プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

フランス人の特徴 その2

世界の中でもうつ病患者の数が多いといわれている
フランスですが、前述の友人曰く、それはフランスの教育制度というよりは
クレッシュと呼ばれる託児所の充実にあるのではないかということでした。

フランス人やベルギ-人にとって仕事のため(お母さんの)
生後3ヶ月くらいで託児所に入れて、自分が働きに行くことは
当然のことのようで、今までここドイツでフランス人達が
「ドイツのこの託児所の少なさはあり得ないことだ」と怒っているのを
何度か聞いたことがあります。
公立も充実していて、例え私立だとしても国から補助金がでるようで、
日本と比べたら格安に子供を1日中でも預けることが可能のようです。

そんな幼いうちにお母さんから離されることが、後々の
情緒的な問題につながってくるのでは、ということが
友人の見解でした。

それに対してドイツ人だけれどベルギ-育ちで、ベルギ-や
フランス事情にも詳しい(ベルギ-のインタ-ナショナルスク-ルに
通っていたためフランス人家庭の友人もたくさんいたため)うちの主人曰く、

「でも生活が大変な東ドイツではほとんどのお母さんが働いているのだし
だからといってうつ病が多くなるということはないのでは」

という意見だったんですが、フランスでは生後10ヶ月を過ぎたら
少しでも子供は親から自立させようとすることが好まれるというフランスの
お母さん達にとって、生活のために働きたいのか、単に自分の自由が
欲しいだけなのか、それによって家庭での子供への接し方がかわってくるのは
間違いないでしょう。一事が万事で家での子育てもおざなりになる傾向が
あっても不思議ではありません。
事実生後3ヶ月の赤ちゃんを毎日人様に預けて平気、という気分には
私達日本人ならなかなかなれない気がしますけれど、どうなんでしょう。

なので、友人の託児所の充実が、のちのちフランス人の精神状態を悪化させる
ひとつの原因になる、という説は私には理解できました。


ただここでも主人曰く、

「そもそもフランス人は病気になることが好き、なんやかんやと理由を
つけて自分を正当化するために、病欠の理由でうつ病を使っているだけ」

という説もなんだか妙にうなずけました。

病欠の50パ-セントがうつ病とも言われるフランスでは
もしやうつ病であることは、かっこ良いことでもあるんでしょうか?!!

それにうつ病であれば、生活保護の申請もどうやら通りやすい事実が
あるようで、人生を狡猾に生きることが美徳…いえいえ失礼、そうではなくて
人生を上手に生きることが大切と教わっているフランスでは、

「私はうつ病!!!」と言っておくと損するよりは得することのほうが
多いから、とりあえず、という感じもあるのかもしれませんね。

フランス人一家の友人のご主人も6年くらい前にうつ病になり
研究所を2ヶ月くらい正当な理由としてお休みしていたのには
当時驚きましたが、うちの主人が一応心配して電話したところ
なぜそうなったのかを流暢にあっけらかんとたくさん説明してくれたのには、
ベルギ-育ちのうちの主人すら少々びっくりしたようです。

精神科にかかるのは日本ではなんとなく恥ずかしいイメ-ジですが、
ここ欧州(特にフランスあたり)では逆に文明的でおしゃれなことだったり
するのかしらん、と考えたりしました。

ところで今日のドイツのニュ-スでドイツでのうつ病患者も急増中で
現在その数なんと400万人に上るそうです。
2013年のニュ-スではフランスは300万人ということを考えると
ドイツもフランスも同じくらいの数-あるいは今ではドイツのほうが多いかも知れず
そうなるとフランスの託児所に問題の根本はある、ということは
残念ながら言えなくなってしまいそうですね。。。。

結論を言えば、はやりなんやかんやで世渡り上手なフランス人の方便が
昔は質実剛健が取り得だったドイツ人にもうつってきているということなんでしょうか。。。

ふ-ん、考えさせられます。。

フランス人の特徴 その1

先日、フランス在住の私達夫婦の10年来の
日本人の友人が我が家を訪ねてくれました。
彼はここドイツの研究所で7年くらい、今はフランスの研究所で
4年くらい働いています。

それでフランス人の気質について色々教えてもらったんですが
非常に興味深かったです。
相対的に実直さが重要視される(最近は違うかも?)ドイツと比べ
フランスで大切なことはいかに誤魔化し上手であるか、ということを
生活の基本として教わるのだそうです。
学校でも家庭でもそれは同じで、例え宿題を忘れてもその理由を
理路整然と上手に説明することができれば、お咎めなし、と
判断されるということでした。
また非常に洗練された話し方で、相手を説得することにも
長けているのが最大の特徴ということで、友人いわく、
「あなたの意見はいいね、でも…」とは決して言わずに大抵は
「あなたの意見はいいね、それにね…」と言い、そのあとに自分の
意見を持ってくるそうで、最終的にいつの間にやら相手のほうの
意見が通ってしまったりするようで、フランス人の狡猾さには
舌を巻くほどだそうです。
彼曰く「もう自分も BUT は使わなくなった 」とのことで
フランス人のおかげで非常に洗練された社交性が身について
いっているとのことでした。
外交上の言葉がフランス語だった理由には、フランス語が美しいから、という
だけではなく、こんなフランス人の特性も影響したのかもしれませんね。
社交性に長けたフランス人から見たら、「見たままそのまま、裏も表もなし」の
ドイツ人はさぞや田舎くさく感じることでしょうね。
気持ちわかります。。。。

それでその友人はそんなフランス人を理解しながらも
妻子はフランス国境沿いのドイツ国内に在住させていて
学校はドイツの教育のほうが上、と言っていました。

これに関しては様々な意見を今まで色々な国の人から
聞いたことがあるので、私にはドイツがいいのかフランスが
いいのかは正直不明です。
例えば彼のような優秀な人にとってはどちらにせよ
どこで教育を受けても同じということでしょうしね。

彼曰くフランス人に鬱病が多いのはひとつはこの教育制度のせい、と
言っていましたが、この話はまた次回に持ち越します。

フランステロ事件6-フランシスコ・ローマ法王

そんな中、フランシスコ・ローマ法王が1月15日
フィリピンに向かう機中にて、一連の事件について

「神の名において人を殺すのは愚かしい」と述べながらも、
「あらゆる宗教に尊厳がある」「他人の信仰について挑発したり、
侮辱したり、嘲笑したりすることはできない」

と自らの意見を述べました。

「言論の自由は権利であり、義務であるが、他人を
傷つけることなく表出されなければならない」

とも発言されたそうで、報道と宗教の自由について中立な立場の中、
その上で今回の事件は双方に非があるという見識を示されたそうです。


また同日、アフリカ系フランスのコメディアンデュードネ(Dieudonne)氏が
14日、パリ(Paris)で先週に起きた一連の襲撃事件の実行犯の1人への
共感を示唆した発言をめぐり身柄を拘束され、裁判にかけられることが決まったそうです。

問題になったのは彼がフェイスブック(Facebook)に投稿した
「今夜はシャルリー・クリバリのような気分だ」というもの。
(「私はシャルリー」のスローガンと、ユダヤ系食料品店の立てこもり事件を引き起こした
アメディアメディ・クリバリ(Amedy Coulibaly)容疑者の名前を組み合わせたもの)
他にもフランスではネット上でテロを擁護したとして、54人が捜査対象にされているとのこと
ですが、報道の自由を許されているわりにはなんだか偏狭なフランスです。。。

ソーシャルメディア上では、「デュードネ氏の言動は我慢がならないが、
フランスでは表現の自由に二重基準が設けられているようだ」といった批判の
声も上がっている。だが、メディア法専門家は、宗教を揶揄(やゆ)することは
フランスでは禁じられていない一方で、テロを擁護する行為は他の事件を誘発
するという理由で禁じられていると指摘している。


なのだそうですが…。


昨日私も金曜日に事件の舞台となったヴェルヴィエから20kmも
離れていないところへ買い物へいき、主人は電車でそのヴェルヴィエを通り、
停車までしましたが、今のところ変わった様子は幸いにして
何もなかったようですが、ベルギ-には実は100人ではなく500人あまりシリアの
戦争から帰国した戦闘員がいるそうで、それはドイツと同じ数なんだそうです。
国の大きさを考えれば、ベルギ-がかかえている問題のほうが大きそうです。

英紙デーリー・テレグラフはブリュッセル発で、フランスで17人の死者を出した
3人のテロ実行犯は、使った武器のほとんどをベルギーの犯罪集団と武器密売人
から購入していたと伝えているそうですし、前述のアメディアメディ・クリバリは
旧チェコスロバキア製のスコーピオン短機関銃とロシア製トカレフ小銃を、
ブリュッセルと南部シャルルロワで入手した記録が残っているそうです。

その上、アントワ-プは宝石商のユダヤ人の街で有名です。
イスラムと超敵対関係のユダヤ人が多数住んでいるこの小さな国で
大規模なテロが計画され、それを未然に防ぐことができたことは
本当に幸いでした。

フランスの一連のシャルル・エブド事件が隣国ベルギ-まで
巻き込んでいきそうですが、それこそ偏狭な私はドイツにまで
この問題がこなければいいのに、と思っています。

フランステロ事件5-ベルギ-にてテロ計画発覚

ここ1週間、毎日事件が起こり続けている中
昨夜のフランスとドイツのトップニュ-スはベルギ-東部ヴェルヴィエにて
警察署などへの襲撃を計画していた10人ほどのグル-プのうち
2人を射殺し、一人を逮捕したそうです。

今回のグループはフランスで発生した一連の連続テロ事件の実行犯とは
関係がないとのことですが、フランスとベルギ-は近い上に言葉の共通点もあり、
2014年5月、ブリュッセルではアルジェリア系フランス人が、ユダヤ博物館で銃を乱射し、
四人が死亡する事件もありました。(犯人はマルセイユで逮捕)
またベルギー高官は、グループがイスラム教の過激派組織「イスラム国」の
指示を受けていたと指摘した。(5月の事件での犯人は「イスラム国」の看守だった)

昨日のニュ-スでは、フランスとベルギ-の移民などの状況は
とても似ているうえ、ベルギ-からも戦闘員としてシリアに出国したうちの
100人がベルギ-へ帰国しているそうで、今回の事件をうけて国内でのテロ発生の
可能性が懸念されて、国内のテロ警戒レベルを4段階の上から3番目から、
2番目に引き上げられたそうです。

ヴェルヴィエ(Verviers)はワロン地域圏の『水の都』と呼ばれ、
人口5万人の小さな町で言語はフランス語、
またワロニ-地方最大のモスクがあるのだそうですが、
なんといってもドイツに衝撃をもたらしたのが、ドイツ国境から
25kmしか離れていない町だということでした。
このヴェルヴィエからドイツのア-ヘンまでは電車で30分かからず、
ブルュッセルまでは1時間半という距離です。

また私にとっても正直全く無関係ではなく、ドイツからベルギ-へ行くために、
いつも私達が使う列車もこの町を必ず通るので、少々心配になってきたほどです。

どんどん拡散していくフランスに始まったテロ事件です。

フランステロ事件4-シャルリ・エブド最新号その2

昨日車を運転していたらちょうど流れたのが
シャルリ・エブド最新号がドイツでは土曜日から発売されると
いうニュ-スでした。

ここドイツでは1万部(全部で300万部)が土曜日には購入できるそうで
駅のキオスク、あるいは空港のキオスクが一番手に入り安いだろうとの
ことで、また今の時点ではドイツ語版ではなく、そのままフランス語の
オリジナル版の発売予定しかないようです。

そのニュ-スによると eBay などでも買えるそうですが
(値段はキオスクで買えば4ユ-ロだというのに)
100ユ-ロから高いものだと500ユーロにもなるそうで
私も一応 eBay を今見てみたら、今日は10ユーロくらいから
買うことができるようですが、確かに500ユ-ロというものもあり
ニュ-スで言っていたのは本当のことでした。。。

すごいフィ-バ-状態です。


フランステロ事件3-シャルリ・エブド最新号

charlie1.jpg
(「全ては許される」という文字の下に、預言者ムハンマドが涙を流しながら、
「私はシャルリ」という文字を掲げる姿が描かれている、
今日発売のシャルリエブド最新号の表紙)

この表紙については世界中で賛否両論が巻き起こっているようです。

- 風刺画はフランスの伝統。ここはフランス、いやなら自国へ帰れば。
- こんな風刺画に怒るとは笑止千万。もっとひどいテロ行為や犯罪をおかして
  いる、イスラム過激派がなにを言う。
- でもだからといって神様への冒涜は良くないでしょう。
- それに、これではまさに挑発しているようなものだわ。
- 表現の自由、報道の自由はもっとも大切にされるものだから
  それを侵害することはいかなるものでも許されることではない。

…と本当に意見は様々です。

そんな中、ジャーナリストでつくる国際NGO「プレス・エンブレム・キャンペーン」
(本 部ジュネーブ)はこの号の発行に際して、

「緊張緩和が求められる時に配慮を欠き、火に油を注ぐ」と批判する声明を出したそうです。
同団体は声明で、「過激主義者に屈しないとの主張は理解するが、
何でも表現していいわけではない」と指摘。
「表現の自由は相互尊重の中で制限される」と
訴え、「プロの記者は中傷や侮辱を避けなければならない」と強調した。

との記事を発見しました。

私はなんやかんやなんやかんや言ってフランス人が好きです。
ルイ16世はじめ王族をギロチンに、という残虐さはともかく
あれほどの王政を前に、民主主義を成し遂げた功績は尊敬します。

でもこれではまるで、「目には目を、歯には歯を」といういたちごっこではないですか。

テロに屈しない、それは誇り高く理想的で素敵ですが、次の
報復にはどうやって対処するつもりなんでしょう。
10歳の少女にまで自爆テロをさせるような過激派の人たちに
欧米の常識が通用するなら話は簡単なんですが、
白人の自尊心の強さもどこまでイスラム過激派に通用することやら…です。


これ以上、無関係な多くの犠牲者が出ないことを祈るばかりです。。。


フランステロ事件2-反イスラム・反移民への抗議デモ

ドイツではここ最近急速に PEGIDA(ペギーダ)という政治団体
「西洋のイスラム化に反対する欧州愛国者」の活動が広がっていたようですが
1月10日の土曜日ドレスデンで、この団体に反対するデモ行進が開催されていたようで、
3万5千人が集まったのだそうです。

それで昨日の夜には、そのPEGIDAに反対するアンチPEGIDAの
デモ行進がドイツ全国で開催され(ドレスデンはじめ、ライプツィヒ、
ベルリン、ミュンヘン、ハノ-バ-、ハンブルグ、デュッセルドルフ等々)
その数なんと10万人ということで、パリでのテロ事件がドイツ全土を
いまや巻き込みそうな様子になってきました。
dres1.jpg

これをうけてメルケル首相も
「イスラムはドイツに属しています」と声明を出したそうですが
移民国家のフランス、ドイツは本当にこれからどうなっていくのか
住んでいる私も心配な気分になってきました。

宗教、人種問題とあまりにも複雑な欧州情勢です。

フランステロ事件-追悼デモ行進

昨日午後たまたまCNNをつけたところ
こんな映像が流れていました。
1011 paris1
パリにてテロ事件追悼デモ行進が行われ
パリだけでの参加者は200万人、フランス全土では370万人という
フランス史上最大規模の集会だったそうです。
1011 paris2
参加人数もさることながら、欧州各国の首脳をはじめ
イスラエルやパレスチナの首脳も参加するという
未だかつてない歴史的な一日ということで、CNNでは
一日この様子が放映されていました。

夜にドイツのニュ-スを見たら、ドイツ各地(ベルリン、ケルン、ボン、
デュッセルドルフ、ドレスデン)でも団結の追悼行進が行われ、
ロンドン、ブリュッセル、ポルトガルなど欧州各地でも
同じように追悼デモ行進があったようです。
1011 paris3
アーヘンのカ-ル大帝像にも
゛Je suis Charlie゛ のスロ-ガンが
かかげられています。

これほど欧州全体が一丸となった日は今までなかったことでしょう。
映像から伝わってくる熱気に圧倒され、終日TVに釘付けになった
昨日でした。
行進に参加したわけでもないのに、歴史の1ぺ-ジに自分自身も
参加できた気分になりました。

すごい一日でした。

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
2015年が皆様にとっていい年でありますよう
お祈り申し上げます。

大晦日のあと、私達はいつものブル-ジュ休暇でした。
150102 093
冬には広場がスケ-トリンクになり息子3人は
楽しんでました。
スケ-ト歴の浅い三男が一番喜んでいましたが。。
150102 104
一人7ユ-ロ(現在1000円くらい?)で何時間でも
楽しめますが、三男くらいの子供(8歳)無料でした。
150102 135
夜は義母お気に入りのレストランで
150102 136
ここでいつも注文する大好きな魚のス-プ
150102 153
そしてもっと大好きなホタテ料理をいただきましたが
ホタテはお寿司で刺身の状態でいただくのがやはり
一番かしら。。。と思ったりしてました。
ご馳走になって偉そうに言うのもなんなんですが
刺身文化がない外国はやはり料理の幅が狭くなりますよね。。
でもドイツでは魚介料理はそもそそもあまりなさそうなんで、
ここベルギ-でホタテ料理をいただけただけでも有難く思うべきですね。。。
本当は…。
ドイツでも高級レストランならあるのかもしれませんが(その辺のことは
私はよく知りません)ベルギ-ならそこそこのレストランの魚介でも結構美味しいです。
150102 025
1月なのになんだかそれほど寒くない、あいかわらず我が物顔の
白鳥軍団がたくさんの休日旅行でした。


FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック