プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

灯篭が静かに流れていくブログパーツ
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

オペラ「魔笛」- Zauberflöte-2

先週末は忙しく、オペラにも行っていたんですが、毎度のことながら今回もまた「魔笛」でした。
子供が幼い頃は「ヘンゼルとグレ-テル」か「魔笛」。
今は主人の関係でいつも「魔笛」というわけで、今回4度目の「魔笛」でしたが、今回はデュッセルドルフのオペラ劇場でしたが、非常にかわった演出で、なんだかびっくりしました。
以前見たものも、舞台設定が現代の図書館という、これまた変な演出だったんですが、今回のは舞台セットは全て映像で、しかも結構グロテスクだったり、子供は12歳以上であればお勧め、というような実に斬新な演出でした。

ミュ-ジカルのような、お芝居のような、あるいは映画のような、そんな不思議な演出。
言葉で説明するのは難しいので、こちらの映像を是非ご覧ください。


いかがでしたか?
人生で一度くらいは見ても良いかな、というような感じです。
見ていて退屈もをする暇もなく、また鑑賞後心にとても残り、今でもこのオペラの残影が心の中、頭の片隅に残っています。


30年くらい前、ピンク・フロイド『ザ・ウォール』を見たときと似た、なんともザワザワする感じを思い起こさせてくれた、本当に前衛オペラといった感じです。
こんな風に書いているうちに自分でも気づきましたが、私としては結構お勧めです!
ドイツのデュッセルドルフ近郊に住んでいていらっしゃる方は是非一度行ってみて下さい。

https://www.operamrhein.de/de_DE/repertoire/die-zauberfloete.1087650
↑ 詳しいことはこちらのホームページでどうぞ!!

170619 133
この上の方の席だとこんなに素敵なのに安く買えるようです。一番安い席ならなんと、12Euroくらいでも、ということで、サッカー観戦より安くオペラを鑑賞することもできる素敵な国ドイツなんです。
170619 127


舞踏会という名のダンスパーティー(Tanzball)参加

170619 063
なんで私が着物を着ていつになくめかしこんでいるかと言えば、Tanzballと呼ばれる、ダンスパーティーになんと15年ぶりに参加したからです。
このテーブルの上は4種類のオ-ドブル。
170619 066
大学近郊のお城で催された、主人の大学時代の後輩、先輩達が一同に会す、5年に一度のダンスパ-ティでした。
主人は大学時代フェンシングクラブに入っていました。
170619 075
紳士は黒の礼服姿で、乾杯の際には紳士全員が「レディの皆さんのために」と立って乾杯するという、なんとも古きよき時代の慣習を受け継いでいる、結構気取ったパ-ティです。

15年前このパーティーで、おじい様に挨拶の際に手にキスをされそうになった私は、その方が著名な方でお年も取っていられることから反射的にお辞儀をしてしまい、手の甲にキスしようとした彼と私のおでこがゴ-ンとあたりそうになったことなんかもありましたっけ…。
170619 073
若いお嬢さん方のなんと美しいこと!!
あぁ、誰かうちの子のお嫁さんに!! っとタメ息の私でした。
で長男もこちらの大学生なんで、このクラブに入るように誘ってみましたが、こういう気取ったクラブは彼の趣味ではないということで、彼は村でサッカーしているほうが好きらしいです。なんかそんな長男で、ある意味安心します。
根っから村育ちの、洗練されていない不器用な(?)男なんです。
170619 078
私達のテ-ブルは私達くらいの年長者のOB夫婦でした。
170619 087
夜はワルツからだんだんとディスコダンスのように。
私は社交ダンスも(他のダンスも)かなりきちんと勉強して、主人よりは上手に踊れるというのに、着物なのでさすがにその腕前を披露できず残念でした。グスン
170619 095
ディナ-も出て、最後はデザ-トもきれいに並べられていました。
そして最後は庭での大花火打ち上げ大会を最後に、私達は帰路に着きました。
170619 051
それでこちらは、このパーティーに参加する主人の大学時代の友人が我が家に寄ってくれて、その際持ってきてくれたワインなんですが、彼ははるばるトルコより遠い国からこの日のために戻ってきたんです。これはその国の珍しいワインなんですが、彼なんとその国のドイツ大使館大使様という大出世ぶりでした。
私達も年と共に知り合いがどんどん出世していて、たまに会うとびっくりします。

変わり映えしないのは、私くらいですが。。。
…というか太ってドレスを着れなくなったことなんか考えると、変わっていないというより、後退している、という方がむしろ正確な表現でしょうか。

ついに11部リ-グから10部へ昇格 その2

それで先週末はこんなチラシが村の各ポストに配られました。
170610 010
土曜日は今季最後の試合なので、無事10部リ-グに行く村のチ-ムのお祭りに参加下さい、というチラシだったんです。
170610 012
ソ-セ-ジに色々なボランティア女性達の手作りサラダを食べながらビール片手にサッカ-観戦。
170610 031
私の15年来のママ友は、チ-ムの写真が張ってある(これも食べられる)サッカ-場型ケ-キを持ってきていました。
170610 028
サポ-ター軍団はここぞとばかりに、爆竹や煙を放出してモウモウにし、後方の道路を見えない状態にして運転者たちにクラクションを鳴らされていました。
170610 024
その前では選手がトロフィ-を皆でかかげ、その後はトロフィ-にビ-ルを注ぎ、皆でおおはしゃぎでした。
170610 040
村人たちは夜まで宴会を楽しみ、DJは呼ぶは、10時半過ぎには打ち上げ花火まで出たという、なんとまあ、本当に村をあげてのお祭りだったわけです。
それもそのはず、100年の歴史を誇る、村のサッカ-チ-ムが10部に昇格したのは100年の間になんと3回だけ、ということで、昇格してもすぐ降格というお粗末な歴史しかないため、10部くらいでもうちの村ではもう十分大きな出来事だったわけです。
 
と、まあ、相変わらず週末はなんやかんやと忙しい村の生活です。

ついに11部リ-グから10部へ昇格

170515 089
街のサッカーチームから「俺らの夢を叶えるのを手伝ってくれ」と村の青年団に1年近く口説かれ続け、万年最下位リーグから抜け出せないしょうもなく弱小の村のサッカーチームへ長男が帰ってきてから約1年 ― ついに村のチ-ムはその目標通り、10部リーグへの昇格の夢を果たすこととなりました。
170515 040
今期30試合中、28試合(1試合同点、1試合負け)の勝利をおさめた我がチームは、1ヶ月前には来季昇格は決定となり、その日は村人もたくさん集まり、既にもはやお祭り騒ぎでした。
170515 063
見に来てくれた村人達にお礼のあいさつ
170515 060
その後はビールや水のかけあいっこ
170515 047
みんなで芋虫(? 名前は知りませんが、なんだかそんな感じ)ダンス
170515 077
そして一人ずつひざまづいてのビールの洗礼
170515 073

でも今季なんといっても大活躍だったのは村の応援団でした。
170515 030
村の青年団の応援団たちは、試合のたびに太鼓やラッパ、拡声器を持って応援に駆けつけ、選手の闘志を鼓舞し、健闘を称えました。彼らもまた25,6歳の若者で、選手の友人、幼馴染、あるいは兄弟だったりするのですが、この木のベンチを手作りで作ったのが、3月くらいのことで、ホ-ム試合ではここに陣取り、遠征試合では取りあえずおそろいの服を来て、旗を持って駈け付ける、なんとも頼もしい応援団なんです。

サッカ-場はみすぼらしく、更衣室は超古くてボロボロ、夜の試合でもライトもないような、人口770人の村の本当にしょうもない超弱小サッカ-クラブですが、こんな応援団がいる素晴らしいチ-ムです。

「夢はかなう」と体現できた彼らは本当に幸せだと私は思います。
例えそれが11部リーグでの夢でも、それでもそこに仲間がいて、それが皆小さい頃からいつも一緒だった幼馴染や親友、当時子供時代にかわいがってくれたティ-ンエイジャ-だった憧れのお兄ちゃん軍団なんですから、他に望むものなんてないでしょう。
そしてその彼らの夢に、みんなの予想通り貢献できた、これまた幸せ者の長男でした。
一番年少(本来であればU19のチ-ムにいたはず)で一番小柄な長男は、チ-ム内3本の指に入るベストプレーヤーで、贔屓目でもなんでもなく、彼無しにこの夢は叶うことはなかったことでしょう。

こんな村のサッカ-チ-ムに帰ってきて、今つくづく幸せをかみしめている長男でした。

プ-ルとサウナ

それでこの長い休みを利用して、久しぶりに三男を遊びに連れていくことにしました。
長男と次男は3歳違いで2人で遊べたのですが、三男のプ-ル遊びには18歳の長男も、15歳の次男も来てくれるはずもなく、そんなわけで三男の幼馴染の2人を連れて計3人の男の子達とプ-ルでした。
161127 027
正直、長男が小さい頃から、今まで多分15年近くこんなことをしているわけで、小さな子供達(しかもいつも男の子軍団ばかり変わり映えしない、女の子は全くいない私の周辺)と遊びに行かなければならない、その年月の長さに時々うんざりもしてくるのですが、三男が私と行きたいのも、あと数年でしょうから、潔く我慢して私の楽しみも見つけました。
161127 011
このプ-ルにはなんとサウナも併設されていて、追加料金(500円くらい)を1回払えば、サウナに好きなだけ何度でも入ることができます。
私が大好きなのはハープの香りただよう、ミストサウナなんですが、
161127 002
こんなミストシャワ-も素敵
一番のお気に入りはこの暖かい石でできた長椅子で、ここに横になるとあまりの気持ちよさにいつもぐっすり寝てしまいます。
161127 009
この椅子からの眺めはこんな感じでとても開放感もあり、疲れた日々から一気に回復できます。
161127 007
他にも普通のサウナや、塩サウナ、ジャクジ-バスなんかもあり、またもっとお金を払えば本格的サウナも併設されているんですが、ここの一番の良い点は、水着のまま入ることが許されていることなんです。

ドイツでは、サウナは通常は全裸で、その上、男女混浴です。
そんなわけで私はわざわざ行ったことはないのですが、高級ホテルなんかの上についているサウナもそうで、一度プールと間違って行ったら、真っ裸のおじさんに「ここは洋服は全て脱いで入るよう」と言われ、きれいな若いお姉さんが美しいヌ-ド姿でその横を歩いていったのには、度肝を抜かれたものです。

三男もその友人達もやっと10歳前後ということで、放っておける年齢になってきたのもヤレヤレです。
そしてあと5年後には誰も一緒に来てくれなくなり、その時には一人寂しく行かなければならないのかと思うと、やはり今のうちに子供との時間も一応は大事にしておかなければいけないですよね。

休暇のように、リラックスできた良い一日でした。

ペンテコステ-聖霊降臨(せいれいこうりん)祭


170604 061
今日はドイツではとても大切な、Pfingsten という祭日で、うちの村では例によって、パレードが催されていました。
この聖霊降臨祭というのは、その名の通り、イエズス様の復活後、そしてその40日後に昇天された際、集まって祈っていた120人の信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったという事を記念するキリスト教の祝祭日なのですが、そういうわけでイースターの50日後に祝うお祭りです。
そもそもペンテコステという名前は、ギリシア語で「50番目」を意味するペンテーコステー から来ているそうで、キリスト教ではけっこう大事な祝日にあたり、日曜日から月曜日までの長い祭日となります。
それでこの際の村祭りでは、上記のように着飾った若者たちが、夜村の集会場で舞踏会を繰り広げるわけです。
ディスコパ-ティではなくて本当にワルツなどを踊る、非常にロマンチックな舞踏会なんです。

でも今日私たちは、台湾からの3人のお客様が来ていて、主人と私と計5名で村の散歩へ行っていました。
主人の研究関係のお仕事のお客様でしたが、皆でケーキを食べて楽しく過ごしました。
170604 075
台湾からのおみやげだというのに、何故か日本語で書いてあったり(説明は中国語)、台湾でも日本のものが人気だということがわかりますね、実際彼らはいつでも親日家が多いですよね。
私は中国の月餅がだいすきなので、嬉しかったです

トランプ氏とロ-マ法王



皆様、大変ご無沙汰しておりました。
この5ヶ月、なんだか忙しい日々を送っていました。

今回久しぶりの更新では、またまたトランプ氏の面白い動画で復帰させていただきます。

これ実はフェイクビデオ(メラニア夫人がトランプの手を払いのけるパロディ?)だそうですが、最初見たとき気がつかなかったので結構笑ってしましまいた。
でも実際トランプ氏が手をつなごうとしたら、法王様このようにしそうな気がしませんか?




それでこちらはフェイクではなくて本当の画像。
トランプ氏がメラニア夫人を連れてイスラエルを訪問した際ですが、トランプ氏、これは本当にピシャッとメラニア夫人に拒絶されていて、なんか笑えます。奥さんにもあまり愛されてなさそうな、トランプ氏なんでしょうか???
動画中旬に出てくるトランプ氏が彼女から視線をそらした際の、メラニア夫人の表情の激変ぶりは、まぁ、すごいです!

面白いです。

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック