カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
49位
アクセスランキングを見る>>

長男 サッカーチーム首位争い

先日は長男サッカーチームにとって、「ここ1番!」という非常に大切な試合でした。

と、いうのもこの8部リーグのうちの長男チームは今季1度も負け試合はなく、引き分けすらない、どういうわけか全勝中というものすごい状態で、このままいけば夏からは7部昇格も夢ではないという、なんと夢と希望に満ち足りたこの数週間だったわけですが、この日は2位にぴったり張り付いてきているWというクラブとの対戦でした。

この日負けたら、うちのHクラブが勝ち点30、そしてWは勝ち点29になってしまうではないか、さあ大変だ~!!とういことだったわけで、この1試合はみんなで是非応援を!ということなのか、この1試合のためにわざわざ小冊子まで配られました。
DSC_0001.jpg
それがこちらなんですが、よくよく中まで見るとそのうちの一面がなんということかうちの長男ではないですか!
DSC_0002.jpg
こちらの左側は全てうちの長男に割かれていて、長男の写真とプロフィ-ル、好物は
「寿司とラ-メン」なんかも書かれています。

「なんであなたなの?」と聞くと長男も「知らない」と…。
「今年から入ったからkなぁ」というのですが、よくよく話を聞くと試合の後に、おじいちゃん軍団たちから
「お前が一番上手であった」と誉められたりするんだそうで、すっかり気を良くした母の私は
「そうよ~一番上手だからなんじゃない~」と勝手に決め付けて、うちの家族にはそう言って見せびらかしていました。
(真相は不明ですが)

それで私もこの寒い中、18時からの試合に行きました。
Screenshot_20191112-101145.jpg
両チーム共にここは引けないと、ものすごい激戦で、前半36分にうちのチームがゴールを決め、負傷者も何人も出る中、なんとか勝ちきり、勝ち点を33点に増やし、一方2位のWは勝ち点26点と差をつけることができました。
Screenshot_20191112-101255.jpg
この日の観客は6000人ということで、うちの長男の友達もなんだかたくさん見に来てくれていて、長男の名前で声援がよく飛んでいました。

そんな光景を見ると満更「一番上手だから冊子の一面になったのでは?」という親の欲目もあながち的外れではないのでは、と、自分の都合の良いように満足していた私でした。

それで一方うちの次男ですが、長男がこの夏までいた村のクラブに移りましたが、8試合で勝ち点は4点、つまり1回引き分け、1回勝ち試合、6試合は負け試合でした。
先週こちらも首位ではなく、反対のビリ争いで最下位チ-ムと対戦してなんとか勝ち、最下位からは逃れて良かったと思っていたのですが、1週間後順位表を見直すと、どういうわけかうちの次男のチ-ムが最下位になっているではありませんか!

どうしたことかとよく見れば、その最下位チ-ムはチ-ムを解散したようです。
さすがにうちの次男達のチ-ムにまで5対0で負けたのがショックだったのかもしれないですね。

ところで10部の最下位チ-ムで頑張っている彼らなんですが、これでもサッカ-チ-ムと言えるのでしょうかね?
最下位中の最下位ですよ。
ま、でも長男の8部リ-グもアマチュアリ-グの真ん中より下の5番目にいるわけで、アマチュアリ-グは4部かららしいので、そう考えればこちらも下から数えた方が早いですけれどね。

とにかくどこへ行っても取りあえず幸せなサッカ-人生を歩んでいる長男と、なんだかどこでも上手くいかない次男のサッカ-人生で、この2人の人生はこのようでなければ良いな、と親としては願います。
サッカ-生活がひどい分、きっと他のことで折り合いがつく次男の人生なんだろうと祈ります。

しかし寒い中試合を見に来ていたおじいちゃん軍団、風邪などひかないでいつまでも元気でいて欲しいです。
もう70年くらいはこのサッカ-場に毎週来ています、というような年季の入ったおじいちゃん軍団なんです。

 | ホーム |  page top