カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
499位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
138位
アクセスランキングを見る>>

ブル-ジュ マルクト広場

P1080521.jpg
なんといってもブル-ジュのマルクト広場もまたこの時期素敵なんですが、ドイツではクリスマスマ-ケットが12月24日でほぼ終了してしまうのですが、ここでは1月1日までクリスマスマ-ケットも開いています。
P1080530.jpg
このような歴史的建造物に囲まれた真ん中にはスケ-ト場が特設されます。
一人8Euroでスケ-ト靴も貸してくれて、何時間でも滑ることができます。
P1080506.jpg
それで今回見つけたのが、どういうわけかドイツのケルンの特産物(?)ケルンのオ-デコロンの4711という店でした。
なかなか手広く頑張っている4711だと感心しました。
P1080523.jpg
4711からすぐ近くにもまたドイツの Käthe Wohlfahrt というお店が。
こちらはドイツのローテンブルグ発祥のクリスマスの素敵な飾りつけがたくさん売っているお店なんですが、こちらもかなり手広く展開している老舗のようです。
ドイツのWikipediaによると、こちらのローテンブルグの本店には日本とアメリカから大変な観光客が訪れるとわざわざ書かれているので、日本でも有名なんでしょうか。よその国でドイツのものを見かけるとなんとなく嬉しくなる、気持ちはかなりドイツ寄りの最近の私なんです。
P1080520.jpg
で、やはりこの街で食べるのはムール貝がお薦めです。
P1080546.jpg
私は正直ム-ル貝は好きでも嫌いでもないのですが、今回は久しぶりに食べたら、やはり美味しかったです。
それでマルクと広場に面してたくさんのレストランがあるのですが、こちらの下のレストラン軍団(オベリスクのある方)は正直観光客用のレストランで値段も高い割りにあまりおいしくないそうです。
P1080528.jpg
せっかく美食の街へ行き、美味しくない上高いレストランへ行かないよう、どうか気をつけてくださいね!
ですが、マルクト広場のバ-ガ-キング並びの向かって右手のレストラン郡はこちらも老舗カフェなんで、高いかもしれませんがマルクト広場でどうしても行きたい場合はバ-ガ-キングを見つけて、広場を背にしてその右手の方角の数件先のレストラン郡へ行くと良いかもしれません。(馬車の乗降場所の近くです)
craen.jpg
こちらはそのレストラン郡のひとつの Huit Creanenburg という老舗カフェで、ここではドイツ神聖ロ-マ皇帝だったハプスブルグ家のマクシミリアン1世が囚われていたこともあるという、非常に歴史的な場所でもあるんです。
それくらい由緒正しいのであれば、他のお店よりかりに1Euroくらい割高だとしてもまだ多少は納得できますよね。
いつでも満員ですが、マルクと広場でお茶を飲みたい場合は是非行ってみてください。

゛Huit Creanenburg゛
Add: Markt 16, Bruges
Tel:+32 50 33 34 02

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/500-343c106b

 | ホーム |  page top