プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう18年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手やブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


涼しげに花が流れる落花流水ブログパーツ


最新記事


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最新コメント


月別ア-カイブ


検索


カテゴリ


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
781位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
206位
アクセスランキングを見る>>

面白いケルンの方言 「ケルンの若者」から

昨日17歳の長男とカーニバルソングについて話していたら、彼の特に好きな歌を教えてくれたんですが、彼曰く、めちゃくちゃケルン方言の歌、だということで、どのくらい標準ドイツ語と違うのか教えてもらいました。

ケルンの方言と標準ドイツ語の違いに興味のある方のためにここで比べてみたいとおもいます。

BRINGS というバンドの「Ne Kölsche Jung」という曲で、標準ドイツ語では「Ein Kölsche Jung」ですから、すでにもはや不定冠詞から違ってます。「ケルンの若者」(あぁ、またもやなんてヘタっぴな私の直訳なんでしょう。スミマセン…)という意味ですね。

上段がオリジナル歌詞で赤に、下段が標準ドイツ語で青にします。
( )内はあいかわらず下手くそな私の訳です、あしからず。

Denn ich ben nur ne Kölsche Jung 
Denn ich bin nur ein Kölsche Jung 
(僕はケルンの若者だから)

un mie Hätz, dat litt mer op d'r Zung
und mein Herz, das liegt mir auf der Zunge
(舌の上にあるハートで)

Op d'r Stross han ich ming Sprooch jeliehrt
 
Auf der Straße habe ich meine Sprache gelernt 
(道の通りで自分の言葉を学んだのさ)

und jedes Wort wie tättowiert op minger Zung
und jedes Wort wie tättowiert auf der Zunge
(全部の言葉は刺青みたいに僕の舌にきざまれて)

ich ben ne Kölsche Jung
Ich bin ein Kölsche Jung.
(だってケルンの若者なんだから)

ぱっと見ると「へ、何語? オランダ語?」と思ってしまうんですが、それはここで育ったうちの長男でさえそう感じるらしいです。
うちの村でも老人や、この村生まれの友達のお母さん、お父さんもこの言葉でしゃべるのでうちの息子達も聞けば、ケルン方言の意味もわかりますし、ケルン方言の書き方をみても単語は推測できるどころか、自分達も時々ケルン方言でなまっているそうなんですが、私のような外国人には、書き方だけ見ると正直ほとんど知らない外国語のようです。

ただ長男曰く、書き方はそうでも読み方はドイツ語の発音のようなので、単語も大変似ているし、ちょっと聞いただけでは別になまっているかどうかわからないくらい微妙なときもあるそうです。
要するにドイツ人でも見過ごすほどの小さい違いの際は、私みたいな外国人には、今の言葉が果たしてケルン方言か自分の耳の聞き間違いか、定かではないときもあるということですね。

ということで、この歌も一応ご紹介させていただきます。

この地域出身の、ポドルスキー選手が最初出てくるので、サッカーファンの方は必見です。
彼自身がどうやらこのバンドのファンなんだそうです。
ケルンの人たちはケルン生まれということに非常に誇りを感じているものなので、このケルン方言はとても愛されているので多分すたれることはないでしょうね。

ついでにケルンの方たちはもちろん標準ドイツ語も話せるので、バイリンガルですね。



歌詞を全部知りたい方はここの ゛Read More゛からどうぞ

「Kölsche Jung」  BRINGS

Deutsch-Unterricht, dat wor nix för mich
denn ming Sprooch die jof et do nit
"sprech ödentlich" hät de Mam jesaht
Di Zeuchniss dat weed keene Hit
Ich sprech doch nur, ming eijene Sproch
wuss nit, wat se vun mir will
ejhal wat ich saachen dät,
et wor verkeht

Denn ich ben nur ne Kölsche Jung
un mie Hätz, dat litt mer op d'r Zung
Op d'r Stross han ich ming Sprooch jeliehrt
und jedes Wort wie tättowiert
op minger Zung
ich ben ne Kölsche Jung

Oh Oh….

Hück ben ich jlöcklich, dat ich et kann
uns Sprooch, die mäht uns doch us
mor hürt schon von Wiggem
wenn eener Kölsch schwaad
do föhl ich mich direkt zu Hus
Wemmer se spreche, dann läävt se noch lang
dann jeht se och niemols kapott
uns Sprooch iss en Jeschenk,
vom leeve Jott

Denn ich ben nur ne Kölsche Jung
un mie Hätz, dat litt mer op d'r Zung
Op d'r Stross han ich ming Sprooch jeliehrt
und jedes Wort wie tättowiert
op minger Zung
ich ben ne Kölsche Jung

Gitarrensolo

Oh Oh….
Ich bin ein Kölsche Jung…

Ich ben nur ne Kölsche Jung
un mie Hätz, dat litt mer op d'r Zung
Op d'r Stross han ich ming Sprooch jeliehrt
und jedes Wort wie tättowiert
op minger Zung
ich ben ne Kölsche Jung

Oh Oh….
Kölsche Jung
Oh Oh….
Kölsche Jung
Oh Oh….

Ich ben nur ne Kölsche Jung
un mie Hätz, dat litt mer op d'r Zung
Op d'r Stross han ich ming Sprooch jeliehrt
und jedes Wort wie tättowiert
op minger Zung
ich ben ne Kölsche Jung

Oh Oh….
Kölsche Jung
Oh Oh….
Kölsche Jung
Oh Oh….

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/401-67814b22

 | ホーム |  page top