プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

灯篭が静かに流れていくブログパーツ
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

ベルギ-へ

140127 121
週末ベルギ-へ行ってました。
140127 120
今回は2階建ての、きれいな電車でした。
3時間でブル-ジュへ着きました。
140127 017
日曜日ですが数件のお店が開いていました。
140127 018
おいしいチ-ズ屋さん
140127 035
行列のできているお肉屋さん
140127 031
おいしそうなお肉が並び
140127 030
鳥の丸焼きや
140127 029
様々なチ-ズ
140127 033
テリ-ヌやサラダ
140127 027
おいしそうな出来合いのお料理も
買うことできます。
140127 036
おいしそうなケ-キ屋さんもありました。

そしてなんと言っても良かったのはレストランでした。
140127 103
ホテルのレストランで
140127 099
待合い室はおしゃれでした。
140127 106
中を通り抜け
140127 107
こんなレストランでした。
140127 053
ホタテ貝のオ-ドブル
140127 054
小海老のオ-ドブル
140127 064
メインはやはりホタテでリゾットを注文しました。
ドイツと違って量は少なく、こじんまり、
でもとびきりのおいしさでした。
140127 092
三男はデザ-トに焼きプリンを食べ満足で
140127 068
楽しい宴を家族で過ごした週末でした。


16歳になるということ

昨日こんなお知らせが学校から来ました。
140123 001
長男は現在、10年生(ギムナジウム5年から12年生までの間の
最後の10年生から12年生までの3年間)になるんですが
1月の最後の日になんだか上級学年生だけのパ-ティがあるそうなんです。
それでお知らせには

・ パ-ティは夜中の12時までかかること。
・ ビールやゼクト(ドイツシャンペンのこと)が提供されるということ

などが書かれていました。

ドイツの法律では16歳になると、ビ-ルを飲んでよろしい(親同伴なら)という
決まりがあり、8月生まれのうちの子は、1月のその日はまだ15歳、
みんながお酒も飲めて楽しい時に(半分以上の子はもう16歳)、かわいそうなことだ、
と思っていたら、息子曰く
「これに両親がサインすれば15歳でも飲めるんだよ」ということでした。

あと半年ほどで16歳になる彼が、今飲まなくてどんな意味があるんだろう、と
もちろんサインしてあげましたが、法律にはめちゃくちゃ厳しそうなドイツなのかと
思っていたら、こんな抜け道があるのには驚きました。
しかも学校がこんな許可申請用紙をわざわざ作ってくれるとは
なんてよく気がきいていること!!!
さすが人生エンジョイ最優先主義のヨ-ロッパ(の一員ドイツ)!! と思いました。

ドイツでは16歳は特別な年齢のようで、長男の友達はぞくぞくと16歳に
なっていっている今、みんなそれぞれ大誕生パ-ティをしているようです。
最近、長男が誕生パ-ティに呼ばれると、たいていは朝方までのようで
朝方先方の両親、あるいは兄弟に送ってもらって帰宅します。
そのままお泊りということもありますが。

また16歳はカトリックで大切な堅信式がある年でもあります。
うちの長男も4月にその儀式があります。

それから田舎なのにさすがヨ-ロッパ(その上おしゃれなおフランスとかではなくて
ドンくさいドイツなのに)!! と最近感心したのが
2月から、長男は学校でワルツの講習会が3ヶ月間あるということで
参加希望者はそれぞれみんなパ-トナ-を見つけて、申し込むように
お知らせがきたことでした。
日ごろ日本男児の長男も、さっさとパ-トナ-の女の子を見つけて、
申し込んでいました。
講習は3ヶ月間ということで、毎週1回練習すれば大人になった時
パ-ティで困らないくらいにはなるといいです。

実は私は自慢ではありませんが、ヨ-ロッパ人の主人よりも
ワルツが上手でしたが(最近は忘れてしまいました)
主人の両親はとっても上手で、2人は若かりし頃イギリスの大会で
優勝したこともあるんだそうで、私も結婚したころは、主人の両親宅へ行くと
4人でワルツを踊ったものです。
子供たちにもディスコダンスだけではなく、伝統的なワルツも継承していって
ほしいです。古きよき時代の美しい文化を守っていく努力を
学校がしてくれているようで嬉しくなりました。
Walzer.jpg
デビュタント・ボール(舞踏会)- これは上流階級の方達のものですがー
本当に素敵ですね。うっとりです。。。

パロンド-ル 三者三様

1月13日にバロンドール賞が発表され、レアル・マドリードのポルトガル代表
クリスティアーノ・ロナウド氏が2008年ぶり2度目の栄冠を手に入れたのは
皆さんご存知のことと思われますが、それに対してやはり3人の最終候補者のうちの
一人だったリベリー氏は、FIFAバロンドールを受賞できなかったことに納得が
いっていないと昨日インタビュ-で答えたそうです。
bun14012112070001-m1.jpg
バイエルン・ミュンヘンでチャンピオンズリーグ、ブンデスリーガ、DFBポカールの
3冠を達成したリベリーは最終候補に残りましたが、最終的に受賞したロナウドに対して

「僕はすべてを勝ち取った。C・ロナウドは何も勝ち取っていない」
「僕はこの賞を手にしたと感じている。すべては政治だ。
バロンドールはもはや僕に興味を起こさせるものではない」

とおっしゃっていられるとか、永遠のガキ大将のようなリベリーさんらしい発言で
なんだかあまりの彼の゛自分の発言忘れっぷり゛に、微笑ましくなってしまいました。
だって授賞式前の12月30日には

「受賞しようがしなかろうが、僕は幸せで変わらないよ。クリスティアーノやメッシと
ともに最終候補になったことは、僕にとって喜びなんだ。今年の僕はバイエルンで
すべてに勝った。そして、自分は大きな貢献をしたと思う。
1月13日(の発表)を見ようじゃないか。」とおっしゃられていたのとは
ずい分と趣(おもむき)の違う発言ではないですか。

一方、今回2度目の受賞をして、その功績を称えられポルトガルの
アニバル・カバコ・シルバ大統領から“エンリケ王子勲章グランデ・オフィシャル章”まで
受章したロナウド氏は、以前自分が発信した
「自分はハンサムでお金持ち」発言を殊勝にも反省している様子。
ronaldo3-500x333.jpg
バロンドール授賞式でも涙を流して喜んでいたくらいなんで、今は
すっかり神妙な心持ちになっておられるロナウド様なんでしょう。
彼が「ハンサムでお金持ち」なのは、そもそも事実ですし、仕方ないと思いますが
誰もがそう認めているんだからこそ逆に自分から言わなくてもいいのにね、と
思いますよね。
vwdRuSE8A5BJTA11389664057-500x341.jpg
それで一番優等生なのが、5年連続受賞を逃したこの方、リオネル・メッシ氏で
「クリスティアーノ・ロナウドは正当な勝者だよ。バロンドールに値する」
「(受賞についての)異論はない。彼は素晴らしい1年を送ったんだ。彼を祝福するよ」と
ライバル、ロナウドさんに賛辞を贈ったそうです。
「僕は長い間、負傷していた。(バロンドールを)毎年勝ち取ることはできないんだ」と続け
とっても大人な対応振りに感心ですよね。

なんだかこのお三方、三者三様で面白すぎます。

ところでリベリー氏が最終候補に残った際に私が一番気になったのが、
実は同じバイヤンで活躍しているロッベン氏です。
RR.jpg
2012年4月の欧州チャンピオンズリーグ準決勝では前半戦後の休憩中に
FKをめぐって殴り合いの喧嘩にまで発展したこともある、永遠の悪ガキのような
このお二方。
RR2.jpg
(殴られた後の後半終了後のインタビュ-でのロッベン氏、後半には
ゴメス氏の決勝ゴールをともに喜んで仲直り)
いつも共にバイヤンで両サイドからゴ-ルを攻めているこのお二人ですが
いかんせんお二人そろってアクが強そうでいらっしゃるので、

「バイヤンで実際に活躍したのは、リベリーよりは俺様の方だろう」と

私の勝手な想像で申し訳ないですが、こんな風に
思ったりはしていないのでしょうか。
だいたい最初の23人の候補には彼も選考されていたんですから。

お二人を合体させて「ロッベリー」というあだ名や
RR3.jpg
こんなお顔の合成写真までできているくらいですから
RR4.jpg
このお二人も最高の仲間である反面、永遠のライバルでもあるんでしょうね。

今年はロッベンさんもますます頑張ってバロンド-ル賞の最終選考くらいには
残ってくれると、ロッベンファン(?)の私としては楽しいです。ホントに…。

ところでわたし的にはサッカ-界、1番のハンサム氏といえば
なんといってもマリオ・ゴメス様なんですが
(この超イケメン・マリオ様のお写真と、上の「ロッベリー」お二方
変てこ合体写真とはあまりにも差がありすぎでしょうか)
ma3.jpg
「ロナウドが金持ちでハンサムって言ってるって、なんて可哀相な奴なんだ、
あいつはわざわざ自分でそんなことをいわなきゃいけないコンプレックスでも
あったのかなぁ? 僕は子供時代からいつでもみんなにチヤホヤされていたから
自分からそんなことを言わなくちゃいけないと思ったことは1度もないよ。
だいたい僕たちプロのサッカ-選手はみんな大金持ちに決まってるだろ、
ハンサムなやつもそりゃごまんといるさ、スポ-ツ選手なんだからさ。
ま、でも実際僕くらいのハンサムはサッカ-界広しといえどもいないだろうな、
僕なんてモデルでだってスタ-になれそうだからね、申し訳ないことに。
ゲイにしかもてそうにないロナウドとは大違いで、半分スペイン人の血も入った
僕は女性からは昔っから、もてもてだしね。
ロッベンとリベリ-は女性にはあんまりもてないんじゃないの、
もっとも2人はゲイからも、もてそうにないけどね。
パロンド-ルね、僕なんて2010-11年度のシーズンではブンデスで得点王に輝いた
くらいだから、全盛期にはロッベンやリベリ-には負けてないんだけどな。
でもだいたいあの2人には感謝してほしいよ、あの2人が殴りあいになったとき
僕が後半45分でゴ-ルを決めたから、2人は仲直りできたんだぜ。
そうじゃなければ、血みどろの争いになって大怪我してもおかしくなかったんだからね、
そうしたら今回のパロンド-ルで文句を言うことすら無理だっただろうさ、
リベリ-はどうも切れやすくていけないね、やっぱり幼少期に事故で車から投げ飛ばされて
頭を打ったのが原因なのかなぁ…? だとしたらあいつも可哀相な奴だな。。。」

…などと、ゴメス様が思ったかどうか、あくまで私の勝手な想像です、あしからず。。。
ma4.jpg
いかんせん、お顔だけではなく性格も良さそうな貴公子(あだ名は闘牛士だそうですが)
ゴメス様なので、きっとこんなしょうもないことは思わずに相変わらずの涼しいお顔で
イタリアのACFフィオレンティーナで華麗なプレ-でイタリア人ファンを魅了されている
ことでしょう。
ma2.jpg
それにしても、どんなポ-ズでもカッコ良いゴメス様です。
ma1.jpg
誰よりも美しいゴメス様で、私も気分よく
今日は終わりたいと思います。

パロンド-ルは逃しても、イケメン度では誰にも負けないぞ!!! の、
ゴメス様でした。
あれ、すみません。
…なんだか最初の話とずい分かけ離れた話になってしまいましたネ。。。
Zahia.jpg
(おまけはリベリ-氏との関係で有名になった元コ-ルガ-ルで
現在は自らのランジェリーブランドを立ち上げた、若くて超美しいザヒア嬢です。)

イギリスとドイツの学校

この数日のうち、2回ギムナジウムについて
考えさせられる機会がありました。

ひとつはうちのギムナジウムの卒業生であり、現在
アーヘン工業大学で数学と物理を勉学中の27歳の大学生君と
話していた際、彼曰く、アーヘン工業大学とうちのギムナジウムが
本当にいいのかどうかはわからないという話でした。
うちのギムナジウムは近郊のギムナジウムの中では非常に辛い成績を
つけるで有名で、なので10年生(日本でいう高校1年生)くらいで
他のギムナジウムへ転校する子供が続出します。
それでアビトゥアに備えるわけで、アビトゥアは全国同じテストなので
厳しいギムナジウムに慣れていた方が、アビトゥアでも頑張れるのでは、と
その点は彼も同意しましたが、これがアーヘン工科大学も同じで
一応エリ-ト大学と言われるだけあって、成績のつけ方は辛く
落第者続出で、留年も多いそうです。
うちの卒業生のその彼曰く、それだけならまだしも、企業に就職しようと思うと、
他の大学の簡単に成績表で優をもらった人のほうが、結局は良い就職先へ行けるわけで、
なぜそんなんに厳しくする意味がわからない、ということでした。
エリ-ト大学という名前があるだけで、それを別に考慮させることもなく
ただ勉学が他の大学より大変なだけならどんなメリットがあるのか、
ということなんでしょう。
゛確かに一理あると考えさせられました。
どこに行っても成績優秀ならそんな心配はないですが、
中間くらいであるなら、何もわざわざそんなに大変な大学へ行く必要が
あるのかどうか、という感じですよね。

それで2つ目は
昨日久しぶりに10年来の友達アンナに会いました。
13年前、ドイツに来たばかりの頃、同じ村に
住んでいた彼女とはほぼ毎日のように会っていました。
当時日本人もほとんどいなくて、お互い幼児連れだったこともあり
その上私は当時(今以上に)ドイツ語はさっぱりで、英語も本当は話したことが
なかったんですが、彼女と毎日英語で話したおかげで当時
英会話教室へ通ったくらいには上達しました。
彼女はポ-ランド出身ですが、ドイツで大学を卒業していて
ご主人はドイツ人で2人で会社を立ち上げたばかり、その頃は
まだその会社が軌道に乗るかどうかも不明でした。
ところが今では大成功を収め、昨日久しぶりに会うと
一人息子君のフィリップはイギリス有数のエリ-ト(優秀でその上お金持ち)
学校へ留学中とのこと。

それで彼女がその学校について説明してくれたんですが、
ドイツ(というかうちのギムナジウム)と違うのは

・ 制服があること
・ あらゆる種類のスポーツ(ボ-ト、ヨット、ゴルフなどなど)に
 参加できること。
・ 身だしなみだけではなく立ち居振る舞いも厳しくチェックされること。 
 (子供だけではなく親も)
・ 持ちものに大きなロゴなど入っていないこと。
・ 成績表は年に4回(ドイツは2回)、そして8段階(ドイツは5段階)
 評価であること。

フィリップはうちの長男と同じギムナジウムで
IQが高いと証明された彼は、子供時代に1学年
飛び級して、うちの長男の同じ学年へ通ってもいました。
それで1年間、うちのギムナジウムを休学して、イギリスで
留学中なんです。
成績表にいたっては、ドイツのように
点数評価だけではなく、また勉学のみならず色々な面から、文章でも
書かれているそうで、学校の生徒に対する手のかけ方の違いには
驚かされます。

そしてそのフィリップ君ですが授業はもちろんすべて英語にもかかわらず
非常に優秀な成績だそうです。
一応延長しなければ、今度の夏には帰国して、うちのギムナジウムに
戻ってくる予定ですが、そんな素晴らしい様々な経験をした彼と
うちの長男では同じ1年でも、天と地ほどの違いのある1年になりそうではありませんか。
若い頃にそんな素敵な経験ができたその彼が、10年後くらいに
どんな風に成長するのか楽しみです。

…と少しだけ学校についてでした。。。

エッグリキュアド-ナツ

昨夜は三男は無事テコンドクラブの新年会で、
体育館で他の子供たちとお泊りすることができました。
とても楽しかったらしく、来年も絶対行くとはりきっていて
安心しました。
小学校2年生(日本だとまだ1年生ですが)で、
7歳になり、少しだけお兄ちゃんになったようです。

140118 005
ところでついに今年もエッグリキュアド-ナツの
季節になりました。
140118 006
6個注文すると、5,55ユ-ロ(約700円)くらいで
1個買うよりお得なんです。
140118 010
午後のお茶の幸せです。。。。


テコンドクラブ 新年会 2014

140118 015
今日はテコンドクラブの新年会でした。
140118 020
お母さん達が持ち寄ったケ-キとコ-ヒ-の
ティパ-ティで、午後3時から始まりました。
140118 028
私もこんなマフィンを持っていきました。
140118 013
ドイツでもどこでも男の子達が集まると、なぜかチャンバラが
始まるのはなぜなんでしょうか。日本は侍の国なんでわかりますが。。。
140118 023
子供たちは遊び、父兄は団欒
140118 030
みなでゲ-ムをしたり
140118 040
夜の散歩へ行ったり
140118 033
映画を見たりして、今晩はこの体育館にお泊りです。
140118 046
みな寝る準備をして
140118 049
うちの子の寝袋も用意しましたが
うちの三男はお兄ちゃん2人はもちろん私もいない中
本当にここで一晩過ごせるのかは不明です。

夜中にテコンドクラブのお世話係りの人から
うちの家に迎えにくるように連絡がないことを祈ります。

三男にとっては、めったにない家族を離れた夜が
楽しいものであることを、祈ります。

ギムナジウムのサッカ-チ-ム-長男編- その2

今日は雨の中、そして長男は扁桃腺がはれた中
ギムナジウムサッカ-チ-ムの2回戦でした。
140115 007
先週のドイツのうちの地域は1月とは思えないような
まるで9月のような良い天気続きでしたが、昨日あたりから
寒くなり始め、今日は雨でした。
…とは言っても、気温は4度くらいで、雪だらけだった昨年よりは
はるかに暖かいのですが。。
140115 029
監督さんに一応、長男の状態を伝えましたが、長男は結局
最初から最後まで出場で、3対1で逃げ切り勝ちました。
病気のせいか、長男のプレイはひどいもんでしたが。。。
140115 066
その後一度帰宅してから、今度は次男と三男のテコンドトレ-ニングへ。
140115 068
先生は韓国人のとても優しい、そして厳しい先生です。
140115 075
そして夜は今度はまたもや長男の練習試合でした。
対戦相手は長男が3年前まで所属していた、村のチ-ムで
どんなに病気でも参加したい試合だったので、今日2回目の試合でしたが
頑張って行ってきました。
結果は14対1の圧勝で、申し訳ない気分でしたが。

監督さんには、今日はもう1度試合したこと、その上昨日から病気だということを
伝えましたが、この試合もほとんど出場でした。
サッカ-は試合に出られることが一番なので、有難いことではありますが
長男は今日はさすがにぐったりでした、
明日はその上あまり良い点の取れないドイツ語のテストが
あるので、少々心配です。
だから昨日は学校を休んで休養するように言ったのですが
学校を休むのは絶対にいやな長男は結局学校へ行き、お腹が痛い
次男がかわりにお休みしました。
昔からすごく真面目な長男、時々お腹が痛くなって息抜きできる次男、
三男はその2人のちょうど中間、という感じで、3人同じ兄弟なのに
全然違う性格です。
3人いるとその違いが面白いです。

スポ-ツの一日でした。

トーマス・ヒツルスペルガーさんの件 その2

前回のブログで間違って書いてしまったことがあり訂正です。

ドイツでは同性同士の婚姻はまだ認められてはいないそうです。
大変、失礼いたしました。
ドイツではパートナーシップ法など、夫婦に準じる権利を
同性カップルにも認める法律はあるそうですが、
お隣のベルギ-やオランダ、フランス、イギリス、スペインや
デンマ-ク、ノルウェ-のように、同性結婚を異性間の婚姻と同等とみなし、
夫婦とほぼ同じ権利を認めるほど、ドイツは寛容ではないようです。

またトーマス・ヒツルスペルガーさんの件でも
間違っていることを書いてしまいましたので訂正させて下さい。

彼がホモセクシァルであるということは、既に知られていたことではなく
今回初めて大々的にカミングアウトされて、それで大ニュ-スになったようです。
というのはドイツサッカ-界では、彼が同国代表経験者としては初めて、
同性愛者であることを告白したんだそうで、
有名どころでは、ドイツ代表のルカス・ポドルスキ(Lukas Podolski)氏が
「正しく、勇気ある決断をしたトーマス・ヒツルスペルガーに敬意を表する。
 今回の告白は、今という時代の大切な象徴だ」とツイッターで書きこむなど
今回のことで非常に勇気ある行動と、ドイツ中が彼を称えていたようです。
8日から10日にかけてTVの番組でも、子供ニュ-スにまで取り上げられていましたから
センセ-ショナルだけれど、反同性愛を宣言しているロシアに対して、
このソチオリンピック前に非常にタイムリ-な発表ということで、拍手喝采を浴びたようです。

こんな良いタイミングで発表できてトーマス・ヒツルスペルガーさんも良かったですね。
これを機会に若い色々な選手がカミングアウトするだろうと言われているようですが、
サッカ-選手ってはたから見ていたら同性愛になるのもわかる気がします。
ゴ-ルしたと言ってはあんなに頭をはさんで抱き合い、はしゃぎ、なんだか
キスでもしそうな勢いで、喜びを表現している場面をTVでよく見ますものね。。

女性のサッカ-界は実際多いと聞きましたが。
日本ではなくてここドイツの話ですが、昔サッカ-をしていたお母さんと話すと
「でもなにがいやってチ-ムの女の子が同性愛者が多いってことだったわ」
という話や、現在ドイツからイギリスに引っ越してサッカ-しているお嬢さんも
「カップルが多くて、それを試合にももちこんで痴話喧嘩していて最悪」と、言ってましたから。
せまられる前に「自分はストレ-トでその気はなし」と宣言しなくてはいけないそうです。。。
サッカー女子米国代表のアビー・ワンバックさんも昨年10月に長年のパ-トナ-の
サラ・ハフマンさんと正式に結婚されていますしね。
img_15a4fb1f6925fe4bcddcffabe00c1db2104353.jpg
(女子プロサッカー選手のサラ・ハフマンさんとアビー・ワンバックさん)

ヨ-ロッパ紳士ぶりたい主人は「その宣言は本当に褒められるべき」と言って
いますが、バリバリ日本男児気質の長男は
「チ-ムや友達にゲイがいたら、もちろんいやだろう」と言い、主人に
「差別発言はしないよう」怒られ、その件で喧嘩になりかかっていました。

でも実際サッカ-界だけではなくスポ-ツ界や芸術界、ゲイの方は
多そうですよね。今回のトーマス・ヒツルスペルガーさんの発表で
自分もそうだったと気づく青年や少年もでてきそうですし、なんだか
新年早々だということもあり、今年のドイツの流行になるかもしれませんね。
…そんなこと言ったら、私まで長男に怒られそうですが。。。

…と以上、前回のブログ、訂正でした。

本田選手の会見、そしてトーマス・ヒツルスペルガー

昨日の本田選手の会見は素晴らしかったですが、

今朝はもしやドイツのニュ-スでも放映されるかも、と
期待していたんですが、今朝のスポ-ツニュ-スの
1面はトーマス・ヒツルスペルガー氏でした。
Thomas.jpg
彼は自分がゲイである!! ということを大々的に告白され、
今朝のドイツのスポ-ツニュ-スでは生出演ということで
本田選手の会見は全く出てきませんでした。
がっかりでした。
だいたい彼がゲイであることは、皆知っていたようで
それを今更カミングアウトする必要があったのかどうか
不明なんですが、ソチオリンピック前に、若い世代の選手達を
勇気付けたかったそうなんです。
2004年から10年にかけてドイツ代表でいらして、昨年9月に現役生活を
引退されたそうなんですが、「同性愛はより多くの敵を持っている」と
おっしゃっているように、色々見えにくい差別があったのかもしれません。
ドイツではベルリンの市長さんのクラウス・ヴォーヴェライトさんも
ゲイであることをカミングアウトされて、それでも市長に当選くらいなので
ゲイであることがそれほど障害ではないのでは、と思いますが
(そもそも同性愛者の結婚も法律的に許されているくらいだし)
うちの長男は
「プロのサッカ-選手がだからといって公表することもないだろう」と言っていますが
だから現役を引退された、今どうしても公表しようと思われたのかもしれません。
私は単純に、あと数日本田選手の会見日とズラしてくれていたら、ドイツのニュ-スでも
本田選手の会見を見ることができたかも、とそれだけが残念だったんですが。
435px-Klaus_Wowereit_Berlin-Tegel_01.jpg
(ベルリンの市長さんのクラウス・ヴォーヴェライト氏)
結局、本田選手の会見は、日本のニュ-ス(我が家でも日に数回見られる)で
私も見ることができましたが
honda2.jpg
その日本のニュ-スでは今回、大迫選手という方が
TSV 1860 Munchen(TSV 1860 ミュンヘン)に移籍した話もでていました。
才能がありながら、何度か代表に選出されなかった苦い経験を生かして
今回ドイツ2部リ-グ移籍挑戦なのだそうで、ミュンヘンはうちからは遠いですが
あちらでは日本人の方もたくさん住んでおられるでしょうから、
たくさんの日本人が喜んで彼を応援することでしょうね。。
Hinterberger-Osako-Mayrhofer_436.jpg
頑張って、TSV 1860 ミュンヘンで活躍してスタ-になってほしいです。

久しぶりにサッカ-の話題でした。

日本の美 その3 -着物-

今回も゛日本の美゛について書かせていただきます。
(タイトルの「アマチュアサッカ-選手を目指す」話からは
毎回随分かけ離れていますが、思いつくままの日記ということで失礼します)
kimo2.jpg
なんといっても美しいのは日本の着物でしょう。
kimo4.jpg
この柄を見てため息が出るのは私が日本人だからなのでしょうか。
kimo16.jpg
日本人形も
kimo6.jpg
雛人形も
kimo15.jpg
文楽のお人形も
kimo17.jpg
とても煌びやかです。
着物の美しさ、豪華さ、髪型とそして髪飾り、
帯、帯揚げ等、和装小物の全てが芸術的です。
kimo8.jpg
日舞で最も美しいと言われている「藤娘」の豪華絢爛なこと。
kimono18.jpg
「京鹿子娘道成寺」もすごいですが。
kimo11.jpg
歌舞伎の女形方でいらした、坂東玉三郎様のこの美しさ。
kimo10.jpg
この方はお姿だけでも天女様のようですが
kimo9.jpg
やはり着物が美しさが玉様の美しさを一層引き立てていることは
間違いないでしょう。
kimo7.jpg
随分昔のことになりますが、玉三郎様の
「義経千本桜」の静御前は本当にお美しかったです。

歌舞伎も文楽も、日本舞踊も日本が誇る最高芸術です。
世界中でこれらの日本の美しさが紹介されれば良いのに、と
心から思います。



日本の美 その2 -能-

ka1.jpg
実は私は昔、能を習っていたことがあります。
謡や仕舞というものなんですが…。(能は゛舞う゛といい
決して゛踊る゛という言葉は使いません)
一方、うちの主人一家は大のオペラ好きで、もしオペラを日本の芸能に
置き換えたら、オペラは歌舞伎だな、と私はいつも思ってるんですが、
能だけはどうも他の何にも置き換えることができません。
それは何故なのか、と考えると、能というのは目指しているものが
非常に特殊で、他に類のない芸能と言えるところにあるからなのかもしれません。

昨日紹介させていただいた、京都迎賓館のビデオの中で

「京建具と言うのは見せ場がないんですね。
見せ場がないと言うことは逆に神経を使うわけです。
装飾性のある建物ですと、その装飾性に圧倒されまして
細部にまで人の目がいかないわけですね。
ところが非装飾性の場合は、人をあっと驚かせるような場面がないので
どうしても建物全体の細部にまで人の目がいくと。…中略…
昔から『技を見せびらかすな、見えざるところに技を使え』と
こういうまぁ、先人からの伝統が、そういうところにあるのではなかろうかと
私はこのように解釈しておるわけですけれども。」

と建具師の方がおっしゃられていますが、日本の美とは
まさにこの無駄をそぎ落とした、端整な美しさにあるのだと
今回つくづく気づかされました。
能はその究極で、全てをそぎ落としたところに美を追求しています。
足のはこび、手の動きははきっちり決められていて、それ以外の
動きは一切許されません。その決まった動きをするために能楽師の方は
何十年も精進し続けるわけです。
また能舞台はとても質素です。
だから学生時代は能を見に行けば必ず、その単調さに
必ず寝てしまいましたし、今でもそうかもしれません。
オペラや歌舞伎のように目をわっと引くものが、ないからなんです。
色彩も非常に抑えられていますし、連吟はほとんどお経のようでもあります。
だから見に行くのが苦痛でもあったんですが、ある日たまたま寝ないで見ていたら
ちょうど女神様のお話で、なんということかそのあまりの美しさに鳥肌が立ち
自分が今、天に昇って天女様の舞をこの目で、実際に見せてもらっているのではないか、
と思うほどの感動をしてしまったのです。。。
本当に場所をワ-プしてしまったのでは、と思えるほど、舞台が
天上界そのものに見えてしまったのです。
そしてあれほどの感動はオペラやバレエ、歌舞伎では
味わえないということを、その時心底悟ったのですが、
それは何故かと言えば、本と映画の違いという表現が多少は近いようです。
映画は楽しいですが、でも全て映像になっているため、自分の感性や感覚で
想像することは全く不可能になりますよね。
一方、本は自分でどこまでも想像してイメ-ジを大きく膨らませることができます。
これが読書の醍醐味であるわけなんですが、
それと同じで、オペラや歌舞伎は豪華さやきらびやかさで魅せてはくれますが、
その分感動に限界ができてしまうという、パラドックスと隣り合わせでもある訳なんです。
だからこそ能舞台は簡素でなければいけない、ということが
そこから理解できるわけです。色々なものが目に入りすぎると
本当に大事なものを見損なってしまう可能性が高くなるということなんですね。

それで良く主人とは意見の相違から、論争が始まるわけなんですが
残念ながら、欧米人にこの感覚は非常にわかりずらい気がします。
実際日本人でもどれだけの人が、能の究極の美を感じたことがあるか
それも疑問ではありますが。
能の美しさは
「わかる人だけわかればいい」と一切、観客に媚がないのもまた
一つの特徴だと思われます。

この京都迎賓館でももちろん、ヨ-ロッパのいくつかの宮殿の豪華さには
かなわないとは思いますが、日本は昔欧米のように他の国を植民地化して
搾取し続けた歴史があるわけでもなく(中国を植民地化しましたがそれでも
何百年単位ではなかったはずです)、そういう意味では実際
長い間、欧米並みに豊かな国ではなかったことは事実だと思います。
でも貧しい中でも、こういう形で洗練された文化を作り上げた日本という国の
美意識の高さは、誇るべきものだと思います。
茶道や華道を見てもわかるように、非常に高度で究極の美しさを
何百年もかけて追求しているのが日本です。

さて能をお好きでいらした三島由紀夫さんの「豊饒の海」の
中の、とても美しい一文を紹介させていただきます。

「あれは何だろう。あのとき確かに美が歩みだしたのだ。
舞台の月影の中を謡いかつ動いているものは、もはや2人の
美しい亡霊ではくて、云うに云われぬもの、たとえば
時間の精、情緒の髄、現へはみ出した夢のしつこい帯留、と
云ったものなのだ。それは目的もなく、意味もなく、この世に
在り得ぬような美の持続を紡いでいる。美のすぐ後に来るものが
また美だなどということが、この世にあろう筈がないではないか。」

「豊饒の海」は本当に美しい小説で大好きなんですが、やはりこれが
1部の「春の雪」が映画化されたので見たら、なんだか違うものになっていました。
だから限界のない深い感動を味わいたい際は、
是非一度能楽堂へ足を運ばれることをお勧めします。
日本が誇る究極の美を味わえるはずです。
また同様に「豊饒の海」4部作もお薦めです。
三島由紀夫さんの美意識を文章の中に感じることは
日本の伝統の美の方向を理解することに繋がるように、私には思えるんです。

日本の美 その1-京都迎賓館-

昨日、日本のニュ-ス(我が家ではサテライトで1日5回くらい
日本からのニュ-スを見ることができます)を見ていたら
ちょうど京都迎賓館の特集でした。
kyo6.jpg
2005年、国賓などを招待する場として生まれた京都迎賓館とは
日本最高の伝統技術を駆使して作られたそうで、見ていて
あまりの美しさに目が釘付けになってしまいました。
kyo4.jpg
この渡り廊下の清楚で無駄を一切省いた美しさは、
あまりの清清しさに、本当に心に響きました。
kyo1.jpg
舞台も設置されていて、お客様のために能や日本舞踊、お琴が
披露されることもあるそうなんですが、その檜舞台の扉は
「截金(きりかね)」細工といって純金箔やプラチナ箔を焼き合わせ、
それを丁寧に貼り付けて文様を描き出す繊細な技法が用いられ
人間国宝であられた江里 佐代子さんの作品だそうです。 
kyo3.jpg
56畳の和室、桐の間(きり の ま)の座卓は等圧合板を下地に漆を施してあり、
kyo5.jpg
圧巻だったのはこの1本の杉の木から作られた、長さ12メートル中杢天井です。
kyo2.jpg
そして私が本当に感銘したのは、海外からのお客様にあわせて
部屋の高さを2mという高い規格で作っているために、それでは庭を見た時の
景観が損なわれるという理由で、ひさしをわざわざ低めに配置させているという
ことでした。
日本間の一般の規格は、高さ178cmくらい(?)なのだそうで、その高さで
庭園を見ないと、2mでは見えすぎて、美しさが損なわれるとは
なんて繊細な感性なんだろうと、本当に驚かされ、そんなことは
全く今まで思いもしなかった、日本人である自分が少し恥ずかしくなりました。
ky2.jpg
(四季の花々を美しく配した幅16m、高さ3mの西陣織「麗花」)

そもそも東京の赤坂迎賓館が欧米スタイルであり、お食事もそこでは
フランス料理であるため、京都の方達が本当の日本の伝統で是非
おもてなしをしたいと考え、京都の一流の建築家、数奇屋作り棟梁、京都の一流料亭、
華道・茶道・能の家元など様々な方達が協力して作り上げているそうです。

まさに、京の匠たちの技の集結した、美の殿堂なんですが、
日本人の細やかな丹精さには、正直打ちのめされました。
障子を開けた時の、木の木目の合わせ方など、今までまるで
気がつきもしませんでした。
現代和風の粋を集めた建築や工芸品などが備えられたこの場所は、
毎年夏に一般公開されているそうです。
ky3.jpg
(平安貴族の舟遊びも情緒を感じます)

京都迎賓館での「京の匠の技」はここの動画で詳しく説明されています。
よろしければ是非一度ご覧下さい。
京都のさりげないこだわりの中にある、研ぎ澄まされた美意識には
心から感服です。
京都に住みたくなりました。。。

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg763.html

屋内遊戯場

roco2.jpg
ところでドイツにはこんな子供のための
室内遊戯場がけっこうあります。
pipp 1
こんなだったり
roco1.jpg
外にも少し遊戯具があったりしますが。
新年早々暇だった私と三男は、久しぶりに
遊びに行ってきました。
140101 057
ここでもまだクリスマスの飾り付けです。
140101 058
さすがに新年、人は少なくてまるで貸切のよう。。
140101 061
6500平方メートルの広さに所狭し(?)と色々な遊び具が。
140101 068
高い山によじ登ったり
140101 069
長い滑り台をすべったり
140101 107
迷路を駆けずり回ったり
140101 119
広いトランポリンで跳ねたり
140101 093
こんな機械で打ち合いっこをしたりもできます。
中の玉はもちろんスポンジ製ですが。
140101 080
久しぶりに行くといつも新しいものがあり、今回はこんな乗り物が。
140101 091
こんなに垂直にまで自分で操作できます。
140101 109
見てても結構こわいです。
140101 111
外の気温は8度くらいでしたが、それでも今日は
外で遊んでいる子供はいませんでした。
140101 126
残念なことにこのミニ・ジェットコ-スタ-も休業中でした。
140101 074
ところでドイツ人の子供達はよくここで誕生会をします。
特に、一日中動きまわりたがる男の子達の誕生会にはもってこいです。
入場料は子供が8ユ-ロくらい、大人が4,5ユ-ロで
これで一日思いっきり遊べるのはお手頃なお値段だと思います、
131223 002
近所の規模の小さい遊技場でも置いてあるものはだいたい同じです。
131223 028
こんなのによじ登り友達と跳ねまわるのが楽しい年頃の
まだ7歳の三男です。
小さい頃にはよく長男も次男も行きましたが
今では見向きもしなくなりました。

三人の年の離れた子供のせいで、もう10年来こんな
遊戯場に通っている私です。
いいかげん卒業したいものです。

ドイツの大晦日 2014

あけましておめでとうございます。
ブログを読んで下さっている皆様に心から
謹んでお祝いを申し上げます。
new7.jpg
さて昨年も書きましたが、ドイツの大晦日は花火大会で
しめくくります。
140101 037
近所の人たちと、うちも花火を楽しんでいました。
140101 029
近所の人の打ち上げ花火を見上げている子供たち。
打ち上げ花火は普通の家庭でもかなり本格的なものを
打ち上げてくれます。
140101 040
次男・三男はそれぞれ友達と花火を楽しみ
長男は女の子の友達が自宅でのパ-ティに呼んでくれて
15人くらいの友達が集まってパ-ティということで明け方に帰宅しました。
みなのリクエストがお寿司だったので、はりきって作って持たせると
あっという間に皆が食べてなくなったらしく、好評だったと長男も(もちろん私も)
喜んでいました。
ドイツのティ-ンエイジャ-にも今や寿司ブ-ムのようです。
大晦日の夜に、友達の家でのパ-ティにお呼ばれを、15歳になった
長男にはじめて今年許可しました。
次男も今年友人宅へ大晦日にお呼ばれでしたが、12歳の彼には
許可しませんでした。
まだ3年くらいは待ってほしいです。
こんなに早くから、三男と主人と3人だけの大晦日なんて寂しいです。。
日本人の私には大晦日はある意味、クリスマスより大事な感じがします。

140101 129
近所のきれいなクリスマスデコの家を集めてみました。
140101 130

140101 132

140101 133

140101 135

140101 134

皆様の今年の健康を心から祈って。。。
どうか今年もよろしくお願いいたします!
FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック