カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
707位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
186位
アクセスランキングを見る>>

ケルン大聖堂-三人の博士 巡礼の日

DSC_0009.jpg
ケルン中央駅を降りるとそびえ立つ大きさのケルン大聖堂にて、この金曜日から日曜日までは゛三人の博士゛の特別な巡礼の日でした。
DSC_0015.jpg
イエズス様がお生まれになった際、東方から駆けつけたと言われている゛三人の博士゛(ドイツ語では三人の王様 Drei König とうい名前ですが)の遺骨はなんとケルン大聖堂に祀られています。
もともとミラノの大聖堂にあったものを、神聖ロ-マ皇帝だった赤毛のババロッサという異名を持つフリ-ドリッヒ1世が奪ってきたの
が1162年、それ以来、この゛三人の博士゛の聖遺骨はケルン巡礼の大目玉となったわけです。
DSC_0018 (1)
この数日の巡礼の間は、なんということかこの棺の下を通ることができるという、普段では考えられない有り難い経験を体験できるということで、私も行ってきました。
だって、これをすると奇跡が起こると言われているんですよ、絶対行きたいではないですか!
それに、運がよければ棺の中に納められている゛三人の博士゛のお骨を見る事が出来る時もあるとのこと。
下をくぐっただけで奇跡が起こるなら、聖遺骨を拝見できたら、どんな良い事が起こるかもしれません!!

巡礼のコ-スである、「旅の守護神クリストファ-」「ミラノのマリア像」「ゲロの十字架」「装飾マリア像」の前でも一応敬虔な気持ちで十字を切り、゛三人の博士゛の聖なる棺の下は神妙な面持ちで歩ませていただきました。
DSC_0016.jpg
棺にしても、こんな近くで見られることは滅多にないくらいですから、本当はそれだけでも昔の人には奇跡的なことだったでしょうね。
DSC_0012.jpg
またこんな日のせいなのか、とても素敵な中世的なコスチュ-ムの女性達がいて、あまりに素敵なので聞いてみるとスペインからの女学生グル-プとのことで、この中世的な衣装は大学のユニフォ-ムということでびっくりしました。
伝統を重んじる、そしてとても敬虔なさすがスペイン! と感心してしまいました。

奇跡が起きることを願いつつ、もしなにか私に良い事が起こったら、またこちらに書かせていただきますね

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/550-a5925301

 | ホーム |  page top