カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

フランス人の面白いところ



引き続き、今日もフランスのことを。
偶然フランスのびっくりニュ-スを見つけてしまいました。

その名も「パリのセ-ヌに跳びながら渡るトランポリンができるかも!」
というものでした。

「建築家グループのAZCが構想中で、空気で膨らむPVC製の管材料に3つの巨大な
トランポリンを連結する構造で、安全性とエンターテインメント性を兼ねそろえています。
トランポリンの部分は編み状になっているため、水面が見えてスリルと解放感が
味わえるのではないでしょうか。もし実際に設置されることがあればパリの新しい
観光名所になること間違いなしです。」
(http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1210/20/news009.html)



とのことで、この記事によると
「ぴょーんぴょーん。無性にトランポリンで飛び跳ねたくなるときありませんか? 
パリのセーヌ川にトランポリンの橋がかかるかもしれません。ぴょんぴょん
飛び跳ねながら渡れば、ちょっと気分が晴れなくても渡り終えるころにはニコニコ
しちゃうんじゃないでしょうか。」
ということなんですが、うーん、確かに子供には楽しそうです…。


記事には「なんて夢のあるプロジェクトでしょうか。オシャレ!」と書いて
ありますがそう書くより他にコメントがなさそうですね。
斬新すぎてさすがフランスという感じがしました。

フランス人て面白いです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/30-cb6d9914

 | ホーム |  page top