カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

ア-ヘン工科大学(Aachen/RWTH)

130904 013
知り合いの大学の講義を、長男と見学してきました。

ア-ヘン工科大学は、

理学部(数学科・情報学科・物理学科・化学科・生物学科)
建築学部
土木工学部
機械工学部
資源材料工学部(資源工学科・材料工学科・地理学科)
電気情報工学部
教養学部
経営学部
医学部

主に理系で9学部があり、260研究室、学士・修士130コース、
在籍教授496名、学生37,917人の規模を誇るそうです。

1870年創立で、2007年にはドイツを代表するエリ-ト大学に
選ばれたドイツを代表する名門大学だそうです(一応…)。

ドイツではイギリスやフランスのようなエリ-ト大学(グラン・エコ-ルや
オックスフォ-ド大学やあるいはアメリカのハ-バ-ド大学)という
観念は長年必要なかったようで、大学は一様に同じもの、と考えられてきたようなんですが
現在ドイツ国内にはエリ-ト大学と認定された大学が全部で9つあります。

フライブルグ大学、ハイデルベルグ大学、ミュンヘン大学、ミュンヘン工科大学、
ベルリン自由大学、ゲッティンゲン大学、コンスタンツ大学、カ-ルスル-エ工科大学、
そしてアーヘン工科大学で、ドイツ九大エリート大学(TU9)と認定されています。

RWTH(Rheinisch-Westfälische Technische Hochschule Aachen)と
通常は呼ばれていて、そのドイツ語での名称の中にUniversität(英 University)と
いう単語がないのが私には長年不思議でした。
それで知り合いのある年配の卒業生の方にお聞きしたところ
Universität(University)はそもそも外来語で、自分達の伝統を
誇りに感じていた古い大学のひとつだったア-ヘン工科大学は
昔ながらの、大学を呼び名である Hochschule(高学校)という
名前を捨てたくなかったんだそうです。
でも最近では外国向けに、Universität を使ったりもしているようです。
…じゃないと近隣のヨ-ロッパの人たちはともかく、日本人や中国人などなど
私達東洋系の学生には高学校とはなんのことやら、と思われる可能性もあることでしょう。

それでこの大学、規模がとても大きくてキャンパスは1箇所ではありません。
学舎はアーヘンの街中にもありますが、アーヘン大学病院や一部研究所をはじめ
町の西部周辺部にもキャンパスがいくつもあり、学舎は大小あわせて
100棟はありそうないきおいです。
しかも現在まだ新しいキャンパスも建設中で、一体数年後には
どのくらいのジャンボ大学になっていることでしょうか。

130904 020
昨日私が入った建物はこんな感じでしたが

rw3.jpg
近代的なこんな学舎もありますし

rw4.jpg
ちなみにこれは大学病院で巨大です。

rw5.jpg
昔ながらの古い学舎の横には

rw6.jpg
こんなおしゃれっぽい形の学舎が隣接していて

rw2.jpg
古きよき伝統を保ちながらも、最新の研究を目指していこうという
心意気が感じられます。。。

130904 027
自然の緑にも囲まれ

130904 041
こじゃれたレストラン

130904 031
学生のためにはすごくモダンな広い(その上無料の)スポ-ツジムまで完備していて
いたれりつくせりなんです。

うちからは一番近場の大学でもあり
長男が3年後にここの大学に入学したいという希望を持ってくれたらいいな、と
そういう魂胆もあり見学につれていった訳ですが
あいかわらず本人はスポ-ツ大学へ行きたいと思っているそうです。
だけれど、こちらは入学が大変なようなんです。
かなりの運動能力を求められるようで、入学試験は
その中でも特に水泳の試験がかなり大変なのだそうです。
ア-ヘン大学はアビトゥア(大学入試試験に該当する全国テスト)さえ
ある成績をとれば誰でも入れるようで、ただ入ってから脱落者が多いようですが
これはスポ-ツ大学も、どこの大学も同じでしょう。

真面目に勉学に打ち込んでさえくれれば親としては何を勉強してくれても
いいんですが、とりあえずは3年後のアビトゥアでまともな成績をとってほしいものですよね。
そうでなければ、そもそもどこの大学へも入れないんですから…。

次回機会があれば、ケルンのスポ-ツ大学へも見学へ行ってみようと思います。

コメント

すごいですね。さすが名門大学ですね。
2013-09-04 22:29 | きんたろう #- | URL [ 編集 ]

順調にいけば、3年後には長男もどこかの
大学生になっているはずで、なんだかでも、
今の彼を見ていると想像もつきませんが…。
大学生としてきちんとやっていけるんでしょうかね。
2013-09-05 08:49 | マルゴママ #- | URL [ 編集 ]

大丈夫ですよ。
間違いない。

2013-09-05 10:45 | モモタロウ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/124-de8bf870

 | ホーム |  page top