カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
172位
アクセスランキングを見る>>

犬嫌いのイスラム人 その2 

わんちゃんの件でブログに載せたことを友人に確認したところ
少々犬の話で誤解があるようだと詳しい話を教えてもらいました。
なので前回のイスラム教徒と犬のお話を訂正させてもらうと、
ただ犬を飼っているということで「犬を殺してしまえば」と
言われるわけではなく、彼女のわんちゃんが高齢でそのために、
世話や介護に追われている状態を聞いてのことなんだそうで、
旅行やお出かけもわんちゃんの容態にあわせて、ということで
自由にならないという点が、どうしても理解してもらえなく、
そういった返答をされてしまうとのことなんです。
しかもわんちゃんが高齢で散歩へも行けないということを聞くと
今度は本来犬好きの(イメ-ジの)ドイツ人、フランス人も
こちらはこちらで違う視点から同じ言葉を彼女に投げかけるそうで、
これはまた違う意味で彼女は悲しかったそうです。
家族同様のわんちゃんを高齢という理由で安楽死させることを、
よその人に勧められるのは誰だって我慢ならないのは当然だと思います。

うちの村ではたくさんの人が犬を飼っていますが、確かに
「安楽死」の例は今まで何度か聞いたことがありましたが、
彼女に指摘されるまで、ドイツ人のそんな一面は気づきませんでした。
ただ彼女自身も言うように、欧米では人間の「尊厳死」を認める国も
出始めているので(スイス、フランス、ベネルックス三カ国とアメリカの
いくつかの州、ドイツはまだですが)、
喜びもないまま生き続けるのが本人のためにいいのか、という思想が
あってのことのようですが、飼い主の彼女がわんちゃんに生きていて欲しい、
死なないで、と思うなら、それはわんちゃんにとって生き続けることの
喜びかもしれないですよね。
そんなこと赤の他人にはどの道わからないことなので、ドイツ人も
余計なところでおせっかいを焼かずに、そうっとしてあげてほしいです。

あとこれも彼女が教えてくれたんですが、イスラム教徒でも
わんちゃん好きで飼っていてもそれを他の人には言えないので、
散歩をさせないだけで、実際は家で飼われているケ-スもあるようで、
なので最近イスラム圏のどこかの国では犬を飼うこと禁止令が
法律で決められたようだとのことでした。
イスラム教で「犬は不浄のもの」というのは本当のようです。

それでインタ-ネットで少し調べたんですが、イスラム教では
死者を焼いて弔ってはいけないそうで、その昔にご飯をもらえない犬が
何を食べるかといえばそれはずばり人間の遺体だったなのではないか-
人間の遺体を食べるから不浄といわれている、という説がどうもあるようで
なんだかこの説は背景を想像すると胸苦しい気分になります。
死体しか食べ物のないわんちゃんて、可哀想すぎますが
でも昔、昔のその昔はイスラム圏だけではなく、どこの国でもそんなことが
あったのかもしれません。。。。
人間だって飢えて死んでいくのが普通だった時代があったわけですから。

ただ犬の伝染病や狂犬病が多かったのため、あるいは、預言者モハメッドが
猫好きで犬嫌いだったから、という理由で゛犬は不浄゛説が有力だと、
私としてはそちらの方を一般的な説と強く信じたいです。

全ての生き物の殺生はしないという訓えこそ本当の宗教なのじゃないかと
思ってしまいますが、かといってベジタリアンになる根性はない私なので
罪深いのはかわらないのでしょうね。

世界は広く、宗教の道は険しいです。
この宗教観の行き違いをどうしたら埋めていくことができるのか、
誰にも解決できないのでしょうか。
神様、そのためにこそあなたはいらっしゃるのではないですか?
と、世界三大宗教の唯一にして絶対神であられる神様に聞いてみたいものです。
ユダヤ教・キリスト教・イスラム教徒はいつでもあなたのために
(本当はあなたの名前を名前を使って ですが)戦ってきたんですよ、
こんな戦いばかりで神様としてはこれは良いことと
本当にお考えなんでしょうか?
その上、この三大宗教の神様が実は同じ神様であると考えるとますます、
なぜ同じ神様のために戦わなければならないのと、疑問に思うのは
私が日本人だからなのでしょうか。
神様、あなたもこんなことを本当に望んでいらしたんですか?
なんてこんなことを考える私は多分天国へは行けないんで、この唯一絶対神の
神様にはお会いできないので、この答えを聞くことはできないことでしょう。
残念です。

この三大宗教の神様が同じ神様だということを、実は知らない人が今まで
欧米人にも結構いて、私的にはびっくりしたことがあります。
でも知らなくてもホントは仕方ないかもしれません、だって同じ神様を軸に
宗教の違いで争っているなんて常識的にはそのほうが全然ピンとこないですよね。

八百万の信仰が基本的にある日本人の私には、ますます理解しがたい
この唯一絶対神さまです。。。





コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/275-4863592c

 | ホーム |  page top