カウンター


ランンキングに参加中です。

ぽちっとクリック嬉しいです!

プロフィ-ル

マルゴママ

Author:マルゴママ
ドイツ北西部の片田舎でかれこれもう20年生活しています。
ドイツ人の夫と3人息子、そして一人娘(?!)の猫クレオとそして雄猫シザ-リオと共に、ドイツの子供の学校と大学生活、ドイツサッカ-もたまに、空手や他のスポーツ、またドイツの村での生活風景を気のむくまま綴っていきたいと思っています。
 


小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


最新記事


日本ブログ村ランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


月別ア-カイブ


最新コメント


検索


全記事表示リンク


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
447位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
117位
アクセスランキングを見る>>

イスラム教徒の友人との最近の出来事 その2

前回の20年来のママ友のイスラム教徒の友人に対して私がどのように返事をしたか、書くと言ったままずい分と時間がたってしまいましたね。色々忙しくしておりました。すみません。

彼女からのモスクへ行く誘いを受け、今回は正直に言うのが一番だと心を鬼にして答えました。
「ごめんなさい、好奇心で聞いただけで、今モスクへ行く必要はありません。そもそも私はイスラム教のような強い信仰心が必要な宗教は信じることはできません。それにあなたとは宗教の話はしたくないんです。あなたと私は全然違う方向ですよね。それでもあなたにとって私は友人でいられることを願っています。」
彼女からの返事は
「もちろんイスラム教でも、また一般的にも人に宗教を強制することはできません。皆自分の信じるものがあるのは当然です、だからあなたが私と宗教のテーマで話したくというのは理解します」と言ってくれたので、そこでやめれば良かったんですが
「私は日本人ですから、八百万の神を信じることはできても、たった一人の神様だけを信用することはできないです」
と書くと、彼女からのメッセ-ジはそれっきりなくなりました。
私からもその後何も書いていないまま、2週間が過ぎているので、次回どんな風に会えばいいのか、正直困っています。

この私の八百万の神様全面肯定発言はヨーロッパ人と話していても、大抵は妙に思われます。
キリスト教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒は同じ神様を信仰し、その中で諍いをしているわけですから、
「神様はたった一人だけ、複数の神様なんてあり得ない」というものすごい強いものがあるわけなんですが、私は日本育ちですから
「日本ではトイレにも台所にも神様がいるし、亡くなった方は仏様で神様のようなもの」とドイツで言えば、びっくり仰天、あり得ない、という顔をされますよ、大抵は。
なのでその時には
「でもギリシャもロ-マのたくさんの神様だったし、だいたいドイツも昔はゲルマンの信仰ではたくさん神様がいたじゃないですか、インドもそうだしね」と言うと、なんとか納得してくれますが、この件に関してはイスラム教徒だけじゃなくてキリスト教徒だって相当頭がかたいし、ユダヤ教徒にこんなことを言えば、一瞬でそっぽ向かれるかもしれないな、と思います。

…でもね、神様がたくさんいる日本だから、他の宗教に寛容で、なんでも受け入れる良い国なのにね、なぜたった一人の神様を取り合って喧嘩になるのかその方が私には理解するのが難しいのですけれど。。。

それで数日後にもう一人のやはり20年来のママ友グル-プの一人だったイギリス人の友人とこのテ-マについて話しました。
というのも彼女のご主人はパキスタン系イギリス人でイスラム教徒だからなんですが、彼女の人生で2度くらいしかモスクへ行ったこともなければ、彼女自身は改宗もしていないので(男性のイスラム教徒は異教徒の女性で結婚するのは許されていて、イスラム教徒の女性はイスラム教徒の男性ではないと結婚できないので、夫になる人は改宗しなければなりません)、まるっきりイスラム教には感心すらありません。
それでその22歳の息子さんに恋人ができたんですが、ドイツ人の女の子で気がきかない子であまり気に入らないのだそうですが(彼女が誰かを気に入るというのもすごくまれなんですけれど)、それでもイスラム教徒の女の子とつきあい、息子がイスラム教徒に改宗しなければならないよりは、まぁまし、イスラム教徒のお嫁さんは絶対嫌だと言ってましたっけ。

で、その一連の私達の話を隣で聞いていたドイツ人のカトリック教徒の友人は、
「でもやっぱりたくさんの神様は理解できないわ…」とつくづくつぶやいていましたっけ…。
宗教って本当に難しいです。

私の大好きな考えはカトリック系の小学校時代にシスタ-でいらした校長先生が
「全ての山の頂上は1つですが道はたくさんあります」というものでしたが、私はそれを
「だからどんな教えを信じても良いということなんだな」と受け取っていたわけで、多分先生もそのような意味でおっしゃっていたのでしょうけれど、欧米のキリスト教徒はまた違う感覚があるようで、私の敬愛していたシスタ-方のそのような感覚は、やはり非常に日本的な宗教観から来ていたのかもしれません。

ですが、国によって人々の考え方が違えば、宗教観が違ってくるのも当然のことですから、日本人でありながら、
「私はクリスチャンだからお寺も神社も行きません」という風になる方が、なんだか妙な感じと私は思うわけなんですが…・。

一番大切なのは自分の信仰を持っていても他者の信仰に寛容でいることだと思うので、それができないのであれば、良い友達でもずっとつきあっていくのは難しいということですよね。

あと宗教があってもなくても世界の人々の争いは減らないでしょうから、そういう意味では宗教って本当に役にたっているのかはわからないですよね。争う理由として役に立たなければ良いのにな、と思ってしまいます。

でも私も「なんで世界の人は日本のように宗教に寛容になれないのかしら」とよく思って口に出してもいるんですけれど、これも自分の考えの押し付けにならないようにしなければいけないのかな、と最近ふと思ったりした一連の出来事でした。


イスラム教徒の友人との最近の出来事 その1

私には色々な国から来てドイツに住んでいる友人がたくさんいるのですが、今回20年来の友人の1人をなくしてしまったかもしれない出来事がありました。

実は一度イスラム教徒の教会のモスクについて興味があって、彼女に根掘り葉掘り聞きたかったんですが、この半年くらい彼女がいやに私にコ-ラン(イスラム教の経典)を読むように薦めるようになったので、彼女に聞くのはやめていました。

彼女は頭にスカ-フを被り、豚肉は決して食べず、毎日5回くらい祈りを捧げ、ラマダンは毎年きちんと行い、他宗教の教会やお寺には入らない、かなり信仰心の強いインドネシア人のイスラム教徒です。
彼女にモスクについて聞けば簡単に的確になんでも教えてもらえるうえ、モスクへ一度言ってみたいと言えば、喜んで案内してくれることでしょう。

というのも昨年秋に近郊のケルンにヨーロッパで一番大きいモスクができて、昨年はそのケルンのユダヤ教のシナコーグへも行っていたので、両方とも一度自分の目で見てみたい、という単純な興味で行きたかったんです。
でもそんなことをお願いしたら、
「興味あるんですか? 是非一緒に行きましょう!」と彼女が喜ぶのは間違いなく、私は生涯自分がイスラム教を信じることはできないだろうとわかっているので、彼女を一時的にでもぬか喜びさせて連れていってもらうのは、なんだか少しだますようで悪いように思ったからなんです。
その上、最近の彼女の話題がどうしてもイスラム教の方向へ行きがちなので、もしモスクへなんて連れて行ってもらって、ますます彼女の勧誘運動に拍車がかかるのは正直たまらない、とも思いました。

最初にも書いたように彼女は私の20年来のドイツでの良い友人、次男とそこの長男君も大親友で、彼女とは永遠に良い友人でいたいのですが、最近の彼女の信仰心の厚さといえば、正直常軌を逸しているほどです。

彼女の説では、イスラム教徒以外は天国へ行くことができない、ということで、世界の人口が約75億人、その中でイスラム教徒は約18億人くらいだということですが、彼女の話が本当なら世界の大多数の人は天国へ行けないということになります。

だいたい自分達の宗教こそ一番真実である、とそう思える思考回路が、もはやまともな思考回路ではない、と思ってしまうわけなんですが、彼女から見ると
「かわいそう、何もわかってないから私が導いてあげなくちゃ」と思っているのでしょう。
彼女の勧誘は、とにかくイスラム教を信じていないので天国へ行けないであろう友人としての私の身を心配してという善意の気持ちからなのはわかっているんですが、
「あなたはあなたの天国へどうぞ、私は私の天国へ行きます」と言っても、
「いえいえ、他の天国なんてそんなものはないんです。コーランを読めば全てがわかるので是非読んでみてください」という返事。
「だいたい、見たこともない神様をどうやって信じることができるのですか?」と聞けば
「人の魂は存在しても見えないでしょう、神様も同じです。でも勉強すれば全てがわかるんです」と、もはやまともな会話としてすら成り立っていない状態です。

とにかく1から10までこういった状態なんで、最近彼女と話すのもいやになりかけていました。
そんな時、ちょうど友人宅にいる次男を夜に迎えにいけば、彼女の息子さんもいるではないですか!
「ラッキ-! モスクのこと彼にきいてみよう!」と、彼も家へ送りがてら色々聞けて満足でしたが、家に帰ると早速彼女からのメッセ-ジが届いています。
「息子から、あなたがモスクに興味があると聞きました、明日一緒に行きませんか?」

このメッセ-ジを読んで私は決めたんです、もうはっきり言ってしまおう、私はそういう意味では全く興味がないということを。

そのせいで彼女が傷ついてももう仕方がない、もし彼女が私を友人と思うなら私の気持ちも尊重してくれるはずだろうと…。

そしてついに彼女にはっきり返事をしたんですが、結局どんな返事をしたのかは、次回に書かせていただきますね、少し長くなりました。

アジアンパーティー

ところでもう1ヶ月くらい前のことになりますが、久しぶりに我が家でアジアンパーティーをしてました。
アジアンパーティーと言っても、ただ招待客がアジア人だけだった、ということなんですが、17年前にドイツに来たときは、ここにあまり日本人の知り合いもいなかったため、アジア人だけで集まってのパーティーというのを開催していたこともありますが、最近ではアジア人限定というのは久しぶりでした。

集まったお客さんは、日本にも住んでいたことがあり、日本語がペラペラのインドネシア人とフィリピン人の友人、長年の中国人のママ友2人、日本語1級検定に合格した一度も日本へ行ったことがないのに日本が大好きな中国人の学生君、そして中国に住んでいたことがあり、中国語堪能の日本人の友人、でした。

それほど多い人数でもなかったうえ、一人は先に帰り、2人は遅く来て、というように、人数的には常に話しやすい人数でした。
その際、介護福祉士の中国人の友人が、女医さんの中国人の友人にこんなことを聞いたんです。

「実は最近本で読んだんだけれど、生粋の漢民族の血筋の人は足の小指の爪が2つに割れているようにみえる爪の形をしているそうんあんだけれど、あなたはどう?」と。

聞いた介護福祉士のCさんは、自分はそういう爪の形でびっくりした、と思っていたそうで、聞かれた女医さんのAさんも
「あら、そうなの、私もそういえばそういう爪だわ」と言ったのでみんなで
「へぇー、面白い!」とびっくりしていました。

もう一人の、日本語ペラペラ学生君は、爪に気をつけたことがないからわからないと言っていたので、彼の爪はどうか知らないのですが、今度違う中国人に会ったら是非聞いてみようと思いました。

色々な国の人に会えるうちの小さな町、私は結構気に入っています。
今まで知らなかった色々な国の小さな雑学が増えていき、単純に楽しいです

フランス人のおばさまのお茶会

おとといの夕方はフランス人のおば様の誕生日お茶会でした。
この方も縁あって15年くらい前から知っているんですが、長い間連絡も取り合っていない時期もあり、今回はじめて誕生日会によんでいただくことになったので、小さなバラのブ-ケを持って訪ねていきました。

インテリのフランス人(彼女はなんと憧れのソルボンヌ大学ご出身! ソルボンヌでドイツ語を専攻されていたそうです)の彼女ではあっても、さすがフランス人! ということでドイツではあまりお目にかかれない、フワッ-とした柔らかいケーキ(ひとつはチョコム-ス、ひとつはイチゴム-ス)のケ-キがあり、もう一つドイツ人のお友達差し入れの中にリンゴを入れて焼いた、なんとなくドイツ風のケーキとシャンペンとお茶にはなんと煎茶を用意していてくださいました。

「なんでまた煎茶なんでしょう?」とお聞きすると
「私はヨガ(長年ヨガの先生でもあられます。以前ダライ・ラマさんんの本を私に下さった方です。)しているから、東洋のものが好きで、お茶はいつも煎茶なの」とのお返事。
私は夕方煎茶を飲むと夜すぐに眠れないという癖があるんですが、この日は日本人の私がここで煎茶を飲まないなんて、と妙な使命感を感じて、いただきました。おいしかったです。
煎茶はケーキとも相性ばっちりですね。

それで他の6人くらいのお客様は全員ドイツ人のおばさま方だったんですが、その中のお一人の息子さんが最近日本へ3か月ほど行ってらしたそうで、なんと新種の貝を3つも発見して、今ベルリンの博物館に鑑定の依頼をしているとのことでした。
その息子さんはもう40歳くらいですが、幼稚園時代から貝が好きで、貝のコレクターなんだそうで、彼の部屋にはきちんと種類ごとに選別された貝が1000個以上はあって、貝の研究者並みに貝には詳しいそうなんです。

