カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

フランスとドイツの教育の違い?

map.jpg

前回に書くつもりだったフランス、ドイツの教育についての
違いについて聞いた話を、今日は紹介させていただきます。

ここドイツで東欧から来た人が皆揃っていうのが
「ドイツの学校教育はひどすぎる」ということです。
時間の短さもさることながら、秩序はなく、先生は放任であり、
その上生徒の字をきれいに書かせようともしないため、子供たちの字は
信じられないほど汚い、ということでした。
それに比べて自国(ロシア、ポ-ランド、ルーマニア、ハンガリー等など)は
規律正しく、生徒もきちんとしていて、勉強のレベルも高く、
フランスみたいだ、と言う人も中にはいます。
…そう、東欧人にとって、ドイツの学校はひどいけれどフランスは
素晴らしいに違いない、となぜそういう図式なのか、常々不思議に思っていました。
そんな中、友人のドイツ育ちのポーランド人の奥さんは、彼の仕事で夢の土地と
誰もが憧れるフランスプロバンズに移住したものの、フランスの幼稚園の無秩序さに
あきれ返り、子供さんたちはドイツの教育を受けさせたいと、結局ドイツに帰って
学校へ通わせている人もいたりして、実情は私には不明だったからです。

ドイツ人の2人のご夫人のうち、Aさんはベルギーで暮らし、
Bさんはフランスに住んでいました。
お子さんたちはそれぞれ現地で学校へ行っていたわけですが
最初はそれぞれの国の素晴らしさを誉め称えていたお2人でしたが
よくよく話を聞けば、100パーセント完璧ということでもなかったようです。
Aさんはベルギーのヨ-ロッパインタ-の音楽や美術の授業のお粗末さを
ひどいと酷評し、Bさんは多少授業の進め方に不満があったようでした。
というのはお2人ともギムナジウムの先生で、ドイツでギムナジウムの先生に
なるためには1つの科目では無理で、その他私立のギムナジウムでは主要科目
プラス楽器ができること、という条件があったりするので、広い教養が求められる点が、
どうもフランスとは違うと思っていらっしゃるようでした。

そこでついに本当のフランス人Cさんの登場となるわけですが
イギリス人と結婚した彼女はイギリスにも住み、ご主人の親戚の子供達も
会うとよく感じるのが、ドイツ人の子供達は字を書けるようになるのが、
イギリス人やフランス人の子供に比べて早いし、文章を読めるようになることも早い、
ということなのだそうです。

彼女曰く、ドイツ人の先生はフランス人の先生に比べてあっさりしている
(時には冷たいくらい)だけれど、、効率の良い授業をしている、とのことでした。
彼女の長男は、うちの三男の1歳上で、まだ小さいので、ドイツの学校教育の経験は
少ないものの、このあっさりドイツの良さは私も感じます。
目的が決まっていればわき道をしないドイツ人の気質が、物事を機能的に
動かしているような、気がします。(学校だけではなく、サッカ-でも感じます。)
フランスの先生は、世話焼きすぎて、課題に入るまでに時間のロスがある、というのが
彼女の見解で、一事が万事すべてそんな感じなんでしょう。
私もドイツに来たときは、学校の就学時間の短さ、授業の進度の遅さにびっくりしましたが、
長男がギムナジウム9年生(ギムナジウム4年目で日本では中学3年生あたります)になった今、
かなり高度な勉強になっていて、今では感心させられるほどです。

なので結論を言えば、東欧人が憧れるフランスも、あるいはイギリスも
ドイツと比べて、びっくりするほどに素晴らしいというほどではなさそうです。
ただ東欧出身の方は確かに皆さんとてもきれいな字を書かれます。
その点は、ドイツをはじめ、フランス、イギリスも見習ったほうが良いかも知れません。
先進諸国はちがう意味で進みが速いため、昔から大事にしているものを、忘れてしまい
がちになるのかもしれません…。中国でも大都市の人より、地方の人が書く中国語のほうが
美しいと中国の専門の方に聞きました。
過去の美徳をた保ちつつ、新たな分野も広げていく教育ができれば
一番なんでしょうね。

map2.jpg


もう少しフランスの学校制度について知りたい方は
下の2つのサイトもご覧になるといいかもしれません。

http://www.newsdigest.fr/newsfr/features/4786-education-system-in-france.html

http://www.abk.or.jp/asia/webasia/200106-03-01.html


隣の国なのに似ていない、フランスとドイツ…色々な違いが興味深いです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/59-60ee6959

 | ホーム |  page top