プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

灯篭が静かに流れていくブログパーツ
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

犬嫌いのイスラム人 その2 

わんちゃんの件でブログに載せたことを友人に確認したところ
少々犬の話で誤解があるようだと詳しい話を教えてもらいました。
なので前回のイスラム教徒と犬のお話を訂正させてもらうと、
ただ犬を飼っているということで「犬を殺してしまえば」と
言われるわけではなく、彼女のわんちゃんが高齢でそのために、
世話や介護に追われている状態を聞いてのことなんだそうで、
旅行やお出かけもわんちゃんの容態にあわせて、ということで
自由にならないという点が、どうしても理解してもらえなく、
そういった返答をされてしまうとのことなんです。
しかもわんちゃんが高齢で散歩へも行けないということを聞くと
今度は本来犬好きの(イメ-ジの)ドイツ人、フランス人も
こちらはこちらで違う視点から同じ言葉を彼女に投げかけるそうで、
これはまた違う意味で彼女は悲しかったそうです。
家族同様のわんちゃんを高齢という理由で安楽死させることを、
よその人に勧められるのは誰だって我慢ならないのは当然だと思います。

うちの村ではたくさんの人が犬を飼っていますが、確かに
「安楽死」の例は今まで何度か聞いたことがありましたが、
彼女に指摘されるまで、ドイツ人のそんな一面は気づきませんでした。
ただ彼女自身も言うように、欧米では人間の「尊厳死」を認める国も
出始めているので(スイス、フランス、ベネルックス三カ国とアメリカの
いくつかの州、ドイツはまだですが)、
喜びもないまま生き続けるのが本人のためにいいのか、という思想が
あってのことのようですが、飼い主の彼女がわんちゃんに生きていて欲しい、
死なないで、と思うなら、それはわんちゃんにとって生き続けることの
喜びかもしれないですよね。
そんなこと赤の他人にはどの道わからないことなので、ドイツ人も
余計なところでおせっかいを焼かずに、そうっとしてあげてほしいです。

あとこれも彼女が教えてくれたんですが、イスラム教徒でも
わんちゃん好きで飼っていてもそれを他の人には言えないので、
散歩をさせないだけで、実際は家で飼われているケ-スもあるようで、
なので最近イスラム圏のどこかの国では犬を飼うこと禁止令が
法律で決められたようだとのことでした。
イスラム教で「犬は不浄のもの」というのは本当のようです。

それでインタ-ネットで少し調べたんですが、イスラム教では
死者を焼いて弔ってはいけないそうで、その昔にご飯をもらえない犬が
何を食べるかといえばそれはずばり人間の遺体だったなのではないか-
人間の遺体を食べるから不浄といわれている、という説がどうもあるようで
なんだかこの説は背景を想像すると胸苦しい気分になります。
死体しか食べ物のないわんちゃんて、可哀想すぎますが
でも昔、昔のその昔はイスラム圏だけではなく、どこの国でもそんなことが
あったのかもしれません。。。。
人間だって飢えて死んでいくのが普通だった時代があったわけですから。

ただ犬の伝染病や狂犬病が多かったのため、あるいは、預言者モハメッドが
猫好きで犬嫌いだったから、という理由で゛犬は不浄゛説が有力だと、
私としてはそちらの方を一般的な説と強く信じたいです。

全ての生き物の殺生はしないという訓えこそ本当の宗教なのじゃないかと
思ってしまいますが、かといってベジタリアンになる根性はない私なので
罪深いのはかわらないのでしょうね。

世界は広く、宗教の道は険しいです。
この宗教観の行き違いをどうしたら埋めていくことができるのか、
誰にも解決できないのでしょうか。
神様、そのためにこそあなたはいらっしゃるのではないですか?
と、世界三大宗教の唯一にして絶対神であられる神様に聞いてみたいものです。
ユダヤ教・キリスト教・イスラム教徒はいつでもあなたのために
(本当はあなたの名前を名前を使って ですが)戦ってきたんですよ、
こんな戦いばかりで神様としてはこれは良いことと
本当にお考えなんでしょうか?
その上、この三大宗教の神様が実は同じ神様であると考えるとますます、
なぜ同じ神様のために戦わなければならないのと、疑問に思うのは
私が日本人だからなのでしょうか。
神様、あなたもこんなことを本当に望んでいらしたんですか?
なんてこんなことを考える私は多分天国へは行けないんで、この唯一絶対神の
神様にはお会いできないので、この答えを聞くことはできないことでしょう。
残念です。

この三大宗教の神様が同じ神様だということを、実は知らない人が今まで
欧米人にも結構いて、私的にはびっくりしたことがあります。
でも知らなくてもホントは仕方ないかもしれません、だって同じ神様を軸に
宗教の違いで争っているなんて常識的にはそのほうが全然ピンとこないですよね。

八百万の信仰が基本的にある日本人の私には、ますます理解しがたい
この唯一絶対神さまです。。。





犬嫌いのイスラム人

数日前の新聞で、びっくりする見出しを見つけました。
「死刑、なぜなら彼らはコ-ランを読むことができなかったから」

またもやケニアの首都ナイロビでのアルシャバーブによる
テロでした。
アルシャバーブとはソマリアで活動するスンニ派過激組織で、
かの有名な「アルカイダ」に忠誠を誓い、ソマリア政府や同国内の
外国勢力を標的とした過激テロを実施しています。
100人ばかりの武装集団が、なんでもナイロビからソマリアの国境を
走っていた観光バスを襲撃、少なくとも28人(うち女性7名)が
コーランを読めるかどうかのテスト後に、撃たれて殺されたそうです。
(新聞にはどこの国の人かは書かれていませんでしたので
ケニア人だったのでしょうか)

そもそもアフリカの宗教事情はわかりにくいのですが、ソマリアが
イスラム教を国教(実に人口95%)に対して、一方ケニアは
プロテスタントが47.7%、カトリック教徒が23.5%、その他の
キリスト教徒が11.9%、イスラムが11.2%、伝統宗教の信徒が1.7%、
ヒンドゥー教徒が0.1%、その他が1.5%、無宗教が2.4%となっていると
のことでもともと宗教には寛容な国のようです。
1998年にはケニアでアメリカ大使館がアルシャバーブに爆撃され、
2013年にはナイロビ高級 ショッピングモール「ウエストゲート」も
襲撃を受けている中、ソマリアの超過激テロのおかげで、住民は
常に危険な状態におかれ、この数年たくさんのテロ爆発が何件も発生、
観光業界も深刻な被害を受けているケニアなんですが
こんなに宗教的に寛容な国がただ国が隣接しているということで、
ここまで被害を被るのは本当につらいことでしょう。

アフリカ連合ソマリア・ミッションとともにソマリアと戦っている
ケニア陸軍などに対する報復の意味をこめてのテロなのだそうですが
ソマリアの内戦でたくさんの難民もケニアに流れ込み、受け入れれば
ソマリアの敵意をかい、あるいは利用され難民キャンプがテロ温床の場と
なり、また受け入れなければ人権団体から批判を受けているそうで、
「一体どうしろというのだ!!」という状態でしょう。

特にこのアルシャバーブはイスラーム教に基づくシャリ-アという法体系を
第一の行動原則としているとのことで、例えば罪に対する罰が厳格で、
2008年には姦通を行ったとして13歳の少女が石打刑で処刑されたのだそうですが、
この少女は3人の男にレイプされた被害者であるとする報道もあるとのこと。
また2009年には、携帯電話を盗んだ罰として、若者4人の手足を
片側ずつ切り落とすとする判決が出されたと報じられていたり、
イスラム教徒は私たちのように八百万の神で育った日本人とは
全く違うメンタリティ-があるようです。

カトリック教徒も一神教なんでこの「八百万の神がいる」という話は
カトリック教徒からもびっくりされ、ドイツ人やフランス人の驚く顔見たさで
この話題を出すときもありますが、それでも私は知り会いのイスラム教徒と
この件で会話をしたいとは思いません。

もちろん今回の話はすべて超過激イスラム集団アルシャバーブの
話で、一般のイスラム人はこんな風ではないのは当然ですが
先日これまたびっくりする話をお友達に聞きました。

知り合いに大変犬好きな日本人の方がいて、わんちゃんを
とても大事に飼われている方が、ドイツ語クラスへ行くのを辞めた原因は
イスラム教徒にいつでも「犬なんて殺してしまえば」と言われるから
だということでした。
これは私は長年気がつかなかったんですが、そういえば
確かにトルコ人で犬を飼っている家庭というものを見たことがないような
気がしました。道で散歩しているトルコ人が犬を連れているのも見たことが
ないです。それはイスラムの教えでは「犬は不浄のもの」なのだそうで
それにしても犬を家族のように大事にしている人にむかって言うような
言葉なんでしょうか。ちょっとひどくないですか?

