カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

台湾からのお客様 

先日台湾からのお客様が一家でいらしていたので、うちでバ-ベキュ-パ-ティ-をしました。
台湾の学部長さんのご主人、奥様、24歳のお嬢さんと22歳の息子さんの4人のご家族でした。
このご家族素晴らしいご家族でお父さんのみならず、お子さん達の優秀なこと。
奥様以外は皆さん理系で、お嬢さんはスイスの大学で研究中、息子さんは台湾の大学の夏休みを利用してうちの研究所で勉強していて、来年辺りにはアメリカの大学へ留学する予定とのこと。
なんということか一家揃ってエリ-トなご一家だったわけです。

その時色々お土産をいただいたのですが、その中になんだか高級そうな箱に包まれたタンブラーがありました。
内装も素晴らしく、これは何か特別なものなのでは、と思った私はネットで調べたところ「乾唐軒ACERA」という会社のトルマリンカップだということで、トルマリンが使用されていて飲み物をこの中に入れるとまろやかに味が変わるのだということでした。

そんな馬鹿な、と思いつつも飲んでみると本当に味がまろやかになった気がして、主人や子供達に言うと、
「それは気のせいでは」と言われてしまいましたが、とにかくとても素敵なタンブラーですっかり気に入ってしまいました。

ところでこのご一家、あまりに素敵なので、お子さん達に
「あなた達の両親は幸せね、こんな素晴らしいあなた達のようなお子さんがいて」と言った後
「あ、でもあなた達も幸せね、こんな素敵なご両親で」と言えば
「はい、本当に、こんな両親がいる私達は幸せです」という答え。

実はこの学部長さんが牛肉を召し上がらないのは知っていましたが、この日は我が家も奮発して、フィレの中でも特に美味しいシャト-ブリアンをわざわざベルギ-から購入してきていたんで、残念に思い、理由をはじめて聞いてみれば、なんとお嬢さんが生まれた時に命が危なくてその際に
「娘を助けて下さればもう一生牛肉は食べません」と神様に願掛けし、その際期限を言うのを忘れたため、一生食べることができなくなって…と笑っておられました。

親として当然なのかもしれませんが、でもこの日は本当に
「此の親にしてこの子あり」とはこういうことかと思いました!

うちの出来の悪い息子達にも非常に優しく接して下さり、いつもは私達のお客さんの前にはあまりいたがらないうちの次男でさえも、この日は機嫌よく一緒に楽しんでいました。それもこのお父さんが本当に優しく、最初にわざわざコップを持って息子達に挨拶を交わして優しい言葉をかけてくれたからだと思うのですが、今まで私はよそのお宅でこんなことをしたことはなく、これからは自分もこんな大人になりたいものだな(もう年齢的には充分に大人も過ぎていますが)、と感銘を受けた一日でした。

またおとといは次男と近所の27歳の友人を迎えに行けば、その27歳のユリウス君も
「うちの両親は本当に素晴らしい!」と絶賛していたので、素晴らしい両親は多いんですね。
そしてそんな風に両親を誇れる子供達はたいていこれまた素晴らしく育っています。

うちの息子達はよそで私達のことをそんな風に誉めるということはまずないでしょうし、そもそも思ってもいないでしょうから、息子達が今ひとつ親に感謝の気持ちもなさそうなのも、この姉弟のように素晴らしく優秀にならないのも、私達親もいまいち素晴らしくないからなんでしょうから、これも自業自得ということですね。仕方ないです。

素敵な一家との出会いでした!


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/541-42cde659

 | ホーム |  page top