プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

灯篭が静かに流れていくブログパーツ
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

日本からのサッカ-チ-ムとの親善試合

うちの長男は昨日は2回試合がありました。
140323 027
午前中はリ-グ戦で、彼もゴ-ルして
3対1で勝ちました。
140323 051
それで夕方は、本人も私も、そして観戦だけの次男も
この数日心待ちにしていた、日本からのお客さんチ-ムとの
親善試合でした。
140323 058
愛知県からのU15チ-ムのお子さん達で
うちのクラブからは、U16~U14からの15名くらいの
混合チ-ムで試合に挑みました。
5対1で勝ってしまいました。
私は同じ日本人として、わざわざ遠い日本から来た彼らに
勝たしてあげたればいいのに、と思っていました。
でもうちはU16のメンバ-も多かったですし、その中でも1軍から1番くらいに
上手な2人が試合に参加していたので、仕方なかった感はありましたが、
少し残念でした。

しかしながら観戦していたドイツ人のお母さんがびっくりして私に
聞きました。
「この遠征費用はどのくらいかかるのかしら、日本人の親御さんたちは
本当にすごいわね、一生懸命働いたお金を全部子供の教育のために
使うのでしょう?」と。
私もそれに関しては同感以外の何ものもなく、日本人の豊かさには
いつも驚かされているので、本当にその通り、と答えるしかなかったです。

試合を見ている途中、ふと、今日はなんだかやけに試合中の
指示が驚くほど明確にわかるな、私のドイツ語もついに少しは
上達したのかしら、などと思い、よく気をつけて聴けば、
日本語の指示でした。100%理解できるのも当然です。
140323 091
たくさんの日本人の子供達とお話もでき、日本へ一瞬帰国できたような
不思議な気分を味わえた、なんだか夢のような数時間でした。

長男は試合後も名残惜しそうに、サッカ-場をあとにしました。
きっと誰かとお友達になりたかったんでしょうね。
第2の故郷が少し恋しくなった長男でした。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック