カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

ハロウィ-ンの夜

121031 008
昨日は、ここドイツでもハロウィーンでした。
ドイツ人は、「ハロウイーンなんてアメリカ人の馬鹿みたいなお祭り、
私達はしないわ」という感じでしたが、この7年くらいうちの村の子供達の
間で流行り始めました。
121031 009
長男、次男は小さいときにもうしたので充分だったのですが、
昨夜は三男がどうしても自分もしたいと、ハロウーィン・デビュー(?)でした。
121031 011
「トリック・オア・トリート „Trick or treat“ (お菓子をくれないと悪戯するよ)」の
ドイツ語バ-ジョン「 ズ-セス・オ-ダ-・ザウレス „Süßes oder Saures“ 」を唱え
お菓子をゲットしたところです。
121031 021
しかし、なんといってもすごかったのがこの家。
121031 015
前側の庭にはハロウィ-ンらしい演出の品の数々…
かぼちゃに墓石、窓には蜘蛛の巣…etc…etc。
121031 014
この黒い墓石からは、なんと音楽と煙まで出てくる凝りよう…。
121031 017
なんといっても入り口のデコレ-ションも怖かったですが、
子供にはかわいいラップで包んだお菓子をくれました。
お金と手間をかけて、他の人のためにハロウィ-ンム-ド作りをする上、
かわいいお菓子まで子供たちにくれるなんて
なんて、良い人達なんでしょう…。
121031 028
その後、サッカ-のトレ-ニングを終えて帰宅した、
長男と次男を近くの駅まで迎えに行ってきました。
かぼちゃのお面で待っている三男も、こうやって見ると結構こわいんですが…。

でもとにかく、三男には大満足のハロウーィン・デビューの一日でした。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/32-ea5239bb

 | ホーム |  page top