カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


さくらが3Dで降るブログパーツ ver2


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
55位
アクセスランキングを見る>>

ホラ-映画より怖かった話

私は映画を見に行くのが好きなんですが、1月2月と2回隣町の映画館へ行ってきました。
今回は2回ともホラ-映画を見たんですが、1本めはスティーブン・キングによる名作「シャイニング」の続編「ドクター・スリープ」、そして先日は公開されたばかりの「ザ・ロッジ」という映画でした。
名作「シャイニング」があまりの傑作なんでどうしても続編を見たかったのですが、スタンリー・キューブリック監督と怪優ジャック・ニコルソンなしには「シャイニング」以上の傑作はなかなか作ることができないようで、ごくごく普通の感じに仕上がっていました。
悪者退治という感じのスト-リー展開で、途中目を背けたくなるような酷い場面もありましたが、全体としては「ザ・アメリカ映画!」という感じの”勧善懲悪”に仕上がっていてその点では楽しめました。

で、今回見た「ザ・ロッジ」の方は、子供2人と父親の恋人のグレ-スの3人が吹雪に閉ざされた山小屋で過ごしているうちに怪奇現象が起こり、そのうちグレ-スの様子がだんだんおかしくなっていき…というような、それこそ「シャイニング」に近い設定の話で少し楽しみにして見に行きましたが、これもまた想像を超える程の怖さはなく、今回もまた「シャイニング」程の傑作ホラ-はなかなか生まれないらしいと確認した次第でした。

しかし何が怖かったと言って、1月に行った際は、女友達と2人で行ったのですが、映画のスタ-トが夜の23時半、終わるのが2時近くという時間で映画館内に人も少なく、映画館から出てきても通りには人はいない状態でした。
車はすぐ向かいに停めていたので出てきた道では怖くなかったのですが、友人を家に送り一人で運転して家へ帰るときには、もちろん道には車は一台もなく、たまに走っている車はあるにはあるのですが、それはそれで非常に怖いのでした。
と、いうのも以前主人と真夜中に車で走っている際、私達の車を追い越して行った車のナンバ-がル-マニアナンバ-だったのですが、その際に主人が
「ル-マニアから来て犯罪をして帰り道なんではないか」と言ったことがあって、もちろん、ル-マニアからの車の全てが犯罪者ではないのですが、その運転の仕方といい、車の様子といい、確かにそんな雰囲気を感じさせる様子でした。
その際は主人がまだいたので良いですが、今回は一人ぼっち。
道路に止められて通せん坊などされたあかつきには助けてくれる人もいないこの道でどうなることでしょうか。

またその上なんということかその夜は霧まで出てきて、草原の真ん中の一本道を通った際は、ドラキュラでも出てきても全く驚かないというようなム-ドでした。
霧で見通しは悪く、事故に合うのも怖いし、ドラキュラは怖いし、道に人でも立っていたら、幽霊でも本当の人間でもどちらにしてももっと怖いし、とたった15分間くらいの道中色々なことが頭をよぎり、家にたどり着いた際には本当に心からホッとしました。

今でも思い出すと、こんな怖いエキサイティングな経験はしたことがなく、この2本のホラ-映画より怖さを楽しめた経験だったのではないかと思うにつけ、ホラ-映画より怖いのは現実の方、と確信しました。

こんな怖い経験付きの時間設定なら、映画館も考えているものだな、と思います。
実際ホラ-映画以上に楽しめた恐怖体験(実際には何もなかったわけですが)だったように思え、心のなかで「実は手に汗握る体験ができ、楽しかったかも…」と思ったりしている最近なんです。

今回は次男に無理やりつきあってもらって行ったのですが、(夜ママが一人で歩いていて危ないでしょ、何かあったらどうするの?! と脅して。 その上付き合い料とお小遣いもあげましたが)、こんなことでもないと次男と2人でどこかへ行くというようなことは滅多にないですからたまにはこれも良いな、と思いました。

楽しい2回の映画館でした!


 | ホーム |  page top