カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

伽羅(他のSNSと合わせてマルゴママからハンドルネーム変更しました)

Author:伽羅(他のSNSと合わせてマルゴママからハンドルネーム変更しました)
ドイツ西部の片田舎でかれこれもう21年生活しています。

ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘のlovely猫クレオとそして雄猫シザーリオと共に、主にドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。

2020年、Youtubeも始めました!

【ドイツ片田舎】チャンネル  
です。

URLはこちらです!

↓↓↓
ドイツ癒やしの風景
https://youtube.com/playlistlist=PL5ratIrB_CIRLPqIpTMd2WiJUQwQ3ch0



近郊の街や村を歴史動画も混ぜながら、ご紹介していくつもりです。


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
62位
アクセスランキングを見る>>

「繁栄度」が高い国、あるいは地域のランキングという記事を読んで

今日偶然こんな記事を読みました。


「繁栄度」が高い国ランキングTOP30! 1位は「デンマーク」 日本は何位?【2020年版】
(一度こちらの記事を是非ご覧下さい)
↓↓↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/e779c22d34d0b87a8b121de835270f78aa417461


こちらの記事では
「英シンクタンクのレガタム研究所が2020年に発表した『世界繁栄指数』のランキング」なのだということで、
「世界繁栄指数とは、政治、経済、健康、教育、安全、個人の自由など12項目の評価を指数化し、総合したもの」なのだそうです。
また今回のランキングは167カ国・地域が対象だったそうですが、その注目のランキングをこの記事から書き写したのがこちらです。


第1位:デンマーク
第2位:ノルウェー
第3位:スイス
第4位:スウェーデン
第5位:フィンランド
第6位:オランダ
第7位:ニュージーランド
第8位:ドイツ
第9位:ルクセンブルク
第10位:オーストリア
第11位:アイスランド
第12位:アイルランド
第13位:イギリス
第14位:カナダ
第15位:シンガポール
第16位:オーストラリア
第17位:香港
第18位:アメリカ
第19位:日本
第21位:エストニア
第22位:フランス
第23位:ベルギー
第24位:スペイン
第25位:マルタ
第26位:スロベニア
第27位:ポルトガル
第28位:韓国
第29位:チェコ
第30位:イスラエル


……と、いうことでしたが、このランキング上位国ですが、税率の高さでは他国に負けない北欧が上位を占めています。税率が高い国はもちろん超福祉国家で「高福祉高負担」です。高福祉国家の北欧とスイス、年金制度が世界一のオランダが上位に入っているのは当然として、意外なのが西欧な中では低いフランスとベルギー、そして念願のユダヤ人の国イスラエルの低さでした。
また、もう一つはたった順位1位の差ですが、アメリカのほうが日本よりも上位なことでした。アメリカの比べると日本のほうが社会福祉などは余程きちんとしていますよね。
アメリカの順位は少し高すぎるように感じました。

ですが比較が『政治、経済、健康、教育、安全、個人の自由など12項目の評価』ということなので、何かが順位を下げたり、また挙げたりしてこのような結果になったのかもしれません。

またドイツは8位ということは疑問に思いませんでした。
やはり北欧、スイス、そしてオランダの超絶充実の福祉国家には負けているドイツなのだということだと思います。ドイツのお医者さんは北欧(特にデンマ-ク)へ行きたがるので国内でドイツ人のお医者さんが少なくなってきていると聞いたことがあります。高い社会福祉がどれほど有り難いものか理解したら、誰もがその恩恵にあやかりたい、と少しでも優れた国へ行こうと思うのは理解できます。

医療費も学費(小学校から大学まで)も無料のドイツでも繁栄度8位です。そう考えると1位のデンマークとかの福祉はどのくらい充実したものなんでしょうか、正直住んだことがない私には想像もできません。

北欧やスイスから見たら、多分ドイツとかのよその国が羨ましいということなどは有り得ないと思うのですが、日本も社会福祉をもっと充実させ、真に平等な社会を目指しべきです。みんなが心から幸せを感じるためには社会福祉の充実が国として最重要で、政治家にはそれを目指すビジョンが必要だと思うのです。

例えば今回の選挙では日本共産党と日本維新の会が「消費税5%に引き下げ」の経済対策を挙げているようですが、消費税の高いドイツに住んでいると「それはあんまり大事なことじゃないかなぁ?」って思ってしまうんですが……。それよりも税率に見合った政策を打ち出して欲しいと、そのようには思いませんか?

日本は素晴らしい国と思います。製品の完成度は他国と比較出来ないほどですし、食べ物は美味しくてサービスは最高、近年ノーベル賞受賞者も続けて出ています。その日本で何故社会福祉を充実する事ができないのか理解できません。

一体日本の政治家達は他国(例えば北欧など)の本当の社会的な素晴らしさを理解できているのか……と非常に疑問に思います。日本の政治家を見ていると、そういった広い世界を理解しているのかどうか、甚だ怪しく感じてしまうのは多分私だけではないはずです。

……そうは言っても私は北欧で住んだことはないのでわかりませんが、それでもドイツより超福祉国家であるのなら、住みやすいし、住んでいたら生まれてから死ぬまで生涯の経済的な不安がないだろうということは想像できます。

それってもうかなり幸福なことではないでしょうか?

私自身はドイツに住んでいて財布に1Euroも入っていなくてもお医者さんへ行けることは大変有り難いと気が付きましたし、学費がかからないので大学へも費用は考えずに進学させることができるということの有り難さを最近痛感しています。


このランキングに対しては色々なご意見もあるかもしれませんが、非常に正当な観点から見た結果と思わずにはいられず、ご紹介させていただきました。

実はうちの主人の従兄弟がフィンランド人と結婚して、お子さん達はドイツ人とフィンランド人のハーフなのですが、例えドイツのほうが雇用が多くても、絶対にフィンランドからドイツはじめ他国には引っ越したくはないと言っているそうです。
いつか機会があったらその理由をよく聞いてみたいと思っている最近です。



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/759-f70d7148

 | ホーム |  page top