カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
707位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
186位
アクセスランキングを見る>>

イスラム教徒の友人との最近の出来事 その1

私には色々な国から来てドイツに住んでいる友人がたくさんいるのですが、今回20年来の友人の1人をなくしてしまったかもしれない出来事がありました。

実は一度イスラム教徒の教会のモスクについて興味があって、彼女に根掘り葉掘り聞きたかったんですが、この半年くらい彼女がいやに私にコ-ラン(イスラム教の経典)を読むように薦めるようになったので、彼女に聞くのはやめていました。

彼女は頭にスカ-フを被り、豚肉は決して食べず、毎日5回くらい祈りを捧げ、ラマダンは毎年きちんと行い、他宗教の教会やお寺には入らない、かなり信仰心の強いインドネシア人のイスラム教徒です。
彼女にモスクについて聞けば簡単に的確になんでも教えてもらえるうえ、モスクへ一度言ってみたいと言えば、喜んで案内してくれることでしょう。

というのも昨年秋に近郊のケルンにヨーロッパで一番大きいモスクができて、昨年はそのケルンのユダヤ教のシナコーグへも行っていたので、両方とも一度自分の目で見てみたい、という単純な興味で行きたかったんです。
でもそんなことをお願いしたら、
「興味あるんですか? 是非一緒に行きましょう!」と彼女が喜ぶのは間違いなく、私は生涯自分がイスラム教を信じることはできないだろうとわかっているので、彼女を一時的にでもぬか喜びさせて連れていってもらうのは、なんだか少しだますようで悪いように思ったからなんです。
その上、最近の彼女の話題がどうしてもイスラム教の方向へ行きがちなので、もしモスクへなんて連れて行ってもらって、ますます彼女の勧誘運動に拍車がかかるのは正直たまらない、とも思いました。

最初にも書いたように彼女は私の20年来のドイツでの良い友人、次男とそこの長男君も大親友で、彼女とは永遠に良い友人でいたいのですが、最近の彼女の信仰心の厚さといえば、正直常軌を逸しているほどです。

彼女の説では、イスラム教徒以外は天国へ行くことができない、ということで、世界の人口が約75億人、その中でイスラム教徒は約18億人くらいだということですが、彼女の話が本当なら世界の大多数の人は天国へ行けないということになります。

だいたい自分達の宗教こそ一番真実である、とそう思える思考回路が、もはやまともな思考回路ではない、と思ってしまうわけなんですが、彼女から見ると
「かわいそう、何もわかってないから私が導いてあげなくちゃ」と思っているのでしょう。
彼女の勧誘は、とにかくイスラム教を信じていないので天国へ行けないであろう友人としての私の身を心配してという善意の気持ちからなのはわかっているんですが、
「あなたはあなたの天国へどうぞ、私は私の天国へ行きます」と言っても、
「いえいえ、他の天国なんてそんなものはないんです。コーランを読めば全てがわかるので是非読んでみてください」という返事。
「だいたい、見たこともない神様をどうやって信じることができるのですか?」と聞けば
「人の魂は存在しても見えないでしょう、神様も同じです。でも勉強すれば全てがわかるんです」と、もはやまともな会話としてすら成り立っていない状態です。

とにかく1から10までこういった状態なんで、最近彼女と話すのもいやになりかけていました。
そんな時、ちょうど友人宅にいる次男を夜に迎えにいけば、彼女の息子さんもいるではないですか!
「ラッキ-! モスクのこと彼にきいてみよう!」と、彼も家へ送りがてら色々聞けて満足でしたが、家に帰ると早速彼女からのメッセ-ジが届いています。
「息子から、あなたがモスクに興味があると聞きました、明日一緒に行きませんか?」

このメッセ-ジを読んで私は決めたんです、もうはっきり言ってしまおう、私はそういう意味では全く興味がないということを。

そのせいで彼女が傷ついてももう仕方がない、もし彼女が私を友人と思うなら私の気持ちも尊重してくれるはずだろうと…。

そしてついに彼女にはっきり返事をしたんですが、結局どんな返事をしたのかは、次回に書かせていただきますね、少し長くなりました。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/531-cb20b284

 | ホーム |  page top