カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
172位
アクセスランキングを見る>>

フィリップ殿下オイペン訪問-ヴェルサイユ条約から100年後

ベルギーの話はそろそろ終わりにして、ドイツの話題に戻りたかったんですが、今朝車を運転していたらこんなニュースがラジオから流れてきました。
なんと今日、ベルギ-国王のフィリップ殿下がオイペンを訪問するというではないですか。
オイペンとはEupenのことで、先日のブログでも出てきた、ブリュッセル方面へ行く際の始発の町です。

首都ブリュッセルから電車でも車でも2時間ほどで着くとはいえ、オイペンは正直ど田舎の町です。
町は103,74 km²の広さで、牧歌的な景色がのどかに見られるこの町の人口はわずか2万人、いつ行ってものどかな風景が広がるこのこじんまりした辺境の地(ベルギー内では極東)に国王陛下が来られるとは、と一瞬耳を疑ったのですが、どうも今日はベルギーにとっては記念すべき大切な日だったようです。
eupen 5
約100年前の1918年11月に第一次世界大戦が終わり、1919年の1月にパリ講和会議が始まり、敗戦国ドイツの領土の割譲が決まります。そして1月18日ドイツ領だったオイペンはベルギー領に決まったのです。
最初は心の中で心配していたオイペンの当時のドイツ人も、今ではベルギー領で大変満足だ、という住民のコメントも流れていました。住民投票で決まったとはいえ、当時は本心からの住民の希望ではなかったようです。
でも今ではドイツ語を話していること以外、どう見てもオイペンはベルギー風な町になっています。

そもそも12世紀には、オイペンはリンブルグ公国に支配されていました。
そして
1387年 ブルゴーニュ家
1477年 ハプスブルグ家
1555年 スペイン領
1707年から1714年 オランダ支配
1794年 フランスに併合される
1815年 プロイセン家のライン県の一部に
1919年 ベルギー領

と、このように色々な国から支配を受けてきているように見えますが、地形的には昔から栄えていた、マーストリヒト(オランダ)、リエージュ(ベルギー)、アーヘン(ドイツ)から非常に近い場所です。
そもそもこの地域がブルゴーニュ家に支配された時点で、同じ家系の次の世代のハプスブルグ家、そしてそのままスペイン・ハブスブルグ家と移行していったのは、その家の支配者がかわったというだけで、オイペンにとってはあまり大きな変化ではなかったはずです。
むしろこの地が、フランスやドイツに支配されていたことの方がよほど違和感がありますので、最終的にベルギーに戻ることができたのは、歴史的にはやっぱり正しかったのだろうと思います。
eupen 6
私は今日昼過ぎにドイツの最西の町、つまりこのオイペンの隣村リヒテンブッシュまで行っていました。
アーヘンの1つの村なんですが、すぐ隣の町にフィリップ殿下がいらしているのなら、行ってみたかったんですが、夕方に来られるということで泣く泣く家に戻りました。

私も一緒に旗を振ってきたかったです。



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/503-a264c2a2

 | ホーム |  page top