カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
644位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
167位
アクセスランキングを見る>>

ついに Flixtrain に乗ってみた!

ce838f4c.jpg
この週末ついに念願の(?!)、格安電車 Flixtrain に乗りました。
ケルン駅からハンブルグ行きは時間通りに来て、座席も予約してませんでしたが、始発だったので6人掛けのコンパ-トメントに席を取ることができました。
Flixtrain98.jpg
若い女性ばかり6人で大変気分が良かったです。
…というのも格安チケットのため、乗客は若くて貧乏そう(すみません、でも本当に!)な…というか、まあ、もちろん学生みたいな人も多く、なんとなく混沌とした電車のしかもコンパ-トメントの1室で私以外は若い女性ばかりだった私の席は本当に恵まれていたと思います。
ft3.jpg
廊下はこんな感じですが、全部の車両がこんな風にきれいなわけではなく
DSC_0510.jpg
どちらかと言えばこのように古めかしい車内でした。
DSC_0512.jpg
「今から30年以上前のですか?」 というような車両もありますし、最初外から見たときは外観は掃除もされていないせいか、
「これってまさか50年くらい前の電車なんじゃ?!(少しオ-バ-かなぁ、でも本当に古めかしくて)」 というような車両もありました。
ft4.jpg
コンパ-トメントだけではなくこんな広々とした車両もあって、正直この車両は現代の電車より座席が広々と作られている感じでしたが、1つ1つの車両ごとにガラスのドアがついているのも(しかも自動では開かない、手で開ける)レトロな感じで逆に新鮮でした。
P1080761.jpg
それで帰りは今度はハンブルグからケルンへ帰宅でしたが、今回も時間通り来て、時間通りに到着。
Flixtrain の「DBと違って時間通り」という宣伝文句はあながち嘘ではないのかも、と思いました。
ドイツの鉄道 DB は年中遅れたり、来なかったりするので、 Flixtrain が時間通りな、日本の方から見たら当たり前のそんな些細なことが、これまた新鮮だったんです。

それで運賃ですが、
行きが、   19,99 Euro
帰りが、   9,99 Euro  + 座席指定 3,50 Euro  にて 13,49 Euro
往復にて合計    33,48 Euro  (日本円で 4200円)

という破格に安い、片道約400km、4時間ちょっと(時間もICEとかわらなくて、ほぼ同じ速さで運行してるんです)のプチ旅行をしていた週末でした。

しかしながら、最近もう一度格安飛行機を見たら、ケルン-ハンブルグ間が30 Euro というのもあり、
「えっ! 飛行機の方がいいかも!」とも思いました。
飛行機なら片道1時間しか時間もかからないんです。

ただこの Flixtrain の最高に良い点は直前まで5 Euro 以内でキャンセル可能というところでしょうか。
飛行機やDBの場合、早めに格安のものを買ったら、ほぼキャンセルは不可能、つまり払ったお金は返ってこないということになります。
また驚くことに今日 Flixtrain から来た広告メ-ルでは、このケルン-ハンブルグ間が4,99 Euro というのもあるらしいですから、こんな激安なら多少車両が古くてもなんのその、なんではないでしょうか。

用途に応じて、安いチケットで色々旅行するのも楽しいですよね。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/523-e0aad807

 | ホーム |  page top