カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

「それは私の国ではない」 メルケル首相

ところで国際色豊かなママ友会でしたが、
本当は一番聞きたかったシリア難民問題は逆に
国際色豊かなために、お互いにつっこんで聞くことが
できませんでした。

ドイツ受け入れ80万人を褒め称えれば、5万人しか
受け入れる予定のないフランスはどうした、という話になりますし、
そもそも難民に催涙ガスをかけて追い出そうとしているハンガリ-人、
大規模な受け入れに反対デモのポ-ランド人を目の前にして、
その上イスラム教徒のインドネシア人のお友達もいた状態では
でもこれはイスラム社会の問題だなんて誰かが言い出したら
大討論になるのは目に見えていましたから。。
本当は皆がどう考えているのか興味津々だったんですが
短い時間に大議論もしたくなかったので、仕方なく
「日本はそもそも移民を受け入れるのは無理そう」と
自分の国の状況をちらっと言うのに留まりました。

でも先週のメルケル首相の声明には正直感動しました。
難民を大量に受け入れる原因を作ったと批判された彼女が
「緊急事態に難民に優しくしたことを謝罪すべきだというなら、
それは私の国ではない」と本来物静かな彼女が声をあらげて
反論したのだそうですが、長年の ドイツ=第2時世界大戦悪者の汚名 は
彼女の今回の勇気ある行動で全て払拭された感があります。
個人的に言えば、色々考えるにつけ私の中でドイツの株はかなりあがりました。

ドイツ人は普段かなり質素な生活にするよう努めている国民性なんですが
なので彼らの一番よく使う言葉は「高すぎる」で
とにかくまずは「節約は美徳」と教育されている風潮があります。
日本人の一番好きな言葉「わぁ、これ安い~」とまるで反対です。
家の中に物を置くのが嫌いなため、基本的に消費することを嫌悪していて、
「人生の半分は整理整頓」という教訓を守り、どのお宅へお邪魔しても
すっきりしたモデルル-ムのような部屋に通されるのが普通です。
その上掃除好きなドイツ人なので掃除も行き届いていて
たくさんある大きい窓ももちろんいつでもピカピカです。
隣のフランス人やベルギ-人がおいしいものを食べているのを横目で見ながら
夕食はもう何百年(?)も冷たいパンとハム・チーズの生活をして、自分では質素な生活を
貫き、隣人が困ったときには惜しみなく手を差し伸べるとは一体どういう崇高な
精神構造なんでしょう。
その上、システマティックなことが好きな彼らなんで、難民受け入れの制度も
大変よくできていて、大混乱することもなく大量の移民を受け入れることが
できるという、理想郷を絵に描いたような世界でただひとつの大国なんではないかと
最近思えてきたほどです。。。。

それで子供達にもドイツの素晴らしさを語っていたら、次男がポツリと
「でも低級な階層は外国人よりドイツ人の方が多いと思う」と言い
びっくりして長男と主人にも確かめたら、主人でさえも
「トルコ人は家族を大切にするから犯罪に走らない、どちらかといえば
ドイツ人の犯罪者のほうが問題」とのことで、孤児院のように親に
捨てられた子供は圧倒的にドイツ人の子供が多いそうですし、
ドイツ人といってもみんながみんなメルケルさんのような素晴らしい方
ばかりではないのは当然のことではありますが。。。

でもとにかく彼女とついでにドイツの大ファンになった私は、ドイツ人の悪口を
言うときに長年言い続けてきた「ドイツ人はまずいものばかり食べている
貧しい人達」と言うひどい言葉は、今後一切言うまいと決めました。
質実剛健のこの姿勢、見習いたいものです。
Angela-Merkel-008.jpg
メルケルさんは、いつも色々な表情を見せてくれるとてもチャーミングな女性です。
またこんな風に反論できる彼女の強さに感服です。



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/345-fcd7aef1

 | ホーム |  page top