私のとても仲良しの友人がやはりイスラム教徒なんですが
共通の友人が亡くなる間近に
「彼女の病院に駆けつけ、彼女をイスラム教徒にしなければ
彼女は亡くなったあと、天国へ行けないです」と本当に心配して
いた時には、正直長年の友人でも返す言葉を失いました。
彼女は超インテリの物理学者なんですが、そんな人でも宗教がー
しかも自分の宗教だけがーそれほどそれほど強い力があると
信じているんですね。
彼女は義理のお母さんが子供たちに持ってくるハリボをいつも
私にこっそりくれました。
ハリボはグミでゼラチンで作られているため、イスラム教徒は
これも食べることができません。
ゼラチンは豚から作られるものだからです。
友人宅のバ-ベキュ-も当然ご法度です。だってソ-セ-ジを
焼いた同じ鉄板で、聖なる肉を焼いて食べることなんてできないからなんですが、
日本人の私には申し訳ないけれど時々理解不能です。

なんだか今日はイスラム教の悪口みたいになってしまいましたが、
「犬は不浄」発言に衝撃をうけ、続けてあまりにびっくりな新聞記事まで
見つけてしまい、今回の話題になってしまいました。
イスラム教徒の方が、皆テロリストではないのは当然
承知の上なので、どうかお許しくださいませ。。。

それにしてもイスラム教にしろ、キシスト教にしろ、ユダヤ教にしろ
宗教でお互い仲違いするのはいいかげんやめられないものなんでしょうかね。
そうしたらもう少し建設的な生活ができるのでは、と考える私は
神というものを知らないかわいそうな人なのでしょうか。
多分このまま地獄行きですね。

ドイツアマチュアサッカ-事情

先日、ドイツに日本人選手が多くなったと書きましたが
141111 005
うちの地方紙でも、お2人の活躍中日本人選手の写真が
こんな風に出ていました。
141122 038
なんでもゴ-ルを決められたとかで、
この地域のスポ-ツ欄のトップニュ-スかのような扱いぶりで、
さぞやこの界隈で期待されている選手さん方なのでしょう。

ドイツでは1部から3部までがプロリ-グで、4部と5部がセミプロ、
6部から11部までがアマチュアです。
地元の新聞には、12部リーガ-(うちの町は12部まであります)
までの試合結果が毎週掲載され、地元のサッカ-チ-ムの
6部から8部くらいまでの試合内容のまとめも、新聞1枚の下半分を使って
こんな感じでばっちりのります。
141122 041
こちらは12部までの試合結果です。
141122 040
サッカ-はドイツでは本当に、地域に根ざした文化のひとつと
言ってもいいほど生活に浸透しています。

ところでこの新聞の日本人お2人が所属しているサッカ-クラブは
7部リ-グですが、3年ほど前にやはり他の日本人の方が所属していたので、
試合を見に行ったら、大人は入場料5ユ-ロ(600円)かかり、
それでもこのクラブを贔屓にしているドイツ人おじさんサポ-タ-軍団が
いて、そのサポ-タ-さん達の特別席もあり、びっくりしました。
スタジウムもないようなただのサッカ-場なんですが、地元の
週末の大イベントのひとつのようで、おじさん達にとっては
毎週の決して欠かせないお楽しみの会合のように見受けられました。
7部でも(でも12部でも)そのクラブ毎のファングッズも売っていますし、
想像以上に皆さんの゛本気゛が伝わってくるのがドイツサッカ-界です。

また5部までの選手の方はお給料がもちろん出るわけですが、
6部から8部くらいでも月に800ユ-ロ(10万円くらい)
もらえる選手さんもいるようですし、うちの子供たちのサッカ-仲間の
お父さんが副業で6部リーグの監督さんをしていて、1ヶ月3000ユ-ロ
(今の日本のレ-トだとなんと42万円!!)もらっていると聞きました。
かつて11部リ-グで月500ユ-ロ(約6万円)もらっていたという
日本人の知り合いの方もいますが、11部でそんなにお金がもらえるのは
よっぽどのことで、その方が破格に上手だったからでしょう。
普通はさすがに11部では無給だと思われます。

ですからこのブログのタイトルで「アマチュアサッカ-選手を目指す」と
いうタイトルをつけたのはふざけているわけでもなんでもありません。
好きなサッカ-でいつかお小遣い稼ぎができるようになってくれれば
大学生になって肉体労働かなんかのアルバイトをするよりは、
ずっと楽しいことでしょう。
でもあくまでもでもそれはアマチュアというスタンスで、夢々プロに
なろうなんてことは思ってもらっては困りますが。。
幸い(? というか不幸にして)うちの3人の中では、一番上手だった長男で
さえもプロへの道は地球から月ほどには遠かったわけですから、うちの
場合は3人とも誰もそんなことは夢にも思うこともないでしょう。
それどころか次男は多分なんとかアマチュアの最下位クラブで細々と
サッカ-を続け、三男は途中でサッカ-自体をやめてしまうだろうというのが
私の予想ではありますが。。。

ということで、今日は久しぶりに「ドイツアマチュアサッカ-事情」についてでした。


メルケル首相とドイツ代表選手団

11月10日の月曜日は、ワ-ルドカップ優勝のドイツ代表チ-ムが
連邦大統領のヨアヒム・ガウク氏とメルケル首相から
「銀の葉」賞という勲章を授与式が放映されていました。
image-775023-breitwandaufmacher-ajaf.jpg
メルケル氏の横がかっこ良いボアテング選手です。

image-724467-galleryV9-piws.jpg
決勝の際のこのお二人の喜んでいる姿、かわいらしいですね。
メルケル首相は特にいつでも愛らしいです。

image-774975-galleryV9-nuvl.jpg
この日はWM杯の時、ドイツでテ-マ曲だった「Auf Uns」の
アンドレアス・ブラ-ニさんもライブで登場。
今年ドイツで一番聞かれた歌だったのではないでしょうか。
WMのシ-ズンはとりわけ一日中どこでもかかっていたような気がします。

この方の力がはいっていない歌い方好きですし、この曲が
流れるとWMでの数々の感動の試合がよみがえります。

ドイツ語で歌いたい方のために
一応歌詞も張っておきますね。

(ドイツ語で歌いたい方はどうか ゛続き゛ をクリックしてください)

READ MORE

ブンデスリ-ガ-での日本人選手の活躍 その2

おとといの夜は香川選手のゴ-ルを期待していましたが
残念ながら不発に終わりました。
ドルトムントはこの日22回ものシュ-トを放ったものの
どういうわけかなんと1点も入らず、ボルシアMGのクラマ-選手が
オウンゴ-ルをしたおかげでなんとかやっと勝つことができて
リーグ戦の最下位からなんとか脱出することができたのは
本当にラッキ-なことでした。

それで昨日は家で何気なく新聞をあけたら
目に入ったのが、これまた日本人のお名前でした。
地元の新聞でアマチュアリ-ガ-の試合記事も
大きな写真付きで出ているんですが、なんと
一人は日本人選手ではないですか!!
隣町ではうちのクラブだけではなく違うクラブにまで
日本人選手の方が2人も活躍しているらしい、ということがわかりました。
そこは7部リ-グくらいのところですが、ブンデス・アマチュア・
ユ-スいたるところで日本人の海外ドイツ組が最近、加速度的に
急増しているようです。


話はかわりますが、うちの息子たちが超かっこ良いと
言っているアラバ選手とは、こんな方なんですが、
ala.jpg
お父さんがナイジェリア人でお母さんがフィリピン人なんだそうです。
22歳という若さですし、なんだかかわいいですね。

でも私がすごくかっこ良いと思っている、やはりバイヤン・ミュンヘンの
選手ジェロ-ム・ボアテング様はガ-ナ人とドイツ人ハ-フです。
boa3.png
シャルケ04で活躍中のお兄さんのケヴィン=プリンス・ボアテング氏とは
お父さんは同じですが、お母さんは違う腹違いの異母兄弟だそうで、でも
共にお母さんはドイツ人だそうです。

(ドイツ代表の弟ジェロ-ムとガーナ代表を選んだ兄ケビン=プリンス)
このお二人のことは前にも少し書いたので良ろしければ
ここで見てみてください。
BrEJ96vCUAATfR3.jpg
この2人の兄弟抱擁シ-ンはいつも素敵です。
http://chipi616.blog.fc2.com/blog-entry-233.html

ブンデスリーガ-での日本人選手の活躍

おととい何気なしにブンデスリ-ガ-の試合をTVで見ていたら
ヘルタBSC 対 ハノーファー96 だったんですが
ヘルタBSC には細貝選手、原口選手が出場していて
ハノーファー96では清武選手と酒井(宏樹)選手と
1つの試合に、なんと4人もの日本人選手が出ているではないですか!!

その上この試合では清武選手はアシストをした上、ゴ-ルも決め
実況アナウンサ-が「KIYOTAKE!!!」とそれは何度も叫んでいました。
でもゴ-ルを決めた彼の名だけではなく、ほかの3人の選手の方の
名前もすごく聞こえてきたので、1試合に4人の日本人が参加して、
その上4人の皆さんが全員とても活躍していた試合だったのかもしれません、
未だサッカ-音痴な私は、ゴ-ルとアシスト以外の活躍ぶりはあまり
わからないのですが、何もしていない選手の、あるいは期待されていない
選手の名前はアナウンサ-も呼ばないでしょうからね。
ブンデスを見ていて、たくさん日本選手の名前を呼ばれると、単純にその日が
良い気分で過ごすことができます。

そして昨日は15時半からたくさんブンデスリーガ-の試合でした。
ここでもマインツで岡崎選手、シャルケ04で内田選手、VfBシュツットガルトでは
酒井(高徳)選手、アイントラハト・フランクフルトでは長谷部選手に乾選手(でも
昨日は出場していませんでしたが)、1.FCケルンには大迫選手(今回は数分の
出場でした)で、直接の日本人対決はなかったものの、チャンネルを変えて
どの試合を見ても一人は日本人選手がいるというのはすごいことだな、と
つくづく思いました。
特に最近の岡崎選手のゴ-ルはすごいものがあり、先週は
3人の敵チ-ムの選手がゴ-ル前で阻止していたのに、その足の間をぬって
ゴールを決めた岡崎選手にはサッカ-の神様が降臨したのでは、と
思うくらいの活躍で、今季得点王になるチャンスもあるそうです。
スポ-ツニュ-スで常連さんで、岡崎選手のあまりにもすごい戦いぶりに
最近は興味のなかったマインツの試合も見るようになったくらいです。

それで昨日は30分ほど色々なブンデスの試合をチェックしてから
長男の試合に行けば、なんと長男のチ-ムにも、日本人の選手が。
うちのチ-ムには日本人・ドイツ人ハーフが長男を含めて2人いますが
うちのクラブでは実は、うちの子達のように半分ドイツ人ではなくて、
本当に日本人のお子さん達が親元を離れて、こちらでホストファミリ-のものと暮らして
それこそアマチュアサッカ-選手ではなく、プロの選手になるという目標を持ち、
日夜練習に励んでいる志を持ったお子さん達もいるんです。
最近ではクラブ全体で5名近く、うちのクラブにも日本人選手がいるようです。

中には高校を行かずに中卒でドイツに来て、最初はなんだか心配しましたが
ここでなんとか専門学校に通うという道があるようで、よく言えば
色々な生き方が許されるドイツではあるので、なんとかなるのかな、と
最近は理解するようになり、彼らが成功するよう応援する気持ちになっています。
最初のころは、早く日本へ帰るように勧めたものですが、彼らが親御さんたちと
共に自分で決めたことですし、日本の生活を捨ててまでここでサッカ-をするからには
やはり飛びぬけて上手なようですし、人生道はひとつではなくて、それこそ色々な
生き方があってもいいのでしょうね。

それで昨日の試合中は、彼ら日本人をお世話しているドイツ人の監督さんが
日本語で指示を出し、また横ではトルコ人のお父さんがトルコ語で
子供たちに活を入れるという非常にインタ-ナショナルな状態で
ドイツにいることを忘れてしまいそうでした。
もっともうちのチ-ムは本当に外人部隊のように、トルコ人はじめ
レバノン人、アルバニア人、イタリア人、ポ-ランド人と外国人選手の
方が多いので、生粋のドイツ人の方が少数なくらいで、何語が飛び出しても
びっくりしません。そもそもクラブのある町はドイツなのにトルコ人の人口が多くて
トルコ人の方がドイツ人よりも大きい顔で歩いている、といわれているような町なので
うちのクラブ全体でトルコ人が多いのは当然で、私はけっこう気に入っています。
トルコ人市民のおかげで、この町のゲバブ屋さんはおいしいですし、
うちのトルコ人とドイツ人のハーフのゴ-ルキ-パ-君なんて、その辺の
モデル真っ青!! なくらい美貌の上、背も高くスタイル抜群の少年もいます。

うちの村の生粋のドイツ人には、こんなにトルコ人ばかりのチ-ムで抵抗ないの?
と言われたことも実はありますが、このクラブのおかげで、トルコ人に対して
私やうちの子供たちが偏見を持たなくなったのは、今後ドイツで生活する上で
良いことだったように思います。いかんせんドイツは移民受け入れ態勢ばっちりの
親切な国ですから、国中移民だらけです。

うちの長男は、特にアフリカ系の子供たちがたくさん友達にいますし、次男は
「黒人の人はかっこいい、あぁ、自分も黒人に生まれてきたかった」というくらい
最近ドイツで黒人の地位もあがってきています。
日本にいたときは気がつかなかったんですが、ドイツにきて
たくさんの黒人の方を見るようになり、私も子供の言っている意味が
わかる気がしました。
トルコ人はきれいなのはもちろんですが、黒人の人も本当に
白人とはまた違う感じで、時々すごく美しいです。
長男ともう一人の日・独ハーフのお子さん曰く
「特にかっこいいのは、アジア人とアフリカ人(アジア人顔で肌の黒い人たち、
つまりバイヤン・ミュンヘンのアラバ選手のような)のハーフ」
だそうで、他のドイツ人の子供達もそう思っているのかどうか
今度リサ-チしたいと思います。

ところで今日は夜、香川選手のBVBドルトムント戦です。
その同じ時間帯にTVテニス全米オープンでの
錦織選手の9月の決勝の再放送もあり、こちらは一度見ましたが、
それにしても、世界の様々なスポ-ツでたくさんの日本人の方が
活躍されているのは本当に誇らしいことで嬉しく、そしてありがたいです。

村のハロウィ-ン 2014年

11月1日の今日は「諸聖人の日」というカトリックでは
お大事な祝日のため、カトリックの国はほぼどこのお店も
休日となります。

その前日の10月31日は、この数年ドイツでもハロウィ-ンとして
認識されるようになり、長男はティ-ンエイジャ-のハロウィ-ンパーティへ、
次男はとにかく友達と村を夜遅くまでフラフラ、三男は毎年恒例の
お菓子集めでした。
141031 031
昨日我が家にお菓子集めに来た三男の友達たちです。
141031 033
女の子たちは女の子達でまとまってきます。
141031 032
幼児たちはお母さんと一緒に。
141031 035
魔女みたいな扮装ですね。

ちなみに三男は、7歳から12歳くらいまでの男の子軍団(10人くらい)で
自転車を走らせ、村を回り、
141031 038
こんなにたくさんのお菓子をゲットしてきました。
ドイツ人の中には「こんなアメリカなんかの行事を真似して」と
苦々しく思っている人もいるでしょうに、村の皆さん本当に親切ですね。

明日は11月2日で「死者の日」。
この2日間は日本でいうお盆のようなものだそうです。

お昼にはリチャ-ド・ギア主演の映画「ハチ公」がTVで流れていて
不覚にも大泣きしてしまいました。
死んでしまった主人を待ち続ける、かの有名なハチ公の話ですが
改めて見ると、ハチのいじらしいこと。。。
渋谷の「ハチ公」は中学生のころよく待ち合わせ場所に使っていただけに
懐かしい気分にもなりましたが、よく知っている話だけに
これほど感動するとは思いもしなかったんです。
hachi.jpg
リチャ-ド・ギアさんは原作を読んで涙が止まらなかったとか。
それでこの映画の製作を決意したようなんですが、犬好きな良い人なんですね。。。。
非常に愛犬家で有名なんだそうです。

FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック