プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

灯篭が静かに流れていくブログパーツ
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

カーニバルパーティ -Weiberfasching-はじまり

うちの地域では今日から本格カーニバルが始まります。
小学校でもギムナジウムでも今日は授業なんてなくて、子供たちは朝から仮装して学校へ行きます。
うちの長男・次男はそのまま小さなうちの町のパーティ会場へ直行で、長男は今日はそのまま仲間達とギムナジウム時代最後のカ-ニバルパ-ティの夜を満喫するそうです。

今日の新聞の注意項目によると、ビ-ル、ワインなどのお酒は16歳からですが例外があり、14才からでも同伴している保護者の許可があればアルコ-ルを飲むのは禁止ではないとのことで、どうりでカーニバルのこの日は酔っ払った若者が街にあふれることになるわけですね。。
ちなみにタバコはドイツは18歳からです。


今日は Weiberfastnacht とか Weiberfasching とか Altweiber という日で、"女性のお祭り"という意味で、1824年から正式にはじまったそうで、この日は女性たちもお昼で家事を全てやめる日だったのだそうです。日本のお正月みたいですね。今では今日は非公式の祝日ということで、会社も今日はお昼までで終わりのようです。またこの日はネクタイをしている男性はネクタイを切られないように気をつけなければいけない日でもあります。ネクタイは男性の象徴ということで、今日は女性が主役の日だから、という由来みたいですね。

うちの村は人口800人なのに、カ-ニバルクラブが2つもあるという非常にカトリック色の強い村なんで、つい十数年前で昔はこの木曜日の夜には女性だけのダンスパ-ティが広場で開催されていたそうです。


話は全く変わりますが、三男が長男・次男と同じギムナジウムに入学できなかったことを受け、次男がこう言いました。
「そう考えると自分は兄弟3人の中で一番すごいな、フランス語のクラスという狭き門(フランス語は4クラス中1クラス、長男はラテン語を取り、三男はフランス語を希望したことをうけ)で入れたんだから」
…確かにイマイチの点数でギリギリ入ることができた次男ではありますが、それはどう考えても彼がすごかったわけではなく、ただ運が良かっただけでしょう。
現在の超ひどい成績表は棚の上でここまで自己肯定が強いのも、本人的には幸せですね。
一体誰に似たんでしょうか。 とりあえず次男らしくて笑えます。


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック