カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

日本語学習とスイカ煎餅

日頃、男の子しか訪ねて来ないうちの家に
今日は珍しく、12歳のお嬢さんがお客さんとしてやってきました。

2年後に日本に留学したいという大きな夢を持っている彼女は
日本語を勉強したいということで、これからうちに時々くることになりました。
今日は初めての日だったので、勉強後、一緒に海苔巻きを
食べました。おいしいと喜んでくれたんですが
日本のお煎餅と麦茶も好き-今日ははじめて食べたというのにーと
いうのには驚きました。

味のしない麦茶、甘くなくてなんだかどんなお菓子なのか理解できない
お煎餅は、外国人にそれほどウケがいい日本の食べ物ではありません。
主人の研究所の人たちは日本の共同研究しているお客さんから、とても高級な
おいしいお煎餅をおみやげにもらうと、よくそのまま私達にくれることがあります。
おいしさがわからいのだそうです…。とても残念なことですが、私やうちの子供たちに
とってはとても嬉しいことで、持ってきてくれた日本人の方には申し訳ないな、と
思いながらも、喜んでうちの家族でいただいてしまっています。。。

…つまり私が言いたかったのは、すんなりおいしいと初めから思うには
意外に難易度の高いお煎餅と麦茶を即答で好きというドイツ人の金髪の彼女、
日本で生活するにはほぼ問題なさそうだな、ということでした。

両親そろって物理学者のせいなのか、ひらがな、カタカナを書いてもらえば
文句も言わず、もくもくと書き続けーしかもきれいな字で-、学校の成績は
トップクラス、数学が得意というお嬢さんで、なんだかうちの3人ドラ息子とは
あまりに勉強に対するアプロ-チの仕方が違いすぎて、驚きました…。
育て方のせいなのか、そもそも遺伝子が違うのか…または女の子と男の子の
違いなのか、定かではありませんが、うちの次男と同じ年だというのに
もっとしっかりしていて年上に見える彼女を見て、どうしたらこんな風な
お子さんができるのか、彼女のお母さんに聞きたかったくらいです。

羨ましいですね…。
夏休み中はうちの3人ドラ息子にも、勉強させようと少し思った出来事でした。

それからすごいのは日本のお煎餅で、今回いただいたのは
スイカの形(輪きりの)だったんですが、種や皮の様子まで
お煎餅で再現している、すごく手の込んだお煎餅でした。
日本人の物作りの技術の高さは、本当に感心させられますよね。
心がこもっているものを作ろうと努力するのが、日本のすごいところなんだと
思います。進化し続けようと努力を怠らない勤勉な日本人の血が、
私や息子3人にも入っているはずなのに、怠惰な私達親子4人(主人以外)です。。。

suika.jpg
( このスイカの形を見るだけでなんだか夏っぽい気分になれますね、
  とても日本ぽい、とっても素敵なお菓子です。)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/111-7eb56a58

 | ホーム |  page top