プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

16歳になるということ

昨日こんなお知らせが学校から来ました。
140123 001
長男は現在、10年生(ギムナジウム5年から12年生までの間の
最後の10年生から12年生までの3年間)になるんですが
1月の最後の日になんだか上級学年生だけのパ-ティがあるそうなんです。
それでお知らせには

・ パ-ティは夜中の12時までかかること。
・ ビールやゼクト(ドイツシャンペンのこと)が提供されるということ

などが書かれていました。

ドイツの法律では16歳になると、ビ-ルを飲んでよろしい(親同伴なら)という
決まりがあり、8月生まれのうちの子は、1月のその日はまだ15歳、
みんながお酒も飲めて楽しい時に(半分以上の子はもう16歳)、かわいそうなことだ、
と思っていたら、息子曰く
「これに両親がサインすれば15歳でも飲めるんだよ」ということでした。

あと半年ほどで16歳になる彼が、今飲まなくてどんな意味があるんだろう、と
もちろんサインしてあげましたが、法律にはめちゃくちゃ厳しそうなドイツなのかと
思っていたら、こんな抜け道があるのには驚きました。
しかも学校がこんな許可申請用紙をわざわざ作ってくれるとは
なんてよく気がきいていること!!!
さすが人生エンジョイ最優先主義のヨ-ロッパ(の一員ドイツ)!! と思いました。

ドイツでは16歳は特別な年齢のようで、長男の友達はぞくぞくと16歳に
なっていっている今、みんなそれぞれ大誕生パ-ティをしているようです。
最近、長男が誕生パ-ティに呼ばれると、たいていは朝方までのようで
朝方先方の両親、あるいは兄弟に送ってもらって帰宅します。
そのままお泊りということもありますが。

また16歳はカトリックで大切な堅信式がある年でもあります。
うちの長男も4月にその儀式があります。

それから田舎なのにさすがヨ-ロッパ(その上おしゃれなおフランスとかではなくて
ドンくさいドイツなのに)!! と最近感心したのが
2月から、長男は学校でワルツの講習会が3ヶ月間あるということで
参加希望者はそれぞれみんなパ-トナ-を見つけて、申し込むように
お知らせがきたことでした。
日ごろ日本男児の長男も、さっさとパ-トナ-の女の子を見つけて、
申し込んでいました。
講習は3ヶ月間ということで、毎週1回練習すれば大人になった時
パ-ティで困らないくらいにはなるといいです。

実は私は自慢ではありませんが、ヨ-ロッパ人の主人よりも
ワルツが上手でしたが(最近は忘れてしまいました)
主人の両親はとっても上手で、2人は若かりし頃イギリスの大会で
優勝したこともあるんだそうで、私も結婚したころは、主人の両親宅へ行くと
4人でワルツを踊ったものです。
子供たちにもディスコダンスだけではなく、伝統的なワルツも継承していって
ほしいです。古きよき時代の美しい文化を守っていく努力を
学校がしてくれているようで嬉しくなりました。
Walzer.jpg
デビュタント・ボール(舞踏会)- これは上流階級の方達のものですがー
本当に素敵ですね。うっとりです。。。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック