カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

長男 運転開始

午前中に運転免許が取れてその後学校へ行った長男ですが夕方
私はガソリンスタンドへ行きたかったので、早速運転させてみることにしました。

次男にも一緒に来るか聞いたら冷たい次男には断られ
三男は私が連れていきたくなくて、結局私一人が同乗しました。
(免許証のある両親の同乗は、本免許まで必要)

発車から私は怖かったんですが、これは大丈夫で村を抜け国道へ。
国道といっても田舎なんで、車が溢れるような怖い道路ではないものの
夕方で以外にも車が多かったんですが、うちから4kmのガソリンスタンドには
無事簡単に着きました。
ところがガソリンスタンドから国道へ出る時に、3度くらいエンストしてしまい
後ろの車がイライラしていないかと本当に心配でした。
ただの道路でこれなんで坂道発進や、あるいはちょっと大きな街なんて
行こうものなら同乗する私はめちゃ怖いです。
初心者の運転、しかも自分の子供の場合は、心配の度合いも強くなり
いやなもんですね。
3年後は次男、その次は三男もあるので、まだあと2回もこんなことをしなければ
いけないのかと思うと、少々気が重くなりますが、まずは長男の車に皆が
安心して乗ることができるよう、これから村で大特訓、そして街へも行き、
その後はついにアウトバ-ンですが、このときは次男・三男の同乗は
絶対させないです。長男だけでも怖いのに、これにあと弟たちまで乗っていたら
心配のあまり寿命が縮まる気分になることでしょう。
18歳になるまであと10ヶ月弱あるので、みっちり練習させて、
とにかく本免許一人運転デビュ-に備えるつもりです。

子供の成長は嬉しいけれど、同時に怖さも感じる子供の初めての運転でした。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/366-92e5cdc2

 | ホーム |  page top