カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

2015年ノーベル物理学賞   梶田隆章教授

昨日に続き、今日は東京大宇宙線研究所の梶田隆章教授が
2015年度のノーベル物理学賞の栄誉に輝かれました。

素粒子ニュートリノの質量発見を発見された功績ということですが
昨年の赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏に次いで2年連続の受賞で
物理学賞では計11人目の日本人受賞者ということで、日本の物理学の
強さを確認させられます。

2002年にノーベル物理学賞を受賞された小柴 昌俊東京大学特別栄誉教授の
(ちなみに小柴教授は1985年 にドイツ電子シンクロトロン研究所 (DESY) における業績により
ドイツ連邦共和国から「ドイツ大功労十字章」も受賞されておられます)
愛弟子でいらしたそうで、小柴先生も弟子が後をついでくれて嬉しい、と
TVのインタビュ-で語っていられました。

私もこれからここしばらくは、ここドイツでノ-ベル賞の話題を積極的に出して、
研究者の多いこの町で、日本を自慢して歩くことができます。
日本をとても誇りに思え、とても嬉しいでです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/353-554561f5

 | ホーム |  page top