カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
492位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
128位
アクセスランキングを見る>>

映画 「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」

先週、公開されたばかりの映画を見に行きました。
隣町の映画館では1ヶ月に1回、木曜日の15時から、トルテなどのケ-キで紅茶やコ-ヒ-を飲んだ後、映画鑑賞という気の効いたサ-ビスがあるんです。
来ているお客さんは、おばあちゃまばかりで、常連さんみたいな方々がグル-プでも来ていました。

私も歴史ものは大好きなんですが、最後この2人が実際に会ったという記録は残っていないと思うのですが、この映画では2人だけで対面して10分は自分達の赤裸々な気持ちを吐き出すのですが、
「こんなことエリザベス女王がメアリ-に言うわけないんじゃない?」とか
「メアリ-も失礼すぎ(まあ、実際かなり失礼な女性だったようですが)」とか、
エリザベス女王の顔があいかわらずピエロ並みに真っ白で怖いとか、
メアリ-の何か言うときに顔の真ん中にしわを寄せてしゃべる表情が多くすぎて、もとフランス王妃の彼女がこんなに品がないとはどういうことなんだろう、とか、頭の中にクエッションマ-クがグルグルしてなんだか楽しめませんでした。
歴史ものはできれば史実に忠実に作ってほしいです。
他にも、へっ? なんか違う話?と感じたエピソ-ドもありましたし。

それにだいたい、メアリー・スチュアートのフランスから帰国して落ち目になっている頃の話より、もう少し前からの話にして欲しかったです。だって邦題は「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」ですが、現代は「Mary Queen of Scots」で、ドイツでも「メアリー・スチュアート」だったので、私はもう少し、メアリ-中心の話と思っていました。

またもしエリザベス女王も出てくるなら、いっそのこと「2人の女王 メアリーとエリザベス」ではなくて、「3人の女王 2人のメアリーとエリザベス」にしても良いくらい、と思いました。
メアリー・スチュアートともさることながら、メアリ-1世とエリザベス女王の確執もすごいですよね-メアリ-1世とはブラッディ・メアリー(血まみれのメアリー)と呼ばれた、エリザベス女王の異母姉にしてエリザベス女王の1つ前の女王、高貴なハブスブルグ家の母から生まれたというのに、エリザベスの母アン・ブ-リンからのエリザベスの侍女の身分にまで落とされたこともある女王メアリ-1世の歴史は壮絶そのもので、彼女にとって、エリザベスは目の上のたんこぶ、つまりエリザベスにとってのメアリー・スチュアートに近かったのでは、と思います。

エリザベスの母アン・ブ-リンはそもそもメアリ-の母の侍女だったわけで、彼女との結婚のためにヘンリ-8世はカトリック教会から離脱したわけですが、2人の女王より、いっそ3人の女王の話でなぜいけない、と思いましたよ、私は。

でも「3人の女王」にしたら、主人公はやはりエリザベス女王になるのでしょうし、この映画は現代は「メアリ- スコットランド女王」なんで、そもそもエリザベス女王はもともと脇役扱いなんでしょうから、主旨が変わってしまいますよね。

この時代のイギリスの歴史は本当に、おどろおどろしくてその空気が伝わってくるようです。

話は少しかわりますが、それにしても当事からイギリスはカトリック教会を離脱したり、欧州の中では自由勝手な印象で、現在のブレグジットの下地大有りですね。
イギリスは昔から自分たちが欧州の一員などとは思っていないことでしょうから、ブレグジットも想定内という感じでしょう。

最近さすがにもう一度国民投票でEUに戻ろうという動きもあるそうですが、いつまでも大英帝国ではないということをいいかげん理解した方が自分達のためなんではないでしょうか。

そもそもイギリスは海での覇権争いに勝ち、たくさんの植民地支配で繁栄したんでしょうから、お金持ちになったのは当然です。他の国から勝手に奪ったものを自分のものにしてだいたい国家自体が大泥棒みたいな国じゃないかと思うときがあるので、あまり好きになれません。

私はイギリスがインドや中国にしたこと、相当あくどいなぁ、といつも思ってます。



なんだか映画の感想から全然違う話になってしまいましたが、映画の日本語版予告張っておきます。

ご興味のある方はどうぞご覧ください!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/520-78d493a3

 | ホーム |  page top