カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
121位
アクセスランキングを見る>>

アマチュアサッカ-選手ということ その2

先日の金曜日から今季のサッカーシーズン開幕ということで近郊のケルンではケルンが誇る世界遺産のケルン大聖堂にて、1.FCケルンのサポーター達が今季の試合の勝利祈願のため、大群でミサに参加していたらしいです。
あと、ゲームのメッセまであり、そんなことが重なりケルンの街は週末は大変な人出だったとか。

さて私は土曜日、長男の新チーム初試合を見に行きました!

チームを移って最初からスタメンになれるかどうかはわからない、と考えていたようですが、2週間前ほどのドイツ杯試合(ボロ負けでしたが)やなんやかんやの活躍が認められて、なんと最初からスタメンに!
その上、試合の結果で投票でベストプレイヤーを決めることができるインターネットサイト(プロの1部からアマチュアの11部まで誰でも投票可)では、チ-ム内ではベストプレイヤー1位と言う光栄な評価をもらい、リ-グ内16チ-ム全チ-ムから11名だけ選ばれるベストイレブンにも選出され、単純にも嬉しくなっていた母でした。

ま、8部リ-グの話なんで非常にレベルが低いところで喜んでいるわけなんですが、実はその試合の一日前に、大学の試験の結果もでまして、なんとか合格。
実はドイツでは同じ科目を3回落とすと留年すらできず退学となるんですが、このテスト長男はなんと3回目で、まさに崖っぷちでした。
その直前は、日曜日、水曜日、木曜日と州に3回も試合に出ていて、先の「アマチュアサッカ-選手ということ」を書いたころは私は内心
「長男はこれじゃあ大学辞めることになるかなぁ」とも考えていたくらいでした。
それでも、その反面こんな崖っぷちでありながら試合もきちっと出る長男を誇らしくも感じていました。
主人は、こんな大学の進級がかかっている時にサッカーの試合とは頭は大丈夫かと思っていたようですが、私はそうは思っていなかったんです。頭がおかしいのは長男のせいではなく、この母親のせいかもですが…。

まあ、とにかく、そんなこんなで大学も続けることができ(ドイツの大学、長男の化学科は実に5分の1くらいしか卒業できません)、サッカーも順調で何よりでした。

それで実は今回書きたかったのはここからなんですが、試合後長男が家に帰宅して話してくれたんですが、今回の対戦相手は1ヶ月当たり、1000ユ-ロ(約11万円)の報酬を貰っている選手も、車を1台自由に使わせてもらっている選手もいたそうです。

これには正直びっくりしました。
だって、8部リ-グですよ!?

よくよく話を聞けば、今回の対戦相手は7部昇格を目指しているとのことで、そのためにこの選手達を近郊のベルギ-の町から引き抜いて来たんだそうです。(それでも今回2対1で長男チームは勝ちましたけど

8部でもこんなことあるんですね。
でも以前知り合いが10部リ-グでも1ヶ月500ユーロの報酬を貰っていたことがある、と言っていたので、破格に上手な場合は下の方のリーグでもそんな報酬が発生するのですね。

で、次男にこの話を聞かせ、昨年度までの長男のいた村のチ-ムで
「長男がもらうはずだった200ユ-ロ、あなたがもらえるように、頑張りなさいね!」と一応はっぱをかけておきました。

まぁ、長男に提案された報酬を次男が貰えるとは正直思っていませんが、次男のモチベーション作りになれば良いかなと、思っています。
でもそれを聞いて少しやる気が増した感じの次男です。
単純な男なんです、次男は

と、今回はドイツでは下の方のリ-グのアマチュア選手でも高額の報酬が発生するというお話でした


森の中で乗馬体験

今週は色々とイベント続きでしたが、中でも最大のイベントは森の中での乗馬体験でした。
友人親子が遠方から遊びにきてくれたんですが、その友人の希望が
「乗馬したい!」というものでした。

最初は「へっ、いきなり?」と思ったんですが、実は私はこれまた三男の希望で10月の終わりに3泊4日という乗馬ホテルを予約していて、そこでは4日間一日6時間の乗馬を体験することになっています。
その前にせめて三男だけでも乗馬教室に通わせようかと思っていたんですが、授業料もそこそこかかる上、忙しかったのこともあり、8月の今の時点でまだ何もしていなかったので、一度くらい乗馬をしてみなければ、と私も思い、近所の乗馬クラブに聞きに行ってみました。

そうしたら、森の散歩45分で15Euro(1650円くらい)ということだったので、奮発して(?)1時間20Euro(2200円くらい)にしてもらって、友人親子と三男と4人で乗馬体験へと出かけました。

4頭のお馬さんが待っていて、私達は順番によじ登り、散歩スタートとなりましたが、2頭に一人手綱を引くスタッフさんが付いての1時間の散歩。

友人の17歳の息子さんは実は経験者で
「馬と自分の体の動きを合わせるといい」と言うのを聞き、
「なるほど、お馬さんも乗り手がそんな風に自分に合わせてくれると感じると心地いいかも」と思い、なんとなく自分もお馬さんのようにリズミカルにしてみることにしました。私は午年なんで、少しはお馬さんも親しみを感じてくれるんじゃ、とか勝手に想像してました。…もちろんそんなことお馬さんがわかるわけもないですけれど…

その日は気候も暑くなく寒くなく、爽やかで、乗馬日和。
森の中の森林浴、しかも馬に揺られてーとなんだかとても優雅な気持ちになりました。

実はもともと乗馬ホテルは長男と次男も誘って三男と私と4人で行こうと思っていたんですが、次男には
「乗馬だぁ? けっ!」と答えにもなっていない返答をされ、長男こそはと喜んで一緒にきてくれるだろうと期待して聞けば
「乗馬? なんでそんなものしなくちゃ? 乗馬は女の子のスポ-ツだろ」と言われ、その上
「だいたいなんでそんなものをマミがしたいからと三男にまでさせるんだ!」と怒られてしまい
「いや違うわよ、三男の希望なんだから!」と言うと
長男は三男に
「嘘だろう、本当なのか?」とわざわざ確認までする始末でした。

乗馬は確かにドイツでは圧倒的に女の子がしているほうが多く、その日も夏休みの乗馬スク-ルでしたが来ている子供はみんな女の子ばかりでした。
でも不思議に思いスタッフさんに聞けば、普通の乗馬は女子の割合が8割、でもこれが障害馬術になると反対に男子が8割になるとのことでした。

実は三男のクラスメイトには、女の子なんですが障害馬術競技で12歳のカテゴリーでドイツ代表選手になっている子も、あと男子でも乗馬をしている子達もいるので、三男は乗馬は特に女の子のスポーツとは思っていなかったようなんですが、長男や次男の友達はそもそもサッカー小僧ばかりでしたし、上品な乗馬(上品だけじゃなく、お金もサッカーの10倍くらいはかかりそうなくらい高級)をしている友達と言うのがいなかっただけなんではないでしょうか。

とにかく三男もすっかり喜んだ今回の乗馬経験でした。
私はどうだったかって?
…50過ぎの手習いはねぇ…というのが正直な感想でした。
森での乗馬に憧れていたのに、一人で乗馬なんて有り得ない、永遠に手綱を引いてくれる人が必要だわ、と思いました。

一日6時間、計4日間の乗馬ホテル、いささか心配になってきましたが、予約したので頑張りたいと思います!
DSC_0091.jpg

IMG-20190820-WA0021.jpg
でも本当にとっても楽しい素敵な森での乗馬でした!!!
こんな素敵なアイデアをくれた友人に感謝感激でした




アマチュアサッカ-選手ということ

サッカ-もそろそろ新しいシ-ズンが始まりますが、長男は村の10部リ-グから隣村の8部リ-グへ行き、次男はやっと村の10部の大人チ-ムに入ることができました。
次男は本来であれば A-Jugend(U-19のこと)のチ-ムの年齢ですが、ドイツでは1つくらい年が上のチ-ムに行くことは可能です。

長男は辞める際、村のチ-ムに月額200Euroのお小遣いを支払うので、止めないでくれと引き止められましたが、村の選手達のいいかげんさにほとほと嫌気がさしたらしく、隣村に移りました。
練習は無断で来ない、試合前日はみんなでパ-ティ-で騒ぎ、試合にも半分酔っ払ったままではないか、というような状態でやってくる、その上いつも人数も足りない、という感じで、まあ、一番下のリ-グのしかも村のチ-ムなんで、仕方ないです。
だいたい数ヶ月前には監督も匙を投げ、一言も言わず辞めてしまったくらいなので、みんなのいい加減さも極めた状態の中、長男だけは何があっても練習へも試合へも行ってました。
長男は元来とても真面目なんです。

選手の人数が足りないので、ほぼ全部のポジションを一人で頑張っていたほどだ、とクラブの責任者には言われ、
「彼が違うチ-ムに行きたいのは本当に納得できる、でもいつ帰ってきてもいい、いつ帰ってきても彼には毎月200Euroの報酬は約束するから」と約束してくれたほどでした。

実は私は、このブログを書き始めた頃、なんでこんな「アマチュアサッカ-選手を目指している」なんてふさけたようなタイトルをつけたかと言えば、実は決してふざけていたわけではなく、本当に子供達には「アマチュアサッカ-選手を目指して」欲しかったからなんです。
「アマチュアサッカ-選手」になって、月にいくらかのお小遣いをもらえるようになってくれれば良いな、それは本人もとても幸せだろうと本当に思っていました。

結果的にこのお小遣いはもらえないまま違うチ-ムへ行ってしまいましたが、それでも長男は大学生をしながら続け、また元来いい加減な次男もなんやかんやと言いながら、今度は長男の穴を埋める主力選手と期待され、村のチ-ムで新しいシ-ズンを迎えます。

ドイツでも17歳、18歳くらいでサッカ-を止めていく子供は結構たくさんいます。
日本でもそうですよね、大学受験や大学生活で忙しくなりますし、勉強をまじめにしたら時間的のも難しくなりますし、あるいは彼女ができたり、またはまた違う興味が出てきたり、とそんな理由で止める場合ももちろんあるでしょう。


うちの長男も大学卒業ができるかまだ全然わかりませんし、次男は大学へ行けるかも不明ですが、それでも「これだけは好き」と続けられることがあるのは幸せだろうな、と思います。
例えそれが一銭にもならない、最下位リ-グの最下位チ-ムでも、それでもこうやってアマチュア選手として出来る限りサッカ-を続けてくれたら良いな、と思います。

三男は7歳でサッカ-を止めてしまい、そんなわけでこのブログの「アマチュアサッカ-選手を目指している3兄弟」というタイトルは全く真実とは違うものになってしまいましたが、それでもこの変なタイトルが気に入っていので、このまま続けたいと思います。

いつか2人もサッカ-を辞めてしまった時はその時こそ、ブログの題名は変えなければならないですね。

そして面白いことに長男が移った先のチ-ムの監督さんは、なんと日本のJ1で選手をしていたことがある方でした。
また次男は昔U5からU9くらいまでずっと一緒だった幼馴染の友達がたくさんいるチ-ムになり、これはこれで楽しそうです。

サッカ-は本当に素敵なスポ-ツですよね。
7歳で辞めてしまった三男は他に好きなことがあるので良いのですが、それでも少し残念だったな、と親としては思ったりしていますが、好きなことはせめて大人になっても続けてくれれば、それはそれで良いのかもしれません。
続けるということは難しいことですものね。

勉強はもっと難しそうですけれど…。
3人ともまだまだどうなることやら…です。ヤレヤレ…・。


野外上映 Openair 「ボヘミアン・ラプソディ」

昨日は近所の大きな公園の野外映画場で「ボヘミアン・ラプソディ」を見てきました。

日本では大ヒットだったそうで、何回も見ている人が続出だったそうですが、私も今回2度目でした。

日本の友人に薦められて、上演がそろそろ終わろうかという2月に私も一度見に行きましたが、その時は主人と2人だったので、次回は息子3人を連れていきたいと思っていました。そうしたら夏のイベントで少し旬を過ぎた映画を屋外上映するということで、家族で行こうと喜んでいたら、長男次男は忙しいだの、なんだかんやと理由をつけて来てくれず、結局また主人と、そして三男と、そして三男の友達2人とその両親と行ってきました。

この映画何度も行きたくなる気持ちはわかります。

ライブエイドのコンサートシーンがあまりに圧巻で、このシーンを見るにはやはり大きなスクリーンでどうしても! ということになりますよね。

1回目の時には気がつかなかったんですが、ブライアン・メイ役のグウィリム・リーさんの素敵なこと!
すっかりファンになって、画像を探してみると、やはりあのブライアン・メイの髪型が彼にとても合っていたようで、普通の髪型の彼は素敵は素敵でもこんな俳優さんはたまにいるな、という印象でした。
だいたい本物のブライアン・メイさんは今はお歳でわかりませんでしたが、過去の映像でお若い時を見てみるとやはりめちゃくちゃ素敵な方ですものね。
グウィリム・リーさん、本当にブライアン・メイさんにそっくりですね!

またロジャー・テイラー役のベン・ハーディさんもなんだか似てますね、個性的で素敵です。
ジョン・ディーコン役のジョゼフ・マゼロさんも似てましたしね。
脇を固めている俳優さん達も魅力的な映画でした。

さて、ここの公園は小さな動物園も付いている、13歳くらいまでなら一日遊んで過ごせるような大公園で、花火大会や光のショ-、中世のお祭りなどのイベントもある、子供達と長年利用してきた公園なんですが、こんな野外映画もたまには楽しいです。
c700x420.jpg
この公園の要塞はそもそもナポレオンが建てたんですよ、すごい歴史的な場所です。

うちの町は3万人の人口なんですが、昨日は400人の観客が来たということで、「ボヘミアン・ラプソディ」はドイツでもそこそこ流行った方なのかもしれないですね。
ドイツ人なので英語の歌は全部を歌えないから静かなのか、途中皆で大笑いしたり手を叩いたりする以外は思ったよりもみんな静かに見てました。

三男もその友達たちも一応面白かったと思ったようで、良かったです!
私も大画面で堪能しました!


台湾からのお客様 

先日台湾からのお客様が一家でいらしていたので、うちでバ-ベキュ-パ-ティ-をしました。
台湾の学部長さんのご主人、奥様、24歳のお嬢さんと22歳の息子さんの4人のご家族でした。
このご家族素晴らしいご家族でお父さんのみならず、お子さん達の優秀なこと。
奥様以外は皆さん理系で、お嬢さんはスイスの大学で研究中、息子さんは台湾の大学の夏休みを利用してうちの研究所で勉強していて、来年辺りにはアメリカの大学へ留学する予定とのこと。
なんということか一家揃ってエリ-トなご一家だったわけです。

その時色々お土産をいただいたのですが、その中になんだか高級そうな箱に包まれたタンブラーがありました。
内装も素晴らしく、これは何か特別なものなのでは、と思った私はネットで調べたところ「乾唐軒ACERA」という会社のトルマリンカップだということで、トルマリンが使用されていて飲み物をこの中に入れるとまろやかに味が変わるのだということでした。

そんな馬鹿な、と思いつつも飲んでみると本当に味がまろやかになった気がして、主人や子供達に言うと、
「それは気のせいでは」と言われてしまいましたが、とにかくとても素敵なタンブラーですっかり気に入ってしまいました。

ところでこのご一家、あまりに素敵なので、お子さん達に
「あなた達の両親は幸せね、こんな素晴らしいあなた達のようなお子さんがいて」と言った後
「あ、でもあなた達も幸せね、こんな素敵なご両親で」と言えば
「はい、本当に、こんな両親がいる私達は幸せです」という答え。

実はこの学部長さんが牛肉を召し上がらないのは知っていましたが、この日は我が家も奮発して、フィレの中でも特に美味しいシャト-ブリアンをわざわざベルギ-から購入してきていたんで、残念に思い、理由をはじめて聞いてみれば、なんとお嬢さんが生まれた時に命が危なくてその際に
「娘を助けて下さればもう一生牛肉は食べません」と神様に願掛けし、その際期限を言うのを忘れたため、一生食べることができなくなって…と笑っておられました。

親として当然なのかもしれませんが、でもこの日は本当に
「此の親にしてこの子あり」とはこういうことかと思いました!

うちの出来の悪い息子達にも非常に優しく接して下さり、いつもは私達のお客さんの前にはあまりいたがらないうちの次男でさえも、この日は機嫌よく一緒に楽しんでいました。それもこのお父さんが本当に優しく、最初にわざわざコップを持って息子達に挨拶を交わして優しい言葉をかけてくれたからだと思うのですが、今まで私はよそのお宅でこんなことをしたことはなく、これからは自分もこんな大人になりたいものだな(もう年齢的には充分に大人も過ぎていますが)、と感銘を受けた一日でした。

またおとといは次男と近所の27歳の友人を迎えに行けば、その27歳のユリウス君も
「うちの両親は本当に素晴らしい!」と絶賛していたので、素晴らしい両親は多いんですね。
そしてそんな風に両親を誇れる子供達はたいていこれまた素晴らしく育っています。

うちの息子達はよそで私達のことをそんな風に誉めるということはまずないでしょうし、そもそも思ってもいないでしょうから、息子達が今ひとつ親に感謝の気持ちもなさそうなのも、この姉弟のように素晴らしく優秀にならないのも、私達親もいまいち素晴らしくないからなんでしょうから、これも自業自得ということですね。仕方ないです。

素敵な一家との出会いでした!


Ryanair ライアンエア-の場合

ライアンエア-もユ-ロウィングスの同じ日に設定してみました。
10月1日ケルン発、ロンドンスタンステッド空港着の8日の帰国です。
Screenshot_20190803-214905.png
行き先、日付を入れると、また時間の選択が3つくらい出てきます。
Screenshot_20190803-214922.png
行きは片道17,99Euroのようです。
Screenshot_20190803-214933.png
ここでも3種類のクラスがあって、
 ・Standard-Tarif  オプションを何もつかない  
 ・Plus 座席指定ができ手荷物は2つ、20kgまでの預け荷物込み、搭乗の際のプリオリティー付き
 ・Flexi Plus Plusの条件の他に、キャンセル可能なチケット
というようにサ-ビスの違いがあり、たたし、値段も
17,99Euro
50,10Euro
82,47Euro とこのように変わってきます。

帰りも便も調べると全く同じ値段体系で、Standard-Tarifクラスを選べば、なんと往復35,98Euroで行くことができますし、
このまま入力していくと、座席は往復8Euroで指定できました。
大きさ 55 x 40 x 20 cm で10 kgまでのトランクも片道6Euroで付けることができます。

また手荷物ですが、ライアンエア-の場合は、Standard-Tarifクラス でも 40 x 20 x 25 cmの大きさの手荷物は無料です。

なので、Standard-Tarifクラスでもオプションで座席指定して往復8Euro、また預ける荷物も往復12Euroなので、計20Euroでオプションで付けることができます。
20kgまでのトランクが必要な場合も往復30Euroの割り増し料金なので、色々希望が多い場合は初めからスタンダ-ドではなく、PlusやFlexi Plusにした方が安くなる場合もあるのでよく見てその時の状況で決めると良いと思います。

また例えばユーロウィングスの場合、同じ日程で
・ Basic  24,99Euro
・ Smart  57,99Euro
・ BIZclass 99,99Euro でしたが、

Basic ならば 8kg(55×40× 23cm)までの手荷物が持ち込めます。
一番リ-ズナブルな値段で比べると、

ユーロウィングス 片道 24,99Euro  8kgまでの手荷物可。
ライアンエア- 片道 17,99Euro+ 6Euro 23,99Euro(10kgまでの預け荷物可能でトランクの大きさ普通の大きいサイズを持ち込める)

と微妙に条件の良さが違ってきますので、ベルリンへ行った際は、両航空ともたくさんの選択があり、細かい条件(時間や空港の場所も含む)も違ってきますので、場合に応じて使い分けるといいと思います。

ただしライアンエア- になる場合、EU市民ではない私達はチケットを印刷して持っていかないと50Euroのチケット代を取られることになりますので、それだけはくれぐれも気をつけましょう。
オンラインサイトに明記されていますが、小さいので見逃すこともありそうですが、これさえ気をつければ、ユーロウィングスでもライアンエア-でもなんの問題もなく、安い価格で欧州中の旅行が可能となります。

調べているうちにロンドンへ行きたくなってきましたが、今年はしばらく家で静に過ごしたいと思います。
ロンドンはブレクジットの後に、ますますリ-ズナブルな旅行が出来ると良いな、と思いますが、ユ-ロをボンドにいちいち変えなければならず、子供達もEU身分照明カード(免許証並みにコンパクト)ではなくパスポ-トを用意して行かなければならないのが少々面倒になってきますね、EU市民ではない私にはどの道あまり変わりはないのですが…。
(Жすみません、ボンドは今でもボンドのままですから、イギリスへ行く時は今でも、あるいはブレグジット後でも硬貨両替はしなくてはいけないのでしたね、うっかり間違って変なことを書いてしまいました!

どうか皆さん良い旅を!


 | ホーム |  page top