後退している、という方がむしろ正確な表現でしょうか。

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック