カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

長男 選抜最後のトレ-ニング

130708 002
昨日は今シ-ズン最後の選抜トレ-ニングで
長男のU15グル-プは、夏以降、市内の選抜特別トレ-ニングは
残念なことにもう卒業です。
U15はこの1年で25人くらいに増えたんですが、そのうちの
たった2人だけが、もう一つ上の選抜チ-ム行きが確定しました。
日本語で言えば市選抜ではなく、県選抜に近いカテゴリ-になるわけで
そのうちの一人は彼のお兄さんがブンデスでプロのサッカ-選手として
活躍しています。
血は争えないということですね。

ところであれほど心配していた次男でしたが、なんということか
今回選抜から放出されずにすみました。
21人のうち、5人の子供が残留できないと申し渡されてしまったんですが
なんとうちの次男は大丈夫だったんです。
先週申し渡しがあり、それでもなんだか信じられなくて、
監督さんが「ああ、もう一人忘れていたんだが…」と言い出すのではないか
本当に半信半疑な状態だったほどです。
選抜に入れただけでもラッキ-だったうちの次男が、なんとここで
残れることにまでなり、彼ほど強運の持ち主はいないのでは、とさえ
思います。
…でも親としては本当に安心しました。
途中で辞めさせられのは、最初に選抜されないことよりももっともっと
悲しくて、子供の心に傷を残しそうな気がして、それが心配でした。
でも親の心配はよそに、「別に辞めても良かったのに」と減らず口を
叩いている、厚かましいうちの次男です。。。
130708 010
この夏からは彼も性根を入れ替えて、精進して頑張ってほしいものです。
少しは上手になろうとか、大事なのはそういう気持ちなんですから。

それにしても来年度から新しく来る、2002年度生まれの子供たちの選考方法は
けっこうハ-ドで、まず10人が選抜の確定をもらえるんですが、残りの16名は
4週間おきに1ヶ月に1回ずつ4人が順番に練習に参加して、最終決定は今年の
冬の12月なんだそうです。
確定をもらった10人以外の16名は、今から冬まで気が抜けず、なおかつ
戦って勝ち抜かなければ選抜に入れないだなんて、まだ11歳前後の子供たちに
厳しいことをするもんだな、と思いました。

もしうちの次男がその中の16名で、これから4ヶ月もその状態で頑張らなければ
ならなかったとしたら、そこで勝ち残っていけるチャンスは全くなかったことでしょう。
いかんせん、いつでもコンスタントに頑張って努力するなんてことは
更々ごめんというタイプなんで…。
1年早く生まれて、本当につくづく悪運というか、強運の持ち主だと思います。
とにもかくにもラッキ-な奴です。次男なせいですかね。。。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/102-61dfbc66

 | ホーム |  page top