プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう18年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手やブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ「魔笛」- Zauberflöte-2

先週末は忙しく、オペラにも行っていたんですが、毎度のことながら今回もまた「魔笛」でした。
子供が幼い頃は「ヘンゼルとグレ-テル」か「魔笛」。
今は主人の関係でいつも「魔笛」というわけで、今回4度目の「魔笛」でしたが、今回はデュッセルドルフのオペラ劇場でしたが、非常にかわった演出で、なんだかびっくりしました。
以前見たものも、舞台設定が現代の図書館という、これまた変な演出だったんですが、今回のは舞台セットは全て映像で、しかも結構グロテスクだったり、子供は12歳以上であればお勧め、というような実に斬新な演出でした。

ミュ-ジカルのような、お芝居のような、あるいは映画のような、そんな不思議な演出。
言葉で説明するのは難しいので、こちらの映像を是非ご覧ください。


いかがでしたか?
人生で一度くらいは見ても良いかな、というような感じです。
見ていて退屈もをする暇もなく、また鑑賞後心にとても残り、今でもこのオペラの残影が心の中、頭の片隅に残っています。


30年くらい前、ピンク・フロイド『ザ・ウォール』を見たときと似た、なんともザワザワする感じを思い起こさせてくれた、本当に前衛オペラといった感じです。
こんな風に書いているうちに自分でも気づきましたが、私としては結構お勧めです!
ドイツのデュッセルドルフ近郊に住んでいていらっしゃる方は是非一度行ってみて下さい。

https://www.operamrhein.de/de_DE/repertoire/die-zauberfloete.1087650
↑ 詳しいことはこちらのホームページでどうぞ!!

170619 133
この上の方の席だとこんなに素敵なのに安く買えるようです。一番安い席ならなんと、12Euroくらいでも、ということで、サッカー観戦より安くオペラを鑑賞することもできる素敵な国ドイツなんです。
170619 127


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。