カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

15歳の父と母

「15歳のカップルに赤ちゃん誕生」のニュ-スは
たくさんの子供たちがすでにその話を知っている上、
火曜日にはお父さんになった彼が所属しているサッカ-チ-ムの
子供たちへも正式に伝達があったということで
(ちなみに彼のお父さんはチ-ムの監督さん)
これは直接聞くしかないと思い、うちの三男がそこのお宅へ
遊びに行ったついでに、彼のお母さんに尋ねてみました。

「噂聞いたんだけれど…」と恐る恐る切り出すと
「そうなの、私おばあちゃんになっちゃった」ととても爽やかに
答えてくれて、゛さすが欧米人!゛とこんなところでも感心してしまいました。

話を聞けば月曜日に赤ちゃんが生まれてはじめて、両親は全てを
知ったそうで、パパになった少年自身も3月にはじめてその事実を知ったそうです。
ママになった少女は実は長年自分の妊娠には気づいていなかったようで
気づいた時にはもうどうしようもできない程大きくなっていたということだった
そうですが、彼女の両親なり、あるいは友達なりは気がついていなかったのか
どうか、また、年中彼の家にも遊びにきていたでしょうに、少年の両親も
その日まで全く気がつかなかったとは本当に驚きです。
だから赤ちゃん誕生を知らされた月曜日はそれは腰を抜かすばかりに
仰天だったそうなんですが、数日で覚悟を決めたらしく、少年の家と少女の家で
替わりばんこに赤ちゃんの面倒をみることにしたそうです。

もともと子供好きの両親なので、4人の子供にもう一人子供が加わっても
あの一家なら、なんとか乗り越えていけそうな気もしますし
今回生まれた赤ちゃんも、兄弟たくさんの末っ子のような気持ちで
育っていけそうです。なんといっても4人目のお嬢さんですら現在3歳の
幼児なんで、きっと2人は仲の良い姉妹のように成長していくだろうと思われます。
末のお嬢さんも今回妹ができたようなもので、本当は男兄弟しかいなかった
彼女にとってはそれはそれで意外に良いことだったのではないでしょうか。

こんな風に簡単に考えれば、以外に簡単に対処できそうな
大事件ではありました。しかも何事にもオープンな(悪く言うなら
あまり恥を感じない)ドイツ文化なので、こんなことで本人も一家も肩身の狭い
思いをすることもなく、おじいちゃん、おばあちゃん(とは言っても双方
まだ30代ですが)がしっかり面倒をみてくれればなんの問題もなさそうですし
とにかくこんな幸せな家族に生まれてきたのは赤ちゃんにとってラッキ-なことでした。
ドイツは住宅環境も恵まれているし、学校は大学までほぼ無料ですから、例え
子沢山でもなんとか節約すればやっていけるでしょう。ただその少年はやはり高校を
卒業したら、両親の庇護を離れ自分の力で妻子を養うために
働きに行くのがスジだろうとはおもいますが。。。

ところでこの2人は12歳から交際をはじめ、来年16歳になったあかつきには
結婚するそうで、長男の仲間うち(全員昔はその少年と同じサッカ-チ-ムでした)では
「12歳からこんなに長い間一緒にいられるのは本当の恋(愛)なんだろうな」と
感心されているそうで、周りの目も2人の若いパパとママに優しいようです。

その上少年のママは三人息子で、女の子がどうしても欲しくて4人目に
女の子が生まれ大喜びでしたが、幸いにして今回の初孫も女の子なので
その点は嬉しかったようで、
「女の子でよかったわ、今は2人の娘よ」と言っていました。
娘が欲しかった気持ちでは誰にも負けない私なので
その気持ちはすごく理解できて、少しうらやましくなったほどでした。

でも自分の息子にこんなことがあれば、大学進学はあきらめさせることになり
その点では困るでしょうから、私自身の女の子の初孫誕生までは
あと10年は待ちたいと思います。
その時には私自身も本当におばあちゃんになっているでしょうしね。
30代でおばあちゃんは少し早すぎですね。
でもそのかわりバリバリ孫の世話ができそうですけれどね。

まだ幼い2人のカップルと赤ちゃんと、その一家の幸せを祈って。。。。


コメント

めざせギネス

マルゴママさん 

すごい若いパパママですね。こうなったら金婚式まで添い遂げ、さらに長寿を成し遂げ、世界最長カップルになってほしいものです。ところで、ギネスに載ると、有名になる以外に何かよいことがあるのでしょうか。賞金をもらえるとか。

2014-05-15 10:16 | ちゃいな #- | URL [ 編集 ]

イギリスで12歳の男の子と15歳の女の子が
赤ちゃんを産んだとニュ-スになったそうですが
申し訳ないけれど、12歳のパパはさすがに有得ないと
思いました。幼児が赤ちゃんを産んだような違和感を
感じてしまいました。
2014-05-15 12:14 | マルゴママ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/220-fd6a9d34

 | ホーム |  page top