カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

ロボテク

今日は次男の学校で自分達で、組み立てたロボットの発表の日でした。
三男がどうしても行きたいということで、三男の小学校が終了後に、
2人で見に行くことにしました。
ドイツの学校のロボットなんて、まあどうせ大したことないだろう、と
思っていたんですが、それがどうしてどうして、なかなか精密に
組み立てられていてびっくりしました。
2つの手の平に乗るくらいの大きさの車のような形のものだったんですが
前に進んだり、後ろに進んだり、グルグル回ったり、あるいは黒い線の上だけを
走ったり、または手をたたいたらピタッと止まったり、と様々なプルグラミングを
披露してくれました。
次男は今11歳、日本の小学校の5年生なんですが、技術先進国の日本の学校では
どんなロボットを組み立てているのかな、と想像してました。
一応ロボット組み立てキッドがあり、プログラミングはコンピュ-タ-でするようなんですが
「あら、日本製?」と見たところ、イギリス製でした。
日本製だったらその場にいた、次男の同級生達に自慢したのに、残念でした…。
でもすごく面白い企画でした。
良かったです。

120930 060

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/5-9869b052

 | ホーム |  page top