プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

チャンピオンズリ-グ決勝-Champions-League-Finale-

CL6.jpg
昨夜はCL(Champions-League)の決勝戦で、BVBドルトムント対バイヤン・ミュンヘンだったので
ここドイツは大変な騒ぎでした。
ロンドンまで見に行けない、サッカ-ファンのドイツ人だけではなく、
普段サッカ-には興味のない人達ですら、昨日はさすがにTV中継に釘付けだったでしょう。
CL1.jpg
ドルトムントのレヴァンドフスキと、バイヤンのリベリの
アグレッシブな戦いぶりは見ものでした。
10804651.jpg
でも昨日の主役は、なんといってもロッベンでしょう。
CL3.jpg
最初のマリオ・マンジュキッチのゴ-ルをアシストしたばかりか
試合終了直前になんと劇的なゴ-ルを決めて、バイヤンに勝利をもたらしたのですから。
CL2.jpg
2012年度チャルシ-との決勝で、延長戦でせっかく手に入れたPK戦を外した1年前の
汚名をこれで晴らしたことはいうまでもありません。
ロッベンがこのPKを決められなかったため、最後はPK戦にもつれこみ
オリックとシュバインシュタイガ-が外してしまい、チャルシ-に敗れたという苦い決勝戦で
シュバイニ-が打ちひしがれて、男泣きに泣いていたのは本当にとても可哀想でした。
CL11.jpg
その時は、ロッベンも打ちひしがれていましたしね。
そもそも昨年は対ドルトムント戦のダ-ビ-で、ここ一番という時にも
ロッベンはPKで外していたので、その後のCLで引き続きゴ-ルを決められず
その時は、「超間抜けオランダ人ロッベン」くらいのいきおいで非難されていたんですが
昨日のロッベンは一夜にして、「大スタ-、オランダのロッベン」にかわっていました。
CL12.jpg
今回の勝利では、嬉しさで男泣きに泣いていたロッベンで、
ロッベンてなんか嫌いなタイプと思っていた自分に大反省でした。
CL8.jpg
少年のような純粋さに心を打たれました。
サッカ-選手って、大人になっても少年のように清らかなままなのかもしれませんね。
純粋に勝利だけを目指せるって、確かにめちゃピュアでなければ
続けられないでしょうしね。
…でも、ロッベンの決勝ゴ-ルは本当にすごいゴ-ルで、すごく感動しましたよ。
やはり天才なんですネ。。。

CL5.jpg
2週間ほど前、国内ブンデスリ-ガ-でも優勝し、ミュンヘンの市庁舎広場で
大観衆とともにビ-ルを飲み、大騒ぎしていたバイヤン・ミュンヘンでしたが
ヨ-ロッパリ-グまで制し、国内DFB杯戦を6月1日にひかえ(対シュトットガルト)
こうなったらこのままバイヤン・ミュンヘンに史上初の3冠を目指して
頑張ってほしいという気持ちになりました。
CL4.jpg
バイヤンファンでもなかったはずなのに、昨日は感動して
涙がでてしまうほどでしたから、サッカ-ってやはり面白いです。
すごいエネルギ-を感じさせてくれます。

CL7.jpg
だけれどレヴァンドフスキ選手がバイヤンの選手の足をわざとふんずけるシーンもあり
優しい顔して意外に強気なポ-ランド人さんと思いました。
CL13.jpg
試合終了後、バイヤンがはしゃぎ喜んでいるのを下のサッカ-場から、
悔しそうに見上げていたレヴァンドフスキの表情も印象的で、
来年こそは彼の年になればいいですね。
(先に移籍を表明済みのマリオ・ゲッツェと共に、彼も実はバイヤンへ
移籍する可能性大だということですが…)


とにかくいずれにしても多くのドイツ人にとっては(ドルトムントファン以外)
最高の夜になったに違いない、昨日の決勝戦でした。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック