カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
492位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
128位
アクセスランキングを見る>>

カ-ニバル真っ最中のある我が家の一日

カ-ニバル中、長男次男は毎晩パ-ティ三昧、三男は相変わらずゲ-ムに忙しく友達が泊まりにきています。
主人は義母宅で長男次男もほとんどいない生活の数日間は5人中ほぼ3人がいないということで、とても楽な生活です。
そうはいっても昨日は夕方から夜まで次男の友人達が6人くらい来ていたのですが、18歳くらいの男の子たちはもうほとんど大人のようですから、私も顔を出すこともせず、勝手にしてもらっていました。
3時間ほどみんなでここで過ごしたあと、夜の大パ-ティへと繰り出し、朝の4時くらいに長男と共に帰宅したようです。
こんな遊んでばっかりいる生活で本当にみんな大丈夫なんでしょうか。
楽しい日々が永遠に続きそうなドイツの若人生活です。

私も今日は最近公開された「エスケープ・ルーム 2019」を見に行きました。
長男にカ-ニバル中は観客なんていないと思うよ、と言われ、ホラ-映画を見るのに広い映画館にたった一人ぼっちはいやだなぁ、さすがにちょっと怖いかも…と心配していたのですが、25人くらいはお客さんがいて安心しながら見ることができました。
ホラ-好きな私は実はかなり怖がりなんです。
まあ、そこそこ楽しめる映画でしたが、このシリ-ズ結構は今までも色々なバ-ジョンも出ているようで、機会があれば全部見てみたいな、と思いました。
「ソウ」にも少し似ていますが、「ソウ」よりは残酷な描写も少なくて、それほど嫌な思いもせずに見ることができました。
「ソウ」は気持ち悪いことの方が多いですが、「エスケープ・ルーム」はハラハラもさせてくれるので、そういう意味でも楽しめました。

1ヶ月くらい前は遅まきながら「ボヘミアン・ラブソティ」もやっと見に行き、えらく感動して帰ってきました。
それから色々な人に勧めていますが、ドイツではひとつのものが大ヒットするということはあまりなくて、知らない人もいるくらいでした。
でも「ボヘミアン・ラブソティ」は本当に映画館でこそ見るべき映画ですよね。
昨年の「グレ-ティスト・ショウマン」以上にそう思いました。

ところでドイツの映画館では全てドイツ語に吹き替えられているものが上映されます。
フランスもそうだと思います。(少なくても20年前はそうでした)
オランダでは原語のままで、そのかわりオランダ語の字幕がつきます。
一方ベルギ-では全て言語のまま、その上字幕も付かないそうで、主人はそのほうが言葉の勉強になっていいのに、と文句を言ってましたが、今となってはドイツ語に吹き替えてくれた方が私にはわかりやすいです。

カ-ニバルにはあまり関係ない我が家の一日でした。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/519-c0b14e0a

 | ホーム |  page top