カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
707位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
186位
アクセスランキングを見る>>

ドイツ小学校入学の話

最近日本からこの町に越してきたご家族なんですが
上のお嬢さんが小学校の2年生に入学することになり
うちの三男と同じクラスにしてもらいました。
かわいらしくていかにも利発な、しっかりしたお嬢さんに
1つ年下のうちの三男はとても喜んでいたんですが
今週またもや思いもかけない展開になりました。

今年の夏から、入学予定だった次女のお嬢さんも
急遽、同じクラスに入学できることになったんです。
本来であればあと3ヶ月幼稚園に通って、というのが順当だったんですが
幼稚園の先生が、あと3ヶ月幼稚園に通うくらいなら、
友達を作るにしても短いし、あまり意味はないかもしれないから
いっそ今から小学校へ入学してそちらで慣れた方が良いのでは、という
意見をいただき、ご家族も「では是非」ということで、小学校側に打診した結果
とんとん拍子に決まってしまいました。

ドイツのこんな柔軟さは私はけっこういつもすごいな、と思います。

人によって何が大切かを考えて対応してくれることが、教育の基本にあるのは
本来当然のことだと思うのですが、理想と現実はそうそううまく折り合いを
つけることができない、というのも現実ですよね。

先週の月曜日からお姉ちゃんが、そして昨日から妹のお嬢さんが
1週間遅れでお姉ちゃんと同じクラスに入学することができました。
(うちの小学校は1、2年生は同じクラスです。)

この先何があるかまだまだわかりませんが、このお嬢さん方にとって
本当に良かった、楽しかったと、いつかそんな風に思ってもらえるなら
嬉しいですね。

希望を言えばできる限り善処してくれるドイツ、結構こんなところが好きです。
でも約15年ドイツに住んでこんな経験は初めてだったので、なかなか
まだまだドイツも奥が深いと改めて認識しました。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/217-fc5e9bc2

 | ホーム |  page top