カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


さくらが3Dで降るブログパーツ ver2


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
55位
アクセスランキングを見る>>

日本の感染者は実際には30倍の数?!の続き

前回の「日本のコロナ感染者は30倍?!」ではたくさんの方から意見をいただきました。

それで東京や名古屋に住んでいる日本の友人達の話では、日本では皆がマスクを付け、手洗いを徹底していることなどを教えてくれたんですが、私もそれはもちろん知っていましたが、あとはやはり多くの人に検査をあまりさせなかったことが実は大変良かったようで、また日本では確かに咳をしている人事態がそもそも少ないとの情報ももらい、やはり日本は本当に感染者が非常に少ない、コロナウィルス感染拡大を止めた世界でも奇跡的な国なのかもしれないと思いました。

台湾は未だに感染者107人に死亡者26名という数で、世界中から驚異的な成功と言われているのに、日本では感染者1000人に死亡者33名、でも台湾の総人口は約2350万人で日本は1億2600万人、そう考えればわずか5分の1しかない人口で、死亡者26人というのは、日本に比べればもう充分多いということになってしまい、反対に日本の死亡者の数は世界的には突出して少ないということになりもなります。
(ロシアは今日の時点で総人口1億4300万人に対して感染者253人で死亡者はたった1名ということなので、ロシアの方が実際には驚異的ということになりますが、ロシアのことは取り敢えずよくわからないのでスル-させてもらいます。
そもそもいつも真相のよくわからないロシアの報告に関しては、このコロナの件でもドイツでは話題にすらならなっていないですが…。)

で、多分こんな単純な発想から、ドイツにおいては
「うん? この日本の数字はなにか変じゃないのか?」と、こんな風に思われたのかもしれません。

でも、この大もとの記事を読むと(英語ではなくてドイツ語のものですが)、この説はもともと日本の医師であり、またあるNGOの代表者でもある上 昌広医師がどうやら発言したものをドイツで取り上げたということらしく、確かに根拠になる話は全く載っていなかった上に、このドイツの記事だけではどこから30倍近いという説が来たのか何も書いてなくて真相は全くわかりませんでした。

実際、上 昌広医師の発言をもう少し詳しく聞いてみなければわからないのですが、でも取り敢えず、ドイツの記事では根拠が書かれていないので、これからもドイツで色々な友人に
「日本のやり方を見習うと良いよ」と胸を張って言えるようで少し安心しました。

それでひとつ、友人に
「死亡者の数が少ないことが大切であり、感染者の数がなんで問題になるの」と聞かれたので一応ここで何故なのか答えさせていただくと、今世界保健機関のWHOにおいては正確なデ-タを必要としているらしいということで、取り敢えずヨ-ロッパ諸国ではコロナウィルスの問題解決のために、少しでも早く正確なデ-タを渡せるよう協力しなければ、というム-ドが高まっているからなのです。

正確でなければ信憑性のないデ-タになってしまい、解決の糸口を探すことも難しくなるという考えから、
「この国の統計は本当に正しいのか?」と、細心の注意で気をつける風潮になっているのかもしれないです。
そんな中、目についた記事がドイツではニュ-スとして取り上げられてしまったのでしょうか…本当かどうかの検証もないままに。

またこの記事はタイトルの下の見出しに、
「Hält das Land die offizielle Zahl der Infizierten klein, um die Olympischen Spiele zu retten?」となっていて
「この国はオリンピックを守るために感染者の公式数を少なくしているのか?」と
まるで日本はオリンピック開催のために事実を隠蔽しているのでは、という風に読まれるようにも書かれてもいるのですが、どうか日本の皆さん安心して下さい。

実はドイツは今日時点での感染者が19,771人、死亡者が53名と総人口8300万人(日本の7割弱の人口)に対して考えると違う意味で驚異的な人数の感染者になってしまい、明日は感染者は2万人を確実に超える予定なのです。
そんな中、明後日は連邦議会が開かれ、月曜日以降、イタリアやスペイン、フランス、ベルギ-のように外出禁止令が出るかもしれないということでもあり、今はドイツだけのことでドイツ中があたふたと大騒ぎの状況なのです。
なので、このようなあまり根拠のない記事の場合はすぐに忘れ去られていることと思います。

私もたまたま聞いたことをここに書いてしまい、申し訳なく思っています
きっとなんの根拠もない、信じる必要もない記事というのが真相なのかもしれません。
上 昌広医師も違う意味で言っているのかもしれないので、あんまり適当なことを書かないようにこれからは気をつけたいと思います。

大変、お騒がせ致しました。

コメント

上先生は感染症の専門家の立場で、その学問の理論的理想論を主張しています。人はそれを机上の非実践的と評じ、賛意を得られていません。
しかも、先生の研究は水虫についてであり、中国でソフトバンクの孫さんと共に医療会社を立ち上げ云々の営利目的の恣意がとか流布され、日本では静かに無視されつつある状況です。

日本政府の声高に個人や他国を批判しない姿勢が、正確な現況を、と言っても政府も国民も正確な感染者数を把握し切れていない実情ですが、発表出来ずにいるのです。

オリンピックが、より不信感を乗じさせているんでしょうね。

日本の医療現場の皆さんのガンバリに大変感謝しており、我々国民が辛抱し続けることでしか協力できないことに、歯噛みする毎日です。

一日も早く、半年前の様な生活に戻れますように‼︎
2020-03-20 23:48 | 通りすがり #- | URL [ 編集 ]

なるほど、そうなんですね~。
貴重な情報をありがとうございました!

ドイツはついにそろそろ外出禁止令が出るようで、明後日辺りから全く別の生活が始まるようです。
2020-03-21 22:07 | マルゴママ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/571-7719e63e

 | ホーム |  page top