プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう18年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手やブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


ウィンター・イブニング ヨーロッパの街


最新記事


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最新コメント


月別ア-カイブ


検索


カテゴリ


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
419位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
114位
アクセスランキングを見る>>

日本ブ-ム到来

最近私の周りはなんとなく日本ブ-ムです。
この1週間のうちの三回の会合は、全て日本がらみでした。

というのも、10月に3週間の日本旅行へ行く主人の同僚夫婦、11月から1年間ワーキングホリディで日本へ行く知り合いのお嬢さんがいて、同僚の奥さんと、このお嬢さんが日本語を習いはじめたため、私とも頻繁に連絡を取るようになり、そんなこんなで一度会いましょうということになったわけです。

主人の同僚夫妻はとにかく私と主人と4人で会えば、それでOKだったので、4人であって日本の説明をたっぷりしてあげました。
トイレで水の音がするボタンをいくら押してもそれはきれいな音だけで、本当の水は他のボタンを押す必要があることからはじまり、
日本では電車は5分ごとでも時間通りにきちんと来ること、1分遅れても車掌さんはお詫びのメッセージを流すのでびっくりすることなどなど…、というのもドイツでは電車は料金が高いにもかかわらず、頻繁に遅れる、あるいは運休になることも割合多くあるんですが、その際お詫びのメッセ-ジなんてものがもちろん流れるわけもなく、乗客はそんなのにも慣れっこで、そっと溜め息をついて、他の方法を考えるというのが習慣になっているので、実際この4月に日本へ行った際、電車の中で車掌さんのそんな丁寧なアナウンスを聞いた時には、本当になんの冗談かと思ったほどでした。そのくらい通常ノーサービスのドイツに住んでいる私達なんです。

それからワーホリで日本へ行くドイツ人のSちゃんには、やはり2年前日本から帰ってきた私の日本語の教え子のドイツ人のC君や、1年は会っていない日本語検定1級を持っている中国人の学生H君を紹介しようと思っていてお茶しに行きました。
そうこうしているうちに、なんと今度は日本から交換留学している本物の日本人の高校生のお嬢さんがいるということがわかり、急遽、そのお嬢さんと日本語勉強中のSちゃんとC君3人を引き合わせようと、会合をすることに!
3人とも偶然同じ年生まれの2000年ということで、なんという楽しいめぐり合わせだろうと私自身も喜んでいたんですが、Sちゃんとその日本人のお嬢さんAちゃんはすっかり意気投合して、二人でお互いに語学を教えあうランゲージエクスチェンジ(言語交換)をしましょうと、女子ト-ク(これはもう死語ですか?)で盛り上がっていました。

そしてそうこうしているうちに、三男の通っている音楽学校ではやはり日本人とのハ-フの先生がいることがわかり、またびっくりなことに、長男たちが通っていたギムナジウムにやはり9月から日本人の交換留学生のお嬢さんがいることも判明。
人口3万人のとても小さなうちの街で、日本人の高校生の留学生さん達までいるとは本当に国際的になったものです。
しかしながら、日本語を話せる外国人の友人(イギリス人、ハンガリ-人、インドネシア人、中国人たくさん)がここには通常10人くらいはいるので、そもそもここは国際的な街であることは間違いないわけなんですが…。

10月から3週間日本中を旅行する友人夫婦、そして11月から1年ワ-ホリで日本で暮らすSちゃん達が、日本で楽しい時間を過ごせますように。
そして、ドイツの高校生活を送っている日本人のお嬢さん達もここドイツで有意義が1年間を過ごせることを祈っています。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/495-6fb6dd76

 | ホーム |  page top