プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

マルゴとの別れ

実は色々忙しくて1月から5ヶ月くらいこちらのブログを更新できなかった間に、マルゴとの別れがありました。

主人にマルゴを託して、子供3人と10日ほど日本へ帰国していた私達が、無事帰国してから約2週間後、マルゴは体調を崩して亡くなってしまったんです。
ある日とてもぐったりして昏々と寝ていたのですが、以前にもそんなことがあって持ち直していたので、大丈夫かと思っていたら、次の日もまだそんな状態で、夜獣医さんに連れていった時には、体温が非常に下がっていて、回復は無理だろうと言われ、注射での安楽死でした。

原因は何か毒のある草でも食べたのでは、ということでした。
彼女はうちの庭にしか出ない、臆病さんでしたが、庭へ出ればやはり気持ち良いのか、すぐに室内には戻ってきませんでした。
それでも本当に怖がりなんで、1時間も出ていれば満足するようで、何時間も家を不在にすることも、よその庭へ行くこともなかったのですが、それでも何か変な草を食べてしまったようでした。

獣医さん曰く、猫というのは体調の悪さを決して表に見せないということで、それは自然界の他の強い生き物から狙われないためだと思うのですが、体調が悪いのかな、とわかる頃には随分と悪化している状態なのだそうです。
そしてどんどん体温が下がり、猫にとって体温が下がるのというのはもう致命的なことなのだそうで、本当にあっけなくマルゴは逝ってしまいました。

まだ7歳で、人間で言ったら45歳くらいなんでしょうか、まだまだ生きられる年齢でした。
お墓を作って庭に埋めてあげたのですが、最後にお墓にマルゴを入れた時には、普段ならもう一人前の男にでもなったつもりのように強がっている15歳の次男が号泣していました。
こんなことなら、もっと色々してあげられたのにと、つくづく後悔しましたが、全ては後のまつりでした。

次男はもう動物はいらないと言ったのですが、ずっと泣いていた三男と、また主人のたっての希望で結局5月には新しい子猫を飼うことにした私達でした。

ブログに書こうかどうしようか、迷っていたのですが、日記代わりの私の記録記ということで、今回マルゴの最期を書くことにしました。

マルゴの写真と共に、この場でもう一度彼女の姿を心に焼き付けておきたいと思います。

ps_2017_07_28___19_39_02.jpg
(来たばかりの頃、品の良いペルシャ子猫でした)

160304 048
(貫禄が出てきたマルゴちゃんでしたが、臆病で家の人にしか会いたくない、性質はいつまでも子供みたいなマルゴでした。
この後ろの水仙も子供や猫にはも猛毒ですが、この時はもちろん食べていませんでした)

もし猫が具合が悪そうになったら、必ず、たくさんたくさん暖めてあげて下さい。
体温が下がることが一番危ないと知っていたら、きちんと予防できて、マルゴもまだ元気だったかもしれません。

色々なことが悔やまれる、マルゴとのお別れとなりました。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック