カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

マグレブ(Maghreb)出身の犯罪グループ

662188697.jpg

大晦日のケルン暴行事件によって、現在ドイツで問題になってきているのが、マグレフ出身の難民達です。

マグレブとは何かと言えばモロッコ、アルジェリア、チュニジア 、リビアやモーリタニアなど北アフリカ地域から来た人々のことで、ケルンで騒動を起こした大半の若者はどうやらこのマグレブ難民だったようです。

この若者達のドイツへの渡航は犯罪目的なのではないかという疑惑が取り沙汰されているのも当然で、というのも彼らの多くはシリア人に混じって、シリア人に成りすましドイツに入国してきたことが判明しているからです。

インタ-ネット上には、パスポ-トは700ユ-ロ、戸籍謄本100ユ-ロ、大学卒業証明書300ユ-ロもあればすぐに発行できるアラビア語のサイトもあるようで、書類的には問題ない彼らはトルコに渡り、そこでシリア語を学んでシリア人になりすましドイツにやってきます。

現在国境の難民検査機関には、この外国人特有のアクセントを見極めるための通訳もおかれていますが、この犯罪グル-プはドイツ国内でスリなどの窃盗によって、一人のスリが一日当たり実に1500ユ-ロ(現在のレ-トでは18万円ほど)もの利益をあげているということなので、組織的な犯罪集団なのは確かでしょう。でもその犯人達をマグレブの国々に送り返しても外貨獲得のメリットがあると考えるそれぞれの国にとっては、この犯罪はどうやら国をあげて、できれば見過ごしたいという傾向にあるようです。

そんな中、16日の土曜日の17時半から約300人の警察館が動員され、一斉検挙がデュッセルドルフのマグレブ地区でとり行われ、不審者は全員かばん等の持ち物の中身を調べられたそうです。スリで奪ったバックや麻薬を検挙する目的でカフェ、バー、カジノなどの18箇所で執り行われ、40人が拘束され、その内38人は不法移民の疑いがありましたが、昨日の月曜日には拘束する理由はなし、ということで全員が釈放されたとか。

このデュッセルドルフのマグレブ地区とはもう長い間、北アフリカのスリなどの窃盗グループの隠れ家といわれてきたそうで、実は日本企業がたくさんあるイマーマン通りのすぐ横手にあります。日本領事館などもある、日航ホテルからがいずれも徒歩10分ほどです。デュッセルドルフのイマーマン通りといえば、ドイツに住んでいる日本人なら多分どれほど遠方でも一度は聞いたことのある名前でしょう。

(マグレブ地区の通りの名前は Mintropstraße  Scheurenstraße  Luisenstraße  Ellerstraße  Linienstraße   Lessingstraße  です。デュッセルドルフへ行かれる際は、間違ってこの付近はも迷い込んだりしない方が無難です。現在、デュッセルドルフやケルンの駅、あるいは空港でも日本人旅行者がスリ、置き引きなどの被害にあう数が例年に無く、軒並み増えているそうです。)

ケルンの大晦日の被害件数が670を越えた今、難民問題を反対の声は日増しに高まり、メルケル首相の支持率も下降しました。
メルケル首相(キリスト教民主同盟)率いる、保守大連立政権の支持率が2013年9月の総選挙以来最低水準の32,5%になったそうです。
(ちなみに関係ないのですが、日本では世論調査-2016年1月15日から17日の間-で、安倍内閣の支持率は、45,8%だったということです。そう考えると安倍首相の支持率は安定していますね。)

ドイツのドブリント運輸相はメルケル首相に対し、難民の流入を食い止めるために国境の閉鎖を準備するよう要請しているそうですし、メルケル首相がどう頑張っても、今やもはや事態は大きく変わってしまったと納得するより仕方ない状況に加速度的に進んでいっている悲しい現実です。

ドイツはこれからどういう方向に、そして中東やマグレブを含めた世界はどのようになっていくのでしょうか。

希望を見出せない世界がますます拡大して、これらの犯罪や紛争がもっともっと大かかりになり、いつか救いようのないものにならなければいいと願います。
メルケル首相もきっとそんな風に全ては善意から立てた政策だったでしょうに、結果的にそれが裏目にでたのは、大変に残念なことでした。

メルケル首相ほどの人でもどうしても流れを変えることができなかった、きっとこれがいつか私達の歴史になるんでしょうね。
今からはもう私のような無力なただの理想論者は、歴史の傍観者になる他はなさそうです。

コメント

No title

日本では報道されない、非常に興味深い重要な情報です。ありがとうございます。
小数点の使い方がドイツ式ですね。
2016-01-20 15:45 | #- | URL [ 編集 ]

No title

小数点の使い方、すみません、わざわざドイツ的にしたわけではなくて、うっかり間違えて変換してしまいました。
今では日本でもたいていの事は報道されていますので、なるべく日本では報道されていないことを、ここでお知らせできるように頑張っていきますので、又たまに覗きにきていただけると嬉しいです。
2016-01-20 18:40 | マルゴママ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/399-5ec58ef2

 | ホーム |  page top