カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

ユ-リッヒ総合研究センタ-の公開日

130929 029
日曜日はうちの村近郊の研究所の公開日でした。
130929 031
そもそもうちの村はもちろん、町も村を多少大きくしたような町で
本当になんにもないド田舎なんですが、
町が誇る唯一のもの(他にも砂糖工場も有名です)が
ドイツ国内でも先端の技術を保持していると言われている
研究所の一つがここユ-リッヒ総合研究所です。
130929 083
世界中から4千人の科学者(研究者)が働いていて、ものすごくインタ-ナショナルなので
ドイツとはいえ、ここでは共通言語は主に英語のようです。
ドイツ語は例えば2年だけしか滞在しない研究者の人にとっては、重荷でしょう。
そもそも論文はほとんど英語で書くわけですし、研究者の方は皆さんもともと
英語はできるので、そこまで無理してドイツ語を勉強する必要もなさそうです。
130929 146
普通ここは一般人は入ることはできないため、今日のような公開日は
ケルンやボン、あるいはデュッセルドルフの方からもたくさんの見学者で
バスはほぼ5分おきに稼動、その上満員で、一瞬ここは東京かしら、
ドイツの超田舎村とは信じられないわ、とマジで思ったほどです。
130929 084
敷地内には売店のブ-スが並び
130929 093
典型的なドイツのソ-セ-ジが売っているグリルスタンドや
130929 092
これもまた今やドイツでは定番のトルコの暖かいおいしい薄切り肉と
サラダがたっぷり入ったサンドイッチ(?)ドュナ-の売店
130929 081
そして今流行の中国風アジア小料理屋さんは一番人気で
130929 088
みんな焼きそばや春巻きを買ってました。
130929 089
ベビ-カ-をひいているご夫婦が食べているのが焼きそばで
アメリカみたいに紙の箱に入って焼きそばがでてきます。
130929 082
子供のためにはドイツのお祭りでは定番のHARIBOの秤売りの売店
130929 085
アイスや他にはクレ-プ屋さん、パン屋さん、ス-プだけのスープ専門屋台も
ありましたが、ほとんどの出店は白いブ-スに統一されていて、とてもきれいでした。
130929 036
長男、次男は学園祭だったので、三男だけ連れていき
130929 037
分子の構造がわかる部屋で遊び
130929 049
ゲ-ムキャッチャ-のようなものでも遊ばせてもらいました。
原子力の核を操作するために、離れた場所から機械で操作するための
練習するためのものだそうで、
130929 054
中はこんな感じで
130929 064
今回は、お子様用に反対側のブロックを積んでいくゲ-ムでした。
130929 077
上手にできた子供にはぬいぐるみももらえ、まさにUFOゲ-ムキャッチャ-
そのものでした。三男はすごく上手に早くできてびっくりでした。
130929 094
とにかく色々な場所を見学しようと
130929 100
建物の中に入りましたが、私と三男にはわからないものばかりでした。
130929 104
皆が喜んでみていたのは、このグルグル回る金属や
130929 116
昔風なフレスコが置いてあるなにかの実験室や
130929 124
ガラス作りの実演でした。
130929 128
こんなわかりやすいものが好きなのは私だけではないようで
こういった場所は、たくさんの人だかりでした。
130929 133
この研究所にはドイツ最大にして最速のコンピュ-タ-がありますが
上のガラス越しに見られるだけで、見てそれほど面白いと言うわけでもなく
今回は時間がなかったので、見学しませんでした。
130929 140
まだお子様な三男を連れてはこちらの消防団の方がまだ面白そうでした。
130929 141
研究所常設の消防隊です。
色々な実験が行われている研究所ではたまにボヤ騒ぎがあるようです。

この後、長男・次男の学園祭へと向かうために
駆け足での見学となりましたが将来科学者希望(と今のところ
自分では言っていますが…)の三男は充分楽しかったようです。


さて研究所が誇るス-パ-コンピュ-タ-ですが、インタ-ネットで
調べてみたらこんな記事を見つけました。

スーパーコンピューター最新世界ランキングにて、
ユーリッヒ研究センターのスーパーコンピューターが民生部門で一位になったとの報告を受けた
ピンクヴァルトNRW(ノルトライン・ベストファ-レン)州イノベーション大臣は、
「これはユーリッヒ研究センターの偉大な成果を示すものであり、
また、NRW州全体にとっての朗報となった。シミュレーションという研究分野の
第三の柱が益々重要となる中、スーパーコンピューターがNRW州の研究環境を
さらに改善する役割を担うことになる」と述べた。ユーリッヒ研究センターの
スーパーコンピューター(JUGENE)は軍事部門を合わせた総合で世界第二位となり、
ヨーロッパでは他を大きく引き離して欧州最速という結果を出している。ピンクヴァルト
NRW州イノベーション大臣は、「NRW州はヨーロッパにおけるスーパーコンピューターの
中心拠点の立ち上げで先を走っている」と語った。

ユーリッヒ研究センターの持つ高い演算能力と高い研究能力は、
NRW州に多くの実利をもたらしている。例えば、今年始め、アーヘン工科大学と
ユーリッヒ研究センターは今年始め、合同でジャーマンリサーチスクール・
シミュレーションサイエンスを創設したが、ここでドイツ最強のコンピューター研究員の
養成が行われる。また、ユーリッヒ研究センターとアーヘン工科大学はシミュレーション
研究に重点を置いた共同研究「ユーリッヒ・アーヘンリサーチアライアンス(JARA)」を
実施している。その他、ボッフム・ルール大学では新素材研究所(ICAMS)のような
最先端技術研究所や、NRW州インダストリーバイオテクノロジー・クラスター(CLIB)の
ようなネットワークも形成されており、これらはユーリッヒ研究センターのスーパー
コンピューターなくしては実現し得なかったと思われる。

ユーリッヒ研究センターは、この新しいスーパーコンピューター技術をドイツで始めて
IBM社と共同で実現した。ユーリッヒ研究センターのProf.バヒェム所長とピンクヴァルト
NRW州イノベーション大臣は春にアメリカを訪問し、共同開発の契約に調印した。
ユーリッヒ研究センターのスーパーコンピューターは毎秒167兆の演算能力を持つ。
スーパーコンピューターへの約1500万ユーロという投資額の内、NRW州が580万ユーロの
補助を行い、その他は連邦と大学外の研究機関の連合組織であるヘルムホルツ協会が
助成した。

http://www.nrw.co.jp/data/newsletters/2007/0712.html#02_01 より

これはでも2007年の話なので、少し古い話なのかもしれません。
でも何もない町で唯一誇れるのがこの研究所という理由を少しでも
ご理解いただけそうな記事かな、と思います。


ちなみに2013年現在のスパコンランキングはこちらです。
どうやら世界中がしのぎを削って開発中のようです。

順位 名前   国    速度(Gflops)   全メモリー量(GB)
(GB)
1 Tianhe-2   China    33862700    1,024,000
2 Titan      USA    17590000     710,144
3 Sequoia    USA     17173224    1,572,864
4 京        日本   10510000     1,410,048
5 Mira       USA     8586612     ー
6 Stampede    USA    5168110     192,192
7 JUQUEEN   Germany   5008857    458,752
8 Vulcan     USA      4293306     393,216
9 SuperMUC   Germany   2897000      ー
10 Tianhe-1A   China    2566000     229,376
 (表 世界ランク10位までのスパコンのメモリー量の比較)


うちの研究所のスパコンは現在ランキング7位だそうで、日本の京はなんと4位、
どちらもかつての栄光を取り戻すべく1位の座を目指し、頑張ってほしいものです。
…と研究の毛の字もわからない私に言われる筋合いはないですね。。。
失礼しました。。。。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/131-5fd59296

 | ホーム |  page top