プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう18年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手やブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


もみじが3Dで降るブログパーツ ver2


最新記事


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最新コメント


月別ア-カイブ


検索


カテゴリ


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
150位
アクセスランキングを見る>>

三男 ギムナジウム入学

長男の大学行きが無事決まり、次男の留年も確定して、昨日は三男のギムナジウム入学でした。

長男・次男と同じギムナジウムへ入学できなかった彼のギムナジウムは公立のギムナジウムです。
雰囲気はカトリック系私立のギムナジウムとはなんとなくただよう空気が違う、という印象を受けました。
160824_031_convert_20160826055821.jpg
でもこのギムナジウムは昔の町の城壁跡で、16世紀前半には建てられたもので、ハプスブルグ家にして神聖ローマ帝国皇帝であり、スペイン王でもあった有名なカール5世の軍や、ナポレオン軍が滞在した歴史的に大切な場所でもあります。
160824_033_convert_20160826064521.jpg
橋を渡るとこんな洞窟みたいな場所(城壁の壁)を通り、
160824_034_convert_20160826064714.jpg
学校の前には、なんと博物館の窓口まで。
160824_036_convert_20160826065102.jpg
校舎はこんな感じです。
160824_029_convert_20160826063911.jpg
彼ら低学年のときの教室は少々離れた場所にありますが、歴史は好きな私なので、このギムナジウムも好きになれそうです。。。

でも私が気に入ったかどうかは本当はどうでもよくて、とにかく三男が気に入ってくれたようで安心しました。
幼馴染とともに同じクラスへ入ることもできました。

3人とも新しい生活がそれぞれ始まります。
留年した次男はひとつ下の学年にいきました。
でも7月生まれの彼は本来ならその学年でもぎりぎりOKだったので、まあ、良しとしましょう。
今年は心を入れ替えて頑張ってくれることを祈って…。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/451-6ed318d9

 | ホーム |  page top