カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

伽羅(他のSNSと合わせてマルゴママからハンドルネーム変更しました)

Author:伽羅(他のSNSと合わせてマルゴママからハンドルネーム変更しました)
ドイツ西部の片田舎でかれこれもう21年生活しています。

ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘のlovely猫クレオとそして雄猫シザーリオと共に、主にドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。

2020年、Youtubeも始めました!

【ドイツ片田舎】チャンネル  
です。

URLはこちらです!

↓↓↓
ドイツ癒やしの風景
https://youtube.com/playlistlist=PL5ratIrB_CIRLPqIpTMd2WiJUQwQ3ch0



近郊の街や村を歴史動画も混ぜながら、ご紹介していくつもりです。


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
63位
アクセスランキングを見る>>

デュッセルドルフにて日本気分を味わう

昨日は久しぶりのデュッセルドルフでした。
DSC_2533.jpg
こちらはデュッセルドルフの日本人の方達に人気の高い「Yabase」さんは、11時半から営業ですが、12時位に行くと結構混んでいて、もう入れない時もあるので、11時半になったらすぐに行くことをお薦めします。

そして今回はやはりレストランへ入るためにはコロナ接種証明書(必要回数を接種した証明書でデジタルでも書類でも大丈夫です)が必要でした。
DSC_2535.jpg
このレストランへ来るのは1年以上ぶりだったので奮発して、今回は定食にしました。
お刺身、天ぷら、まぐろの煮付け、揚出し豆腐、お味噌汁、お新香、美味しいご飯で26Euroでしたが、いつもここでは大満足になります。何もかもが本当に美味しく作られています。
お茶が出てくるのも私達日本人には嬉しいですし、その上お茶代は日本のように無料なんです。また息子も一緒だったので、ご飯も一杯お替りをもらいましたが、そちらも無料でした 素晴らしいサービスですね

そしてその後のお買い物でとても嬉しかったのが、この梅干し
DSC_2536.jpg
賞味期限が9月の終わりという理由からか、中国産という理由からか、こんなに入っていて15Euroだったのです。
DSC_2537.jpg
今回は大洋さんというお店で買い物したのですが
DSC_2557 mini
こちらの冷凍のうなぎの蒲焼きも11Euroくらいで、中国産だから安いのかどうかはわかりませんが(というかどこ産ぁはわからないのです、よく見ませんでした)、そんなことを気にしていたら外国で日本のものを買うためには激高で手が出なくなるので、私はあまり気にしないようにしていますが、今日食べたら美味しかったです。

DSC_2539.jpg
そして最後はやっぱりパン屋さん、今回はベ-カリ-・マイハ-トさんへ行きましたが、
一番下から時計回りで「焼きそばコロッケパン」「栗アンパン」「メロンパン」「クリームコロネ」「カレーパン」です🥳
季節柄栗のものが多くて嬉しかったです。

昨日スイス人の友人にモンブランケーキのことを聞くと、スイスにはあるそうなんですが、実は栗とは昔ヨ-ロッパでは安上がりの庶民の食べ物だったのだとか。今でこそ少し高級な感じがするけれど、昔は反対のイメ-ジだったのよ、と言われて「なるほど~」と思いましたが、とにかく今の時期は栗関係のものが多くなるのはとても嬉しいですよね

また、こんなに日本三昧の気分に浸れるデュッセルドルフはやはり海外生活者の心のオアシスだとつくづく再認識しました





【フランスの旅】ブルゴーニュ地方へ その13 美食の街コルマール 

DSC_1788.jpg
ボートから見えたレストランへ行きたかったのですが、何軒聞いてももう席がなくて、川岸ではないレストランへ入ることにしました。
DSC_1789.jpg
考えてみれば金曜日の夜だったので、お客さんも多いわけです。
ドイツとか他の国からも観光客が来ていましたしね。
DSC_1786 (1)
5軒目くらいでやっと良さそうなお店を見つけてはいりました。
DSC_1792.jpg
私が座ったテラス席からの眺めで反対の道にはお寿司屋さんもありましたが、日本人経営のお寿司屋さんではないようで割合リーズナブルなレストランのようでした。

そしてこのレストランでまず感激したのが、食前酒のキールでした。
キールとはクレーム・ド・カシスに白ワインを混ぜて飲む食前酒(白ワインの代わりにシャンペンだとキール・ロワイヤル)で、フランスやベルギーでは定番アペリティフですが、なんとここではクレーム・ド・カシス以外にも、桃やラズベリー味のキールがあったのです。
20210723_200807-COLLAGE_2.jpg
(向かって左が桃味、右がラズベリー味)
その上私の大好きなホタテ料理があるではないですか❣
DSC_1797.jpg
しかもプリッとした大きなホタテが5つも入った豪華リゾットだったのです
日本人ですからね、ご飯ものの食べ物というのはいつでも嬉しいですよね。
DSC_1800.jpg
お腹がいっぱいでデザートは正直あまり食べたくなかったのですが、クレーム・ド・ブリュレを見たらこれも食べないわけにはいきません!