この認定が承認されて「ドイツ人、日本で新種の貝発見!」と発表されるようなことがあれば、またここで皆さんに紹介させていただきますね。

この席ではもちろん今ドイツでは話題のサッカーヨーロッパ杯の話題にもなり(いかんせん木曜日は準決勝でドイツ対フランス)、ドイツ人のおば様が
「それにしてもフランスはアフリカ系の選手ばかりよね、移民差別はしているけれどサッカーで彼らが役に立ってくれるのはフランス人にはいいわけね」と言っていました。
フランス人のおそのおば様は、フランスのそんなところが大嫌いで「そんなフランスは私の国じゃない、私はドイツが好き」と言っていた方なんで、深くうなづいておられましたが。。。

(ところでこのフランス人の方は以前私が「パリ テロ事件 その1」で登場させていただいた敬愛するおば様です。

http://chipi616.blog.fc2.com/tb.php/373-533db205    こちらがその記事です。)


さてヨーロッパ杯でフィーバー中(サッカーの試合がある間はいつでもフィ-バ-中ですが)のドイツではダンキンドーナツ屋さんでP1180797.jpg
こんなおいしそうなドーナツを期間限定で買うことができます。
上の段の真ん中はフランスでその横がドイツですね。
下の段の両脇はドイツ優勝祈願なのか、ドイツが優勝すると見込んでなのかは不明ですが、こちらは中にカスタードクリームまで入っていて、見るだけではなくて食べても幸せな気分にさせてくれます
カロリーは説明するまでもなくめちゃ高いですが!

こうやってどんどん肥えていくドイツ在住歴16年の私なんです。。。

ポーランド人のママ友

中国人の彼女の話がでたついでに、もう一人の大事な友人のことも書きたくなりました。
私がドイツへ来た際、お互い小さな息子がいたため、2年間は毎日一緒に過ごすという濃密な時間を共用した時からのママ友ですが、あれから10年以上たった今も親交は続き、かなり親しい友人の一人です。

彼女はご主人がドイツ人で会社の経営者なんですが、彼女自身もその会社で経理の仕事をしていてご主人にとっては有志のような存在です。
だからこの彼女の美しい家も(こちらもかなり豪邸なんですが)、決してご主人だけの力で手に入ったというわけではないんです。

40年近く前、彼女もまたポーランドからドイツへ移民した際には、自分の身なりや持ち物がいやに古臭くて悲しかった、と聞いたことがあります。彼女自身は金髪で細身で大変美しい人なんで、正直何を着ていても彼女が持つものは、いつだって全て素敵に見えるのですけれどね。

優秀だった彼女もまたドイツへ来て数年で、ドイツの大学へ入り、ある日ドイツ人の学生にひどいことを言われます。
「お前の学費は誰が出しているんだ、ドイツ人の税金からだろう。外国人は国へ帰れ」と。
それを言われた時は悲しくて、家から一歩も出られず3日間泣き暮らしたそうです。

その後はアメリカへ行ったり、でも結局ドイツに戻り、現在のドイツ人のご主人と結婚するわけです。

2週間前久しぶりに彼女と会った際
「でも私はドイツ人好きよ」というとこう言われました。
「それはどこの国から来たかという理由が大きいわ。あなたは日本から、私はポーランドから、そこでもうぜんぜん違うのよ」とのことでした。

長い歴史の間、いつもポーランドを虐げてきたドイツなんですが、自分たちが虐げてきたというのに、今でもポーランドを差別している気持ちが端々に出ているのを、ポーランド人の彼女はこの40年近くいつも感じて生きてきて、もう正直うんざり、と言っていました。
「イタリアやイギリスではこんな思いをしなくていいのに、ドイツでだけはいつも嫌な思いをさせられて来たわ」ということで、彼女はそのせいかこの数年はいつもイタリアやイギリスへ語学の勉強と遊びをかねて行っています。彼女もまたゴージャスな生活を送っている一人です。

長い間、彼女と共にいたんですが、そこまでドイツを嫌う理由があることを今回はじめて本当に理解できたんです。

実は彼女の幼い頃の夢は日本へ行くことでした。
この夏、イギリスで勉強中のやはり日本ファンの息子さんが日本へ行きます。
そしてその息子さんの彼女はなんとイタリア人と日本人のハーフのお嬢さんなんだそうで、彼が赤ちゃん時代には彼が日本関係者と縁ができるなんて思いもしませんでした。
そして彼女がもっとも愛するイタリアという国の血を持ったガ-ルフレンドを作った息子さんはお母さんをとても愛しているのかもしれないですね。

彼女も素敵なママ友の一人で、努力で幸せを手に入れた彼女の生き方をやはり尊敬します。

彼女の調度品の数々がいつでも素敵なのは、イタリア・イギリスで色々見て買ってくるからで、センスの良い彼女の厳選のもので飾られた部屋はいつ見ても最高にクールです。

 | ホーム |  » page top