プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう18年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手やブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


涼しげに花が流れる落花流水ブログパーツ


最新記事


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最新コメント


月別ア-カイブ


検索


カテゴリ


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
158位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジルのドイツサッカ-連盟のトルコ人差別問題とクルド人問題の真実

今年のW杯でも出場した、ドイツ代表でトルコ系のメスト・エジル選手が先週、ドイツ代表を引退すると発表しましたね。ドイツサッカー連盟のグリンデル会長を筆頭に、今までトルコ人だったことで自分が差別を受けてきたとドイツサッカ-連盟を激しく批判しての引退でした。

これを受け、多くのチームメイトや著名人、一般市民までもエジルを擁護して、ツイッターのハッシュタグ#IStandWithOzil(私はエジルの味方)はあっという間に世界的トレンドとなったそうなんですが、そんな記事を読んでいたら、なんとそのすぐ下に「エジル選手に対してもの申す」という、今度はクルド人のサッカ-選手の声明が出ていて、その名前を見てびっくりしました。

彼の名前は、デニス・ナキ、うちの近郊では伝説のサッカ-選手で、うちの長男と次男が選抜に選ばれた時の最初の日に監督さんの話で「あのかの有名なデニス・ナキが、この選抜にいた時」という話も聞かされ、当時所属していたサッカ-クラブでも彼こそはクラブの誇りでした。
彼の弟さんもうちの長男と同じ学年で、たまに一緒に試合に出たこともありましたれど、あちらは特別階級という感じで、もう住む世界も周りの扱いも違うという感じの天才少年でした。

彼はバイエル04レバークーゼンの下部組織から、ドイツの一部リ-グ、FCザンクトパウリに所属したあと、2部リ-グのSCパーダーボルンを経て、07トルコのプロリ-グへ移籍しました。
ところがその頃、なんとトルコ政府によって「テロリスト」と起訴され、5年間の囚われの身となる可能性もあったのが2016年のことでしたが、その時はこの近郊の新聞には大きく取り上げられていました。

しかしながら、テロリスト扱いされた理由は、彼がトルコでサッカ-選手をしている際に、自分の故郷デルスィムでPKK(クルド人部隊)に攻撃されたり、トルコ軍の攻撃によって多数のクルド人市民が犠牲になったトルコの街ジズレの被害の状況を写した写真などを、批判的な文章とともにSNSで拡散したという理由からだったんです。
幸い620万円の罰金処分のみで、懲役や禁固は免れますが、その代わり、トルコでのサッカ-選手としてのライセンスは剥奪されてしまうことになりました。

その後、ドイツのうちの隣の町へ帰ってきてからも、高速道路を走っている際に暗殺されそうになったこともあり、確か昨年の冬くらい前だったような気がしますが、本当に幸いにも暗殺は未遂に終わります。この時もこの付近の大変なニュ-スになったものですが、その際の犯人は今でも捕まっていなくて、真相は今でも謎につつまれています。

そんな理由からなのか、どうもデニス選手本人はこのドイツでも選手生命を続けることが難しくなっているようで、今年の夏から彼がどこでサッカ-をするのかは不明、また天才だった弟さんも近郊の9部リ-グでサッカ-を続けているようで、なぜ彼が9部リ-グにいるのかと言えば、多分お兄さんのこの様々な問題からなのではないかと推測されます。

なぜなら、そのクラブはもともと10部リ-グでしたが、弟さんの尋常ではない活躍のおかげで、10部で優勝して9部になったばかりだということからが試合のレポートを見るとはっきりとわかるので、やはりその弟さんも本来は9部、8部リ-グなんかにいる選手ではないということがはっきり確認できるからなのです。

