カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
607位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
164位
アクセスランキングを見る>>

アマチュアサッカ-選手ということ

サッカ-もそろそろ新しいシ-ズンが始まりますが、長男は村の10部リ-グから隣村の8部リ-グへ行き、次男はやっと村の10部の大人チ-ムに入ることができました。
次男は本来であれば A-Jugend(U-19のこと)のチ-ムの年齢ですが、ドイツでは1つくらい年が上のチ-ムに行くことは可能です。

長男は辞める際、村のチ-ムに月額200Euroのお小遣いを支払うので、止めないでくれと引き止められましたが、村の選手達のいいかげんさにほとほと嫌気がさしたらしく、隣村に移りました。
練習は無断で来ない、試合前日はみんなでパ-ティ-で騒ぎ、試合にも半分酔っ払ったままではないか、というような状態でやってくる、その上いつも人数も足りない、という感じで、まあ、一番下のリ-グのしかも村のチ-ムなんで、仕方ないです。
だいたい数ヶ月前には監督も匙を投げ、一言も言わず辞めてしまったくらいなので、みんなのいい加減さも極めた状態の中、長男だけは何があっても練習へも試合へも行ってました。
長男は元来とても真面目なんです。

選手の人数が足りないので、ほぼ全部のポジションを一人で頑張っていたほどだ、とクラブの責任者には言われ、
「彼が違うチ-ムに行きたいのは本当に納得できる、でもいつ帰ってきてもいい、いつ帰ってきても彼には毎月200Euroの報酬は約束するから」と約束してくれたほどでした。

実は私は、このブログを書き始めた頃、なんでこんな「アマチュアサッカ-選手を目指している」なんてふさけたようなタイトルをつけたかと言えば、実は決してふざけていたわけではなく、本当に子供達には「アマチュアサッカ-選手を目指して」欲しかったからなんです。
「アマチュアサッカ-選手」になって、月にいくらかのお小遣いをもらえるようになってくれれば良いな、それは本人もとても幸せだろうと本当に思っていました。

結果的にこのお小遣いはもらえないまま違うチ-ムへ行ってしまいましたが、それでも長男は大学生をしながら続け、また元来いい加減な次男もなんやかんやと言いながら、今度は長男の穴を埋める主力選手と期待され、村のチ-ムで新しいシ-ズンを迎えます。

ドイツでも17歳、18歳くらいでサッカ-を止めていく子供は結構たくさんいます。
日本でもそうですよね、大学受験や大学生活で忙しくなりますし、勉強をまじめにしたら時間的のも難しくなりますし、あるいは彼女ができたり、またはまた違う興味が出てきたり、とそんな理由で止める場合ももちろんあるでしょう。


うちの長男も大学卒業ができるかまだ全然わかりませんし、次男は大学へ行けるかも不明ですが、それでも「これだけは好き」と続けられることがあるのは幸せだろうな、と思います。
例えそれが一銭にもならない、最下位リ-グの最下位チ-ムでも、それでもこうやってアマチュア選手として出来る限りサッカ-を続けてくれたら良いな、と思います。

三男は7歳でサッカ-を止めてしまい、そんなわけでこのブログの「アマチュアサッカ-選手を目指している3兄弟」というタイトルは全く真実とは違うものになってしまいましたが、それでもこの変なタイトルが気に入っていので、このまま続けたいと思います。

いつか2人もサッカ-を辞めてしまった時はその時こそ、ブログの題名は変えなければならないですね。

そして面白いことに長男が移った先のチ-ムの監督さんは、なんと日本のJ1で選手をしていたことがある方でした。
また次男は昔U5からU9くらいまでずっと一緒だった幼馴染の友達がたくさんいるチ-ムになり、これはこれで楽しそうです。

サッカ-は本当に素敵なスポ-ツですよね。
7歳で辞めてしまった三男は他に好きなことがあるので良いのですが、それでも少し残念だったな、と親としては思ったりしていますが、好きなことはせめて大人になっても続けてくれれば、それはそれで良いのかもしれません。
続けるということは難しいことですものね。

勉強はもっと難しそうですけれど…。
3人ともまだまだどうなることやら…です。ヤレヤレ…・。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/543-e66f37ff

 | ホーム |  page top