プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう16年生活しています。ドイツ人の夫と、3人息子、そして一人娘(?!)の猫マルゴと共に、ドイツの子供の生活、ドイツサッカ-をはじめ、テニスやブレイクダンス、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 

蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
ランンキングに参加中です。
ぽちっと!クリック嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

グリルパーティー

この時期の定番ドイツ行事といえば、グリルパーティー。
170716 107
学校の学年最後のパーティーはじめ、サッカ-クラブでも、テコンドクラブでも、この18年近くのドイツ滞在の間に参加したグリルパーティーは、うちは子供が3人いるせいもあって相当な回数なんですが、今年は子供達の関係ではなく、またもや主人の友人達とのパーティーでした。
170716 108
20人くらい集まって、会場を借りて、お肉や飲み物は集めた1年間の会費から捻出、というわけなんですが、ドイツ人が大好きな理由は、やはり会場を借りても人数が多ければレストランへ行くよりはリーズナブルで、気軽に誰もが楽しめるからでしょう。
170716 110
そんなわけで私も今回は腕をふるって得意のケーキを持って行きました。
上の2つなんですが、私が特に好きなのは右の黄色いケ-キ。
三段階になっていて、一番下がスポンジ、真ん中がちょっとあっさりしたヨーグルト味クリームとフルーツ、そして一番上がピーチ味のジュースをゼラチンで固めて、ラズベリーなんかをのせるんですが、暑い夏には口当たりもよく、どこへ持って行っても皆さん喜んで下さいます。

それでその中の参加者だったイタリア人の女医さんとたまたま話す機会があり、ベロ-ナで開催される夏のオペラの話になりました。
イタリア・ヴェローナにある古代ローマ時代の屋外闘技場跡地のアレーナ・ディ・ヴェローナ(Arena di Verona)で毎夏開催されるオペラなんですが、彼女が子供のとき、そこで「ナブッコ」を見た際、なんと本物の動物たちが出てきたそうなんです。
象とかそんな大きなものまで出てきたそうで、それは感動したとのこと。
実はうちの長男と三男も6年前に主人の両親に連れられて、まさにそのアレーナ・ディ・ヴェローナで同じ演目「ナブッコ」を見たので、どうだったか聞いてみたところ、その際は本物の動物達は出てこなかったそうで、残念ですね。
でもその際の義父が撮った写真を見ると、警察はすごくきれいなユニフォームで馬に乗って警備していて、さすが歴史とファッションの国イタリアだな、とつくづく思わされます。
第2次世界大戦でも、「きれいな羽根つきの軍服を着ただけで、何もせずすぐに降参した役立たずのイタリア」とドイツ人には思われているようで、また欧米では「きれいな軍服が汚れるのがいやで、降参したのも早かったのでは」とまで言われるイタリアです。
170716 103
今回の会場は、上に葡萄の葉が絡まっていて、なんともロマンチックなところだったんですが、その会場にぴったりの緑の上下でエレガントにお手伝いしていたこの方はイタリア人で、さすが素敵な服のセンスと感心していました。

舞踏会という名のダンスパーティー(Tanzball)参加

170619 063
なんで私が着物を着ていつになくめかしこんでいるかと言えば、Tanzballと呼ばれる、ダンスパーティーになんと15年ぶりに参加したからです。
このテーブルの上は4種類のオ-ドブル。
170619 066
大学近郊のお城で催された、主人の大学時代の後輩、先輩達が一同に会す、5年に一度のダンスパ-ティでした。
主人は大学時代フェンシングクラブに入っていました。
170619 075
紳士は黒の礼服姿で、乾杯の際には紳士全員が「レディの皆さんのために」と立って乾杯するという、なんとも古きよき時代の慣習を受け継いでいる、結構気取ったパ-ティです。

15年前このパーティーで、おじい様に挨拶の際に手にキスをされそうになった私は、その方が著名な方でお年も取っていられることから反射的にお辞儀をしてしまい、手の甲にキスしようとした彼と私のおでこがゴ-ンとあたりそうになったことなんかもありましたっけ…。
170619 073
若いお嬢さん方のなんと美しいこと!!
あぁ、誰かうちの子のお嫁さんに!! っとタメ息の私でした。
で長男もこちらの大学生なんで、このクラブに入るように誘ってみましたが、こういう気取ったクラブは彼の趣味ではないということで、彼は村でサッカーしているほうが好きらしいです。なんかそんな長男で、ある意味安心します。
根っから村育ちの、洗練されていない不器用な(?)男なんです。
170619 078
私達のテ-ブルは私達くらいの年長者のOB夫婦でした。
170619 087
夜はワルツからだんだんとディスコダンスのように。
私は社交ダンスも(他のダンスも)かなりきちんと勉強して、主人よりは上手に踊れるというのに、着物なのでさすがにその腕前を披露できず残念でした。グスン
170619 095
ディナ-も出て、最後はデザ-トもきれいに並べられていました。
そして最後は庭での大花火打ち上げ大会を最後に、私達は帰路に着きました。
170619 051
それでこちらは、このパーティーに参加する主人の大学時代の友人が我が家に寄ってくれて、その際持ってきてくれたワインなんですが、彼ははるばるトルコより遠い国からこの日のために戻ってきたんです。これはその国の珍しいワインなんですが、彼なんとその国のドイツ大使館大使様という大出世ぶりでした。
私達も年と共に知り合いがどんどん出世していて、たまに会うとびっくりします。

変わり映えしないのは、私くらいですが。。。
…というか太ってドレスを着れなくなったことなんか考えると、変わっていないというより、後退している、という方がむしろ正確な表現でしょうか。

キリスト昇天祭と端午の節句

今日は5月5日の「端午の節句」だったので、息子3人が全員家にいる間くらいは、兜を飾ることにしました。
「鯉のぼり」はさすがにないんで、せめて飾っても喜んでみてくれる三男がいる今のうちに飾らなければ、もう2度も飾らないのではないか、と危機感も感じ、4月中旬に急いで出しました。
160505 009
長男が生まれた時に購入したんですが、これはかの「源義経」様の形の兜なんだそうです。
160505 004
こちらは義経様をイメージした肖像画(一応)ですが、このように上に長く鹿の角のような形は「源氏」の兜なんだそうです。
実際の兜に、このように獅子がついていたのかどうかは知りませんが、長男はしし座の寅年生まれだったということもあり、「まぁ、長男にピッタリ! 義経様のような素敵な男子になって!」という願いを込めて当時購入したものです。
160505 003
こちらは「松竹梅」のお猪口ですが、最終的に息子が3人になり、いつか彼らが3人で杯を酌み交わす日でもくればと願い、毎回一緒に飾ることにしていますが、いかんせん三男はまだ9歳なんで、その日はまだ少し先になりそうです。

ところで今年の5月5日はちょうどヨーロッパでも大切な祝日でした。
イエズス様が死後復活され、その40日後に再び天へ昇られたといわれている「キリスト昇天祭」で学校も会社もお店の全てお休みです。
この日は毎年変わりますが、ベルギーのブルージュではこの「キリスト昇天祭」に必ず行われる儀式があり、「聖血の行列」(フランス語 Procession du Saint-Sang)と言われています。
何度かの十字軍遠征のとき、フランドル伯爵がエルサレムからキリストの聖血を持ち帰ってこられたのだそうで、その聖血を掲げて行進があります。その際、時代衣装に身をつつんだ人達が様々な旧約・新約聖書の場面を演じてくれて、見ていて大昔にタイムスリップできて興味深い上、本当にとてもきれいです。
saint-sang.jpg
この時期にブルージュを観光される場合は是非一度ご覧下さい。

我が家にて日本語会

もうすぐうちで2年間日本語を教えてきたCちゃんが4月についに日本へ行くことになり、今日は「Cちゃん、激励会」を我が家にて開催することにしました。

今回来たお客さんは、

ドイツ人(29歳) 数学科の学生さん
中国人(19歳) 機械工学の学生さん

この2人はほぼ自力で勉強したと言うのに、ラフな話し方から敬語まで使いこなし、熟語やこたわざもさらっと出てくるような日本語の達人で、日本語がかなり上手なうちの主人も舌を巻くほどでした。

そしてあと2人は建築学科に交換留学中の22歳の学生さんと物理で修士課程中の24歳の共に日本人の学生さんでしたが、皆さん理系とは思えない乗りの良さで、Cちゃん激励会の最初の趣旨も忘れて、日本語で話す楽しさに、本当にエンジョイしてしまった一日でした。

毎度のことながら、海苔巻きとカステラと、でも今日はたこ焼きなんかも作り、食べ物でも楽しかったです。

いい一日でしたが、あまり日本語が理解できていないであろうCちゃんには本当にカルチャ-ショックな日だったことでしょう。
でも日本へ行けばしばらくは毎日こんな日が続くわけですから、頑張ってほしいです。

それにしても日本語能力の高さでは本当に恐るべし、ドイツ人のM君と中国人のH君で感心しきりでした。
日本語ペラペラのうちの主人でさえ舌を巻くほどでしたから。。。。
私も本当にびっくりしました。

うちの息子達にも真似して欲しいですが、そんな高い志はとうてい持ちそうにもないうちの3人兄弟です。




お尻と耳の(?)ドナルド・トランプ 

昨日のあるドイツの新聞の1面の写真がこれでした。
3月13日は5週間前に強風で流れたカーニバル・パレードがデュッセルドルフで開催されたんです。
trump dussel
カーニバル・パレードでは毎年メルケル首相のみならずプ-チン、オバマ氏もおちょくられていますが、今回はもちろん゛時の人・ドナルド・トランプ氏゛の登場でした。

耳だけついてお尻のお顔(ドイツ語 Asch loch = 英語  ash hole = 日本語 尻の穴 = 間抜け野朗)ということで、ドイツ人達の山車製作のセンスには毎回才能を感じます。
本人が見たら、あのうるさいトランプ氏なんで、怒っちゃいそうですが。。

 「バーニー、注意した方がいいぞ。さもないと、私のサポーターがお前の所に行くぞ」――。
とツイッターで、民主党候補のバーニー・サンダース上院議員に対し、こんな脅迫めいたメッセージを投稿したとして、お騒がせ継続中のトランプ氏なんでこのくらいのユ-モア溢れる山車は軽く笑ってかわしてほしいです。

いかんせん、カーニバル・パレードなんで無礼講に目くじら立てるのは大人気ないというくらいは、普段からあまり大人気ない彼でもさすがに思うことでしょうよ。


FC2カウンター
バルセロナ
全記事表示リンク
最新トラックバック