カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
644位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
167位
アクセスランキングを見る>>

1.FC ケルン

次男のチ-ムメイトが、おとといケルンのスカウトマンから
テストトレ-ニングの申し出を受けたそうです。
その子はフォワ-ドなのですが、本当にすごく上手で
試合のほとんどのゴ-ルを彼が決めるといっても言い過ぎではありません。
次男と同じでもちろん選抜ですが、彼の場合は第一次選考ですぐに
選抜監督からお声がかかり、2次選考へ参加する必要はありませんでした。
昨日、彼のお母さんと話したところ、お母さんもどうしようか迷っていて
3歳年上で、この8月からケルンに移籍したアブドラ君に電話して
聞いたそうです。アブドラ君曰く、現在かれの練習は週4回、そして
時間は2時間半、ということで他に試合の日を入れたり、通う時間も考えると
本当にかなりハ-ドだということです。
そんなこんなでブンデスリ-ガ-のユ-スに一度入っても、普通の
アマチュアクラブのユ-スに戻ってくる子供達も結構います。
長男のチ-ムからアブドラ君は今年、ケルンへ行きましたが、
他に5人程ユ-スのチ-ムから戻ってきた子供達もいます。
それは実力が足りない、ということだけではなくて、他の
様々な理由からなのですが…。
戻ってきた5人はうちではめちゃくちゃ上手なスタ-選手です。
どの世界にも上には上がいるということなのですが、
いつまでも競争し続けなければならないハ-ドな世界です。
アブドラ君はうちの三男にめちゃくちゃ優しくしてくれた
トルコ系のハンサムボ-イです。
彼のケルンでの成功を心から祈ります。
アブドラと

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/4-a3b492e0

 | ホーム |  page top