カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
644位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
167位
アクセスランキングを見る>>

フランスとドイツの教育の違い? ーPart2ー

180px-Europacollege_Verversdijk.jpg
(Le Collège d'Europe 欧州大学院大学)

昨日書いたことを、補足させて下さい。

ただ考えなければいけないのは、私が話を聞いた方たちは
お2人はお子さんが小学校を終わるとともにドイツに帰国したということ、
そして現在ドイツで子育て真っ盛りのフランス人の彼女は、
まだお子さんが小学校低学年で、経験自体が浅い、ということです。

子育てしていて感じるのは、今になって思えば子供が幼児の時には
実は何も自分がわかってなかったな、ということで、子供の年齢が上がるにつれ
自然に経験も増えていき、過去に自分が100パーセント正しいと思っていたことが
そうではなかったり、ただ理想を夢見ていただけだったりすることがわかってきます。


その上、イギリス、フランスの教育で決定的に違うのは
自他共に認める、スペシャルエリート校というのが存在することでしょう。
フランスであれば、泣く子も黙るグランエコール、イギリスであれば
オックスフォ-ド・イングリッシュという特別な言葉が存在することで
有名なオックスフォ-ドやケンブリッジでしょうか。
ベルギーのブルージュにはかの欧州連合の首脳級を
相次ぎ排出しているカレッジ・オブ・ヨーロッパ(欧州大学院大学)
もありますし…。
ドイツにそういうスペシャルエリート校がなぜないのかわかりませんし
一応ドイツでもエリート大学と言われている大学と、イギリス、フランスの大学を
比べたら、どちらが本当に優秀なのかは私はしらないので、はっきりしたことは
言えませんが、例えば東欧など他の国から見ると、大々的にドイツがそれを
言わないので、わかりにくい、ということもあるんでしょうか…。
ドイツの国柄、あるいはヒットラーを生み出した歴史柄
そういう特別なものを作りたくなかったのかもしれませんね。
超エリ-ト校が存在しない分、イギリスやフランス、あるいは日本と違って
学費は無料ですし、ドイツ在住の私としては文句はいえないです。
そう考えれば…。


ちなみに、ドイツの大学制度を知りたい方はここのサイトを
見てみて下さい。

http://www.doitsu-ryugaku.net/studium.html


180px-College_of_Europe.jpg
(欧州大学院大学 ここで10ヶ月間勉強したのち、
 卒業生の多くは政治家、EU官僚、国際弁護士として活躍するそうです。
 集まる学生は50カ国からだそうで、英国のグレッグ副首相もここの出身です。)


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/60-ec0badd8

 | ホーム |  page top