私が今回日本のニュ-スで見た記事の見出しは
「クルド系ドイツ人選手がエジルの訴えに疑問「君を温かく迎える人々は僕のことをテロリストと呼ぶ」
というものでした。

その中で、デニスがエジル選手に
「君は声明で君に対する人種差別、そしてそれに係わった代表を離れる理由について説明してくれた。何故、トルコで増え続ける僕やほかのクルド系、またはほかの少数民族のサッカー選手たちに人種差別的、ファシストの攻撃には同じような反応を見せない?」
「トルコで1人のサッカー選手のキャリアが終えさせられた。平和を求める人がテロリスト扱いにされたが、君はこの件についてどういう反応を見せたのかい?トルコで君のことを『同胞』や『愛国主義者』と見る人たちは何故、僕のことを『テロリスト』と呼ぶのだろうか?」

http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%89%E7%B3%BB%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E4%BA%BA%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%81%8C%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%81%AE%E8%A8%B4%E3%81%88%E3%81%AB%E7%96%91%E5%95%8F%E5%90%9B%E3%82%92%E6%B8%A9%E3%81%8B%E3%81%8F%E8%BF%8E%E3%81%88%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%80%85%E3%81%AF%E5%83%95%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%A8%E5%91%BC%E3%81%B6/4kbcshlijjen1o7i39xtw9pvg
からの記載です。


と書かれていて、本当に胸を打たれました。

エジル選手の差別問題は、最初は確かに気の毒と感じた私でしたが、それでもエジル選手は自分がエルドアン大統領と仲良さげに写真を撮った自分の落ち度には一切ふれておらず、それは代表選手―しかもドイツの―としてどうなんだろうと、そもそも思っていました。

祖国の大統領と写真を撮るのが何故悪いと、彼が思っているようなら、やはりドイツ代表選手のユニフォ-ムを着るべきではないかもしれないです。
なぜならちょうどW杯前のエルドアン大統領は欧州中で大非難を浴びている真っ最中でしたから。

その批判はもちろん彼の独裁的な政策に対してだったわけで、その大統領に
「親愛なる我が大統領」とは言いすぎでしょう。エジル選手はそれこそまずお詫びの声明を出すという代表選手としても品格を意識しても良かったのではないでしょうか。

そしてやはり、デニス選手のように、少数派のクルド人がトルコでどのようにつらい思いをしているか考え合わせれば、自分だけが悲劇のヒロイン、-いえ、ヒーローですね、この場合は-のようにけんか腰に代表を辞めていくことにならなったことでしょう。

自分の意思で代表をやめたエジル選手、自分の意思ではなくサッカ-すらまともにできなくなったデニス選手と弟さん、どちらがより悲劇的なのかはたくさんの方に理解してほしいと思った一連の出来事でした。

本当に悲しい話です。
この悲しさ、エジル選手にもわかってほしいと心から思います。

スポンサーサイト

猛暑にオリンピック開催?!

日本では40度の猛暑ということですが、ここドイツでも30度前後の猛暑が続いていて、暑さに弱いドイツ人は異常気象であると文句を言っています。
あと2年後、東京オリンピック開催とのことですが、三男の空手クラブでは2年後皆でオリンピックを見に東京へ行こう、と盛り上がっているようなんですが、空手がいくら屋内スポ-ツだからと言って日本の暑さを甘く見てはいけないと忠告しておきました。
「いやいや、自分は長年エジプトへも行っているから、暑さには強い、大丈夫だ」と、空手クラブの会長のドイツ人のおじ様(というかもうおじい様なんですが)は言っていましたが、湿気のないエジプトの暑さと比べられてもねぇ、と思うのですが、日本の蒸し暑さを知らないドイツ人に口で説明したところでわかってはくれないでしょう。
「知り合いもでないとは限らず(というか、誰か知り合いでも出るのかというくらいの勢いで)、皆で是非、応援に!」と、とても張り切っている空手クラブの皆さんなんですが、いくら空手をしていても、日本の夏の暑さは経験してことがなければ、わからないことでしょう。

それにしても2年後の開催自体、本来見直すべきなのではないかと思いますが、日本の政治家の皆さんはどう考えているのでしょうか。
競技の開始時間を早めたり、水をまいたり、あげくの果ては行列は2列で並ばないで1列にして風通しをよくして、などが対策と書かれていましたが、この程度の対策で本当に大丈夫なんでしょうか、あまりにお気楽であり、責任感のかけらもない政治家の大先生のコメントにはびっくりしました。

本来、日本側は秋に開催したかったのに、それができなかったのは、アメリカや欧州のTV放映の事情でということなんですが、というのもアメリカではバスケットボ-ル、欧州ではサッカ-がちょうどないときにオリンピックを放映したいという各国の希望でということで、でもそう考えるとアメリカや欧州でさえも暑い夏にはスポ-ツをしないのに、もっと暑い日本でオリンピックなんてしたら、選手はもとより、観客の命にかかわる大問題だと思います。

なにがなんでも東京でしなければいけないという理由もわからないですが、この上何かの問題でオリンピック中に東京で使用過剰のため電力が使えなくなったりしたら、本当に大変な事態にもなるわけで、せめてマラソンは東北や北海道で開催とかなぜ無理なんでしょうか?

あるいは日本は本当に真摯にこの事態を他の国に説明して理解してもらい、秋に開催に移行するか、あるいはオリンピック自体を中止にするかにしないと、誰かが命を落としても全く不思議ではないです。

30度以上になると学校が休校になったり、サッカ-の試合も中止になることもあるドイツなので、40度での競技は無理であると多分理解してもらえると思います。ドイツだけでなはなく欧州であれば間違いなく、人命の方が大切であるとわかってくれることでしょう。

日本の偉い方達が、今回は一刻も早い決断をして欲しいと願ってやみません。

Jugendreise  若人スペイン旅行-リュレッド・ダ・マール-

今日、次男が念願の友達グル-プでいく、Jugendreiseという若者旅行へ出かけました。

長男も16歳から毎年友達グル-プでどこかへ行ってましたが、ドイツではこれは非常に若人に人気のバカンス旅行です。
ホテル、往復のバス代が込みで、たいていは、はるばるバスに乗ってスペイン辺りまで行くのが一般的です。
というのも、陸続きのヨ-ロッパでは外国へ行くのも割安で行けますし、またこういった若人の旅行はリ-ズナブルなんです。
10日間の宿泊、朝食、バス代込みで確か450Euro前後で申し込めました。
ヨ-ロッパの中でもスペインは物価も安く、マヨルカ島などは休暇中はドイツ人ばかりで、別名ドイツの植民地、と呼ばれていたりするらしいのもうなずけます。スペインの人にとっても夏はヨ-ロッパ中の観光客から荒稼ぎできるとても大事な季節なんではないでしょうか。

今回うちの次男が今日行った Lloret de Mar というのは、フランスとの国境に近いカタルニア地方の海岸の近くですが、そこで何をするかと言えば、海へ行ったり、プ-ルで泳いだり、夜は近辺のクラブへ渡り歩いたり、という超楽ちんで楽しい享楽的な生活を過ごすことができます。
4年くらい前長男がはじめて行ったとき、それまで3年くらい彼はサッカ-大会のデンマ-クくらいしか行ったことしかなかったので、
「何もしなくてただ遊ぶだけ、これこそ本当に休暇だ」ととてもびっくりしていました。
私でもびっくりするでしょう、そんなお気楽な休暇過ごしてみたいものですが、子供達のこんなアクティビティにお金がかかり、自分達まで手がまわらない、といった感じです。

この7月に、17歳になった次男と、12歳になった三男ですが、三男の誕生日は長男に頼んで2人で近郊のファンタジアランドという遊園地へ行ってもらいました。というのも、誕生日は無料で遊園地を利用できるからなんですが、その間も次男は自宅のとても涼しい地下にあるパ-ティ-ル-ムで来たばかりのプレイステ-ションで遊んでリラックスしていましたっけ。
そもそもそのプレステは三男が自分誕生日のお金で買ったばかりのものだったんですが、別にスペインくんだりまで行かなくてもいつでも非常にリラックスした生活を送っている次男なんで、スペインへ行った所で、
「わあ、これこそ休暇!素晴らしい!」とは、私達ほどには感激しないかもです。

美しいリュレッド・ダ・マールの海を見て、心を入れ替え、気分も入れ替え、少しは日頃の自分の立ち居振る舞いを反省して、大人になって帰宅してほしいものですが、それはどの道願うだけ全く無駄なので、とにかく悪さをしないで無事帰ってくれることだけ願うことにします。

lloret_de_mar_spain.jpg
コバルトブル-の美しい海です。

トランスジェンダ-

久しぶりに数年前に日本語を教えていた子に会いました。

彼女が13歳くらいから2年半ほど日本語を一緒に勉強して、その後彼女は日本へ1年行き、帰国したのが昨年の2月くらい、4月に一度会いましたが、その後また夏休みに彼女は日本へ行ったり、私自身も今年の春休みに日本へ一時帰国したり、なんやかんやと忙しく、最後に4月に会ったのを最後に1年以上会わないままだったので、もう一度また会って、彼女の日本語能力が衰えていないか、チェックしなくちゃなぁ、と考えていました。

また冬に一度彼女のお母さんから連絡を取り合った際に、彼女が非常に落ち込んで学校へも行きたがらない、というようなことも聞いていたので、とにかく一度会わなくては、と思ってはいたんですが、彼女自身は私に返事も返してくれず、もし彼女が何か問題を抱えていて、とてもつらくて私とも誰とも会いたくないのなら無理強いはできないし、と考えて悶々としていているうちにまた時間が経ってしまい…。でも先月彼女のお母さんに確認してもらい、私と会うのはかまわないということで、やっと昨日彼女を誘い散歩へ行ってきました。

1年3ヶ月ぶりの再会でした。

昨年4月にも長い髪をばっさり切っていた彼女で、その時は「まあ、ずいぶんボ-イッシュになって」くらいに思っていたんですが、今回は彼女はもはやボ-イッシュは超えて、まるで男の子のように変化していました。

というのは、実は彼女は、トランスジェンダ-だったんです。

両親もとくにそれを隠すわけでもなく、私自身もそのことは実は数週間前には聞いていたので、知ってはいましたが、実際会うまでは、本当のことはわからないと考えていたんですが実際会って私もやっと信じることができました。

彼女と話してわかったのは、実は昨年日本から帰国したあたりから、そのことに気づき始めたそうで、夏に日本へ行った時は、日本のお友達にはカミングアウトして、
「そうだと思ってたよ!」と仲間たちから受け入れてもらい、ドイツの社会では日本以上に受け入れ態勢も良さそうなので、その件については彼女自身あまり悩むもともないようでした。ドイツでは現在名前も男の子の名前になり、男の子グル-プに入って、遊んでいるそうです。ドイツではこのようなことはカミングアウトすることはそれほど大変ではないと思います。なんせ、数年前ベルリン市長でも自分はゲイであるとカミングアウトして、パ-トナ-の男性と事実婚状態だと誰もが知っていたわけですから。

そういうわけでドイツではそんな問題は隠すようなことでもなく、ゲイでもレズビアンでもバイセクシャルでもそんなことはオープンにしてOKという感じらしいので、大丈夫は大丈夫なんですが、ただのゲイとトランスジェンダ-は問題の大きさが違うな、と感じたのが昨日でした。

私は彼女を13歳くらいからかれこれ5年近く知っているわけで、彼女が長い髪の普通の女の子時代、彼女に彼がいた時代も知っています。

私自身、日本でそういう知り合いがいたにもかかわらず、でもその彼女が髪型のみならず、服装も話し方も立ち居振る舞いも女の子ではなくなってきているという状況に最初は戸惑いすら感じました。

こんな風に彼女をたった数年知っているだけの私でも戸惑ったことを考えると、両親や兄弟、あるいは親戚の気持ちはやはり複雑なのではないかと想像しました。
また両親であれば、複雑という以上に、精神的につらい局面、また経済的な支援が必要なことも出てくることでしょうから、ただ単に性的な嗜好であるだけのゲイをカミングアウトされること以上に、色々と面倒だったり、心配だったり、また金銭的な問題の全てを受け止めていくのは時として本当に大変なことでしょう。

名前も男の子の名前になり、ぱっと見た感じは男の子のようでもやはり女性に生まれついた宿命で、線の細さのような身体的特徴を変えるには時間もかかることでしょう。
でも逆に本来綺麗な顔立ちで手足も長くスタイル抜群だったので、そのまま男の子になったら超いイケメン君になっていて、このまま映画デビュ-などはどうだろう、とも思ってしまいましたが…。
トランスジェンダ-のスタ-も今はそう珍しくもないでしょうけれど、それでもあれほど端正な顔立ちの男性というのは世間でも少ないですよね。美しい少年に生まれかわったという印象でした。

昨日は色々深く考えさせられ、彼(もう彼女とは言いません)の今後の幸せのみならず、両親、兄弟もやはり幸せになってほしいと強く感じた一日でした。
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。