カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
644位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
167位
アクセスランキングを見る>>

ギムナジウム公開日(Der Tag der Öffnentur )

121124 012
今日は長男、次男の通う、ギムナジウムの公開日でした。
来年の夏の新学期に入学するかどうか検討中の父兄や子供たちが
見学に来る日です。
121124 011
まずは、我が校自慢のシンフォニ-オ-ケストラの演奏から始まります。
ヘンデル作曲の「ハレルヤ」の演奏には感動しました。
私は中高一貫教育のカトリック系私立中学・高校に日本で通っていたんですが
クリスマスには毎年恒例のクリスマスコンサ-トがあり、毎年
「ハレルヤ」の合唱の特訓を受けた記憶があります。
クリスマスの時期はその6年間、「ハレルヤ」を毎年歌っていたんです。
小学校時代は「アベ・マリア」でした。
小学校の時も、合唱に力を入れていた学校で、その時も「アヴェ・マリア」の
特訓がありました。
「アヴェ・マリア」はグノ-もシュ-ベルトもサン・サーンスも、あとどうしても
思い出せないんですが、もう一つ違う作曲家のも歌っていました。
中高でも「ハレルヤ」と平行して、「アヴェ・マリア」も歌っていたので
計12年間、クリスマス前にはいつも非常にカトリック的な気分でいられました。

一方、息子達のギムナジウムは本場のカトリック系学校(私が通っていた小学校と同じの
割と厳しいサレジオ系修道会の運営する)にも関わらず、息子達は多分歌ったことは
一度もないはずで、なぜ日本人の私の方が、賛美歌も詳しいのか不思議です。
121124 013
学校の中庭で待っている、今から学校見学をする、現在まだ小学校4年生の子供達。
121124 019
自慢のサイエンスカレッジももちろん見学コ-スです。
121124 015
道路整理係で仕事中の長男と友達を見つけました。
121124 020
一方、次男はクレ-プ焼き係でした。
121124 014
あいにくのどんよりした天気でした。
クリスマスまで、もうあと1ヶ月ですね。




コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/41-bff80870

 | ホーム |  page top