いつも食べている、クレーム・ド・ブリュレはベルギーでなんで、なんとなくフランスのは違うように思いました。ベルギーの方がもう少し濃厚なような…でもお店によって違うのかもしれませんね。DSC_1709.jpg
メリーゴーランドを横目に
DSC_1803.jpg
道のお花を眺めながら、良い気分でホテルに帰りました。
DSC_1801.jpg
街のカフェやバーでも楽しそうな人達です。

今回でコルマールのご紹介は終わります。
コロナ禍がおさまり、フランスへ行かれる機会がありましたら、日本の皆さんへも大変お薦めの場所です





Muttertag - 母に日のケーキ

今日は母の日でした。
それでこんなケーキをゲットしました。
mini DSC_0300
実は先週、隣村のパン屋さんで「母の日」用のケーキが予約販売されていて注文しておいたのです。
あんまり美味しそうで「わぁ~凄い 30Euroくらい?」と思って値段を見たらまさかの12,50Euro(現在のレートで1650円くらい)で速攻注文しました!
mini DSC_0295
取りに行くとこんな箱に入っていて、箱代は足りているのかしら、と思ったほどです。
だって写真ではわからないかもしれませんが、この箱も40cm×40cmと本当に大きかったのです。
mini DSC_0296
その上ケーキはこんな風に箱いっぱいに入っていて、かなり大きいケーキでした。
mini DSC_0304
マジパンがコーティングされているのは見ればわかると思いますが、中はふわふわのスポンジケーキが2段になっていて、いちごジャムと本当のイチゴも少し入っていました。
mini DSC_0305
主人が2つ、私が大きいの1つ食べて、息子たちは誰も食べないため、あと半分は残っています。
私もこんなの2つも食べたらさすがにもう何も他のものは食べたくないと思うくらいのボリュームでしたが、それでも好きなんですよね、マジパンが…

私は通常の食事はドイツのレストランよりベルギーのレストランの方が絶対美味しいと信じて疑いませんが、このマジパンケーキはベルギーにはないのです。ベルギーケーキは全部ムースになっているものが多いですよね。
その上私はスポンジが好きなので、日本のケーキとかが大好きなのですが、ベルギーの可愛い綺麗なムースケーキはスポンジが入っていないので、あまり「すごく食べたい!!」とは思わないのです。


でも今回のこのケーキは、私の大好きなマジパンとスポンジケーキのダブルパンチでノックアウトされちゃいました。

こんな小さい村で美味しいケーキ(というか私好みの)が買えるとは思ってもみませんでした!
21年住んでいて気がついていませんでした、馬鹿ですね~♬

来年も忘れずに買いたいと思います~







最近のお気に入りチーズはクランベリーチーズ

我が家では主人がチーズ好きなので、チーズを購入することがどうしても多いのですが、最近(というかこの10年くらい)ドイツで購入できるチーズの種類が格段に増えてきたように思います。
DSC_3075.jpg
こちらは年末にもご紹介した、ベルギーで購入したフランスチーズですが、ドイツでもだいたいの種類は買えるようになってきました。
20年くらい前はわざわざベルギーまでフランスチーズを買いに行っていたので、そう考えると随分便利になりました。

ただし、もちろん私が住んでいる村の町は人口3万人という小さな町なので、大きな都市(ケルンとかデュッセルドルフなど)では20年前にも買えたという可能性はあります。
しかし、我が家からケルンまでは45km、デュッセルドルフまでは55kmくらいで、オランダ、ベルギーに行くのも同じくらいなことを考えるとベルギーへ買い物へ行くほうが簡単なのですよね、うちの場合は。
なので、ドイツ全部ではなく、うちの近郊では、という話とご理解下さいませ、間違いを言ってはいけないですからね…


それで何が言いたかったかと言うと、最近ものすごく気に入っているチーズがこちらのチェダーチーズ スモークチーズです。
DSC_0279.jpg
Cheese Company のスノウドニアチーズ(Snowdonia)という、イギリスの北ウェールズのチェダーチーズ スモークチーズです。

左上の赤いのが クランベリー チェダーチーズ
右上のオレンジのが 生姜入り チェダーチーズ
左下のグリーンのが 熟成チェダーチーズ
右下の赤いのが  胡椒と唐辛子 レスターチーズ
(製法はチェダーと同様、ロンドン近郊レスターの街にちなんで名づけられた伝統的なチーズ)

硬いワックスに入れられて売られています。
1111-snowdonia-kaese-aus-north-wales (2)
そして実はこのチーズの種類は10種類はあるようです。

近所のスーパーEDEKAでも結構色々な種類が売られています。
DSC_0827.jpg
200gで5,99Euroくらいですが、結構しっかりした食べごたえで、1つ食べるのに1週間位かかりますので、相応の値段かと思います。

私がこの中で一番好きなのは、クランベリー味です
ほんのり甘くて、しっかりチーズ味で、飽きることなく食べることができます。

ところでEDEKAというスーパーですが
DSC_0828.jpg
フランスチーズ始め、オランダチーズ、スイスチーズ、もちろんドイツチーズもあります。
DSC_0829.jpg
色々な違う種類のチーズを選べます。

その他にも店員さんがいて、お肉や魚などガラスケースに並んで量り売りされている場所もお店の中にあり、最後はチーズのコーナーなので、そこでも新鮮な色々な種類のチーズが1枚から購入できます。

チーズ好きな方は是非ドイツのスーパーEDEKAでよく見てみて下さいね


今日はお気に入りチーズの話でした





お薦め  ドイツの板チョコ

でもベルギーではなくて、ドイツで簡単なチョコを買いたい場合は
DSC_0831.jpg
やはりリンツ(Lindt)でしょうか。

チューリッヒ・ドイツ語圏が本社ということなので、一瞬ドイツ製なのかと思ってしまう雰囲気がありますが、スイス製です。

リンツだったら、
DSC_0006.jpg
このシリーズも美味しいですし、種類も豊富です。

でも種類が豊富と言えば、ミルカ(Milka)ではないでしょうか。
81Iw7dGyG0LSX522.jpg
国ごとに違う種類の板チョコが販売されているようですが、ドイツでは41種類はあるようです。
(ところが、ちなみにリンツも40種類以上あるようなので数では互角のようです)

ただしMilkaは少し甘さが強いように感じますね。お子様向けな味、とでも言うのでしょうか???
なので1枚全部とかはとても食べられないですね。


ところで驚くことに私はこの22年の間、Milkaはドイツの会社と信じていたのですが、Milkaも1901年にスイスで生まれて米国の食品会社モンデリーズインターナショナルのスイス製品チョコレートなのだそうです。
ただチョコレートはドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州のレラハとブルガリアのスヴォゲで生産されているらしいのですが、そうとは言ってもこれがドイツのチョコレートとは言えないですよね、それならブルガリアのチョコと言ったって良いわけですけれど、そういう言い方は聞いたことがないです…。

しかしながら今まで私は何を勘違いしてドイツ製だと思っていたのでしょうか?製造元がドイツとでも書いてあるのを見て、そう思っていた可能性もありますが、普通は誰でも知っているものなのでしょうか?

それでまた色々調べたら、昨日ご紹介したベルギー製品コート・ドールもなんとこの同じアメリカのモンデリーズインターナショナル傘下ということで、このモンデリーズインターナショナルはイリノイ州ディアフィールド(シカゴ郊外)に本社を置く食品・飲料を手広く色扱っている会社で、日本法人はモンデリーズ・ジャパン株式会社、食品・飲料会社としては、ネスレ、ペプシコに続き世界第3位ということでした。

ミルカ始めナビスコ、メントス、オレオ、ミカド(日本のポッキ-))、クラッカーのリッツなどもこの会社のものでした すごい会社ですね、びっくりしました。

今回ドイツ製と思って紹介したものがことごとく違い困っていますが、最後にやはり本当に超お薦めチョコレートのご紹介をさせていただきます。

私が近所のスーパー(ベルギーではなくドイツ国内でという意味ですが)で買うとしたら、絶対買いたいチョコレートは実はこちらです。
DSC_0005.jpg
エスツェット(Eszet)という、やはり結構薄いチョコレートでパンなどに挟んで食べるそうですが、私はそのまま食べてしまいます。


そうしたら聞いて下さい!
書くに当たり今調べたら、これこそは本当にドイツの会社でした!

なんでもシュトットガルトにあるEszet社(Staengel&Ziller)なんだそうで、エスツェットとはドイツ語の "ß" この字(ただしこちらの場合は Eszett で最後のTが2つでスペルは少々違いますが)のことを言うので、この意味に何か関連させたのかと思うと、創業者2人の名前の頭文字から付けたのだそうです。

またここもバーデン・ヴュルテンベルク州なので、そう考えるとMilkaの製造工場がある場所とは同じ州なんですね。
あそこらへんはスイスに近いので、やはりチョコレート製造も盛んなのかもしれないですね。

このチョコレート会社はリター・スポーツ(RitterSport)という
1280pxRitterSportMinis.jpg
こちらのチョコレートもドイツの会社なのだそうです。
なので、美味しいリター・スポーツもドイツ製ということになりますね。
実は私はこれこそスイス製なのかと思っていました。

Alfred Ritter GmbH&Coといってバーデンヴュルテンベルク州のヴァルデンブーフにあるドイツの食品メーカーとのことです。
そしてこの会社もバーデン・ヴュルテンベルク州ということで、この地域はやはりドイツの中のチョコレートの名産地なんですね。


今回チョコレートのことを紹介している間に色々自分の勉強になりました

勘違いしたままでいる物事というのは意外に多いようである、と今回大変反省致しました

またドイツの高級チョコレートはハシェ(Hachez)かな、と思いますが、こちらはまたそのうちにご紹介したいと思います~





 | ホーム |  